Zidane 選手のインタビュー Nº2

REPORTAGES

★★★★★

TF1 での Zizou のインタビューのつづきです。

Nº1 よりも今回、今回よりもその次、
そして最後に彼はいちばん大切なことをいっているような気がします。


わたしがこうして細切れに出すのは、
すべての作業が終わってからでは遅い、と感じたからです。
憶測でいろいろな方向に飛躍しすぎている気がするからです。

ジダンの発言への誤解を生みそうで本当に申し訳ないのですが、
途中で結論を出さずに、どうぞ最後まで読んでください。

マスコミのネタになりそうな部分だけ取り上げた
短い記事に踊らされず、彼自身のことばに耳を傾けてください。
今の時点では、なにも明かされていないのですから。

片方にはたいしたことがなくても、
もう一方には人間として絶対に許せないことがあり、
その逆もまたしかりだと思います。


わたしはジダンの発言ひとつひとつをありのまま、日本語に置きかえています。

そのままのフランス語だと、日本人のわたしたちには
理解しにくい部分は意訳していますが、脚色はしていません。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

クレール・シャザール:
そして、あなたが「ことば」というとき、結局のところ、それらは差別の類のものなのか、家族の類のものなのか、話してもらえますか?

ジズー:
ええ、家庭的なことです・・・要するにわたしがいいたいのは、ひとがあなたの母親、あなたのお姉さんを非難攻撃したとき、そして何度も仕掛けてきたとき・・・つまり、それを1度いわれ、2度いわれ、あなたは振り返る、そしてただあなたはそれを回避しようと試みる・・・3度目のあと、そりゃ必然的に、こうなります:そして起こったことが今回のことなのです。

クレール・シャザール:
ええ、確かに、実際わたしたちはあなたがとても落ちついて歩いているのを見ました、それから疑いなくそのことばは繰り返され、そしてあなたは振り向き、それであの場面に・・・

ジズー:
ええ、それが「何があったのか」です。そしてその証拠に、それは故意的なものではなかった。なぜならもしわたしがもう少しよく考えていたなら・・・ええ・・・よく考えてみてください、わたしがあと10分でひとつのキャリアを終えるところだったことを、そう・・・あのときあったようなやり方ではなく、たぶん最善の方法で終えようとしていたことを、だからあんな行為はできなかったでしょう。

それから、わたしが同じくどうしてもいいたかったこと、それはとりわけ、その振る舞いはたくさんの人びと、たくさんの子どもたちから見られていた、そしてそれは、ええ、それについてわたしはお詫びし、それを大きな声ではっきりといいます:わたしはあの振る舞いを見ていただろうすべての子どもたちのもとで。そして、教育者の方々がきちんと彼らに示された、よいことと悪いこと、するべきこととしてはいけないことに対して、あれは当然、してはならない行為です。

わたしにも子どもたちがあります、わたしは・・・わたしはあなたたちに、その行為を誇りに思うとはいえない、しかしそれと同時に、わたしはそれを後悔していない、なぜならもしわたしが悔やんだとしたら、それはその人間がわたしにいったことばをすべて正しいと認めることを意味するからです。そして、わたしにはそれを受け入れることはできない。
  (ここの部分は、彼がことばに迷いながらいっているのと、
   師匠によると、彼のフランス語があまり正しくないそうで、
   原文を手がかりに彼のいわんとしていることをまとめました)

クレール・シャザール:
そして、そのことばが大変深刻だからこそ、あなたは告訴、もしくは何らかの訴訟をしようと考えましたか?

ジズー:
いいえ、わたしが望むこと、実際それは、ヴィデオカメラを使えること、罪あるもの、挑発したものを罰せられること、なぜなら我々は処罰します、もちろんわたしは罰せられました、わたしはレッドカードにより退場した、えぇ・・・わたしはリアクションしてしまった、よって罰を受けました・・・それをどうこういっているのではありません、しかし、同様に元凶、それを引き起こしたものも罰するべきなのです。ですから、ええ、わたしはそれを胸を張っていいたい:映像を見るべきなんですよ、彼がわたしに何をいったのかを見るべきなんですよ、そしてそれから・・・

クレール・シャザール:
あなたは必要とあれば、サッカーの審議による処罰があることを望むのですか?それとも・・・

ジズー:
いいえ、それはとりわけ、ただこのようなことを・・・それが繰り返されることを回避したいと考えているわけです・・・いつでも反応したものを処罰しようと考えるが、挑発したものではない、それだけです。なぜなら多くの場合はこんなふうだからです、ことが進むのは、そして、ずっと前から。

わたしが望んでいるか?ええ、なぜなら、望んでいますとも、自分の身を守りたいです。非難攻撃はしたくない、わたしはそういった類のものではありません。わたしは単に、自分の身を守りたいだけです、「なぜおまえは、ジズー、あんなことしたんだ?」といわれることから。

なぜって?それはなぜなら、あんな挑発があったからだ。だから、わたしはあなたにいったように、繰り返しいいます:わたしの振る舞いは、してはならないことだ。

クレール・シャザール:
あなたはそれを、直後に感じたのですね、その次の瞬間に・・・

ジズー:
ロッカールームに入るとき、あなたはひとりぼっちです、そしてほら。例えあなたが世界でひとりぼっちでなくても、その瞬間はそうなんです。例えわたしが・・・ええ、それは容易いことではない、とくにあなたはロッカールームの中、そしてこれから PK 戦がはじまるとしたら、それから・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

わたしがこうやって彼のことばを訳しているのは、
わたし自身がことばの暴力に傷つき、
ずっと精神的な障害を抱えて生きているからかも知れません。

ジズーのように、それでも誇りをもって、自分を信じ、
感謝をして、正直で強くあることができないからでしょう。


興味本位でとか、真実をいまさら知ってどうする、とか、
それぞれのかたの、それぞれの想いがあると思います。
そっとしておいて欲しい、というのも理解できます。
それは最初から想像していたことです。


わたしが興味本位で過去をほじくり返してると思われるならそれも自由でしょう。

わたしの今置かれている状況をご存じの方なら、
そうでないことがご理解いただけるのではないかというのは、単なる甘えでしょうか?


すべてをディクテして、日本語に訳すことを、
興味本位でできるほどわたしのフランス語能力は高くありません。

私事ですが、大切なひとも明日、半年ぶりに日本にやってきます。
でも、わたしの人生において重要なことだから、
すこし時間をくれるように、協力してくれるように頼みました。


わたしは、引退試合や栄光を棒に振ってまで大切なものを守り、
そして、まだ記事にはしていませんが、
彼が深刻な問題だと語ってくれたこと、彼が望んでいること、
今後のサッカー界・差別社会に向けて提議していることを、
無駄にせず、ありのままに伝えたかっただけです。

たしかに自分勝手な考えですが、そう考えるのも、わたしの自由だと思います。

それでブログを読んでくださる方が減ってしまっても、それは仕方のないことです。


日本語訳に関して、間違いがあったら、きっと教えてください。
わたしの訳のせいで誤解を招きたくはありません。

仏文は en savoir plus... からどうぞ。


 * Zidane 選手のインタビュー Nº1
 * Zidane 選手のインタビュー Nº3
 * Zidane 選手のインタビュー Nº4
 * Zidane 選手のインタビュー Nº5
 * Zidane 選手のインタビュー Nº6

Claire Chazal :
Et quand vous dites des paroles, au fond, très graves, est-ce que vous pouvez dire si elles sont d'ordre raciste ? Si elles sont d'ordre familial ?

Zizou :
Oui c'est familial... enfin je veux dire, quand on attaque votre mère, votre soeur et qu'on essaie plusieurs fois... enfin quand on vous le dit une fois, deux fois, que vous vous retournez, et que justement vous essayez d'éviter ça... au bout de la troisième fois, ben forcément, voilà : il s'est passé ce qui s'est passé.

Claire Chazal :
Oui c'est vrai qu'on vous a vu marcher assez tranquillement, au fond, et puis sans doute ces paroles ont été répétées et puis vous êtes retourné, et là....

Zizou :
Oui c'est qui s'est passé. Et pour vous dire que c'est pas quelque chose de calculé, parce que si j'avais calculé mon coup, euh... pensez bien que je suis à 10 minutes d'une fin de carrière euh... de la façon dont ça s'est passé, je vais peut-être terminer de la meilleure des façons, donc j'aurais pas pu faire ce geste-là.

Et ce que je tenais aussi à dire, c'est surtout que ce geste a été vu par beaucoup de monde, par beaucoup d'enfants, et ça, oui, ça je m'en excuse et je le dis haut et fort : je m'excuse auprès de tous ces enfants qui ont pu voir ce geste. Et au niveau de ces éducateurs qui justement éduquent ces enfants à leur montrer le bon et le moins bon, ce qu'il faut faire et ce qu'il ne faut pas faire, et ça forcément c'est un geste à ne pas faire.

J'ai des enfants aussi, je suis pas... je peux pas vous dire que je suis fier de ce geste, mais en même temps, je le regrette pas parce que si je le regrettais, ça voudrait dire que je donne raison à tous ces mots que cette personne m'a dits. Et ça je peux pas l'accepter.

Claire Chazal :
Et justement puisque ces mots sont três graves, est-ce que vous avez pensé un moment porter plainte, ou faire une action quelconque ?

Zizou :
Non, ce que j'aimerais en fait, c'est qu'on puisse utiliser la vidéo, et qu'on puisse punir le coupable, le provocateur, parce qu'on punit, bien sûr j'ai été puni, je suis sorti par un carton rouge, euh... j'ai réagi donc j'ai été puni... je discute pas ça, mais il faut aussi punir le coupable, celui qui provoque. Donc oui, j'ai envie de le dire haut et fort : oui, il faut regarder les images, oui il faut regarder ce qu'il m'a dit et après...

Claire Chazal :
Vous voudriez qu'il y ait des sanctions éventuellement, prises par les instances du football ? Ou...

Zizou :
Non, c'est surtout que se dire que... ces choses-là justement... éviter qu'elle se reproduisent quoi... qu'on pense toujours à punir la réaction et pas la provocation, c'est tout. Parce que c'est souvent comme ça que ça se passe, et depuis toujours.

Est-ce que j'ai envie ? Oui, parce que j'ai envie, oui, de me défendre. J'ai pas envie d'attaquer, je suis pas dans ce truc-là. J'ai simplement envie de me défendre, de me dire "pourquoi toi, Zizou, tu as fait ça ?"

Pourquoi ? C'est parce qu'il y a eu ces provocations-là. Alors, comme je vous ai dit, je le répète : mon geste, il est pas à faire.

Claire Chazal :
Vous l'avez senti de tout de suite après, j'allais dire, dans les secondes qui ont suivi, en...

Zizou :
En entrant dans les vestiaires, vous ètes tout seul, et voilà. Même si vous êtes pas tout seul au monde, vous l'êtes. Même si j'ai... oui, c'est pas quelque chose de facile, surtout quand vous êtes dans les vestiaires et qu'il va y avoir la séance de tirs au but, et que...


A SUIVRE...

今日も読んでくださってありがとうございます♪

♪にほんブログ村 フランス語ブログ♪
♪人気ブログランキング フランス語♪
♪人気ブログランキング jimomo パリ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック(7)

トラックバックURL: http://mt.chibiru.com/mt-tb.cgi/3954

murmures de KiKi ::: フランス行き片道切符 - それぞれの想い。 (22 juin 2007 8h09)

TF1 での Zizou のインタビューのつづきです。 ここからどうぞ。 N°1... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - Zidane 選手のインタビュー Nº1 (20 août 2011 20h09)

今朝見た TF1 での Zizou のインタビュー。 もう要約されて記事になっていますが、自分でぜひ、 尊敬する彼のひとことひとことを理解したくて、 微力... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - Zidane 選手のインタビュー Nº3 (20 août 2011 21h28)

TF1 での Zizou のインタビュー、 Canal+ のものとはすこし質問・内容がちがってます。 時間がかかっちゃってごめんなさい。 このインタビュー... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - Zidane 選手のインタビュー Nº4 (20 août 2011 21h49)

TF1 での Zizou のインタビュー第4回。 念のため、もうちょっと詳しく。 このインタビューは、Canal+ のものとは内容が少し異なっています。 ... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - Zidane 選手のインタビュー Nº5 (21 août 2011 0h38)

TF1 での Zizou のインタビュー、第5回です。 かなり時差ができてしまい、みなさんすでに、 インタビューの内容を全てご存じでしょうけれど。 ただい... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - Zidane 選手のインタビュー Nº6 (21 août 2011 0h41)

TF1 での Zizou のインタビュー、最終回です。 いろいろあって、すごく遅くなってしまいました。ごめんなさい。 これが終わったら、読み比べていただく... 続きを読む

学校行かずにフランス語! - フランス・ルポルタージュ INDEX (13 avril 2012 14h49)

フランス・パリからのルポルタージュ、 フランスの気になるニュースや フランス語でのインタビューなどの INDEX です。 (ちょっぴり内容が古いものもあり... 続きを読む

コメント(12)

はじめましてです。共感してます。
過去をほじくり返してるなんてそんなこと全然ないです!

ぼくは人種国籍で人を判断する人の気持ちが理解不能なんですけど、そういうのがフィーチャーされるワールドカップで起こったこの出来事が世界に与える影響はかなり大きいと思います。差別のくだらなさについて考えるいいきっかけになってほしいです。だからこれは、ほじくり返すべき問題だと思います。

フランス語全然わからないのに、動画に見入っちゃいました。

TITLE: とても感謝しています

KiKiさん

フランス語を学び始めている者として、サッカーに関心を持つ者として、とても感謝しています。いろいろな思いを抱きながらの作業のようですが、ご無理のありませんように。想像するにつらいできごとではありましたが、KiKiさんの記事をゆっくり楽しみに待っています。いつの日かジダン自身の言葉がわかるようになるまで、私自身もささやかな努力を重ねていきたいと思っています。

Merci beaucoup!

TITLE: 傷

言葉の暴力の傷は 一生残るよね。

言葉って こんなにも大切

ジダンのこと考えながら 
いろんなことと オーバーラップさせたり
色々 考える事柄だった
まだ いまも 答えは見つけられないけど。

言葉の暴力って 心の解決方法がないんだ
辛いよね・・・・・・

けれども こうやって
心の奥深くで 共鳴できる人がいるんだ
そう わかっただけで 生きる力になる

kikiちゃん ありがと
これからも ちゃんと戦って生きていってほしいと願うのです
私も そうありたいと思います。。。。

もう 到着だね 彼・・・・
まっすぐ見つめあって
素直に 素直に 進んでください。

kikiちゃんのまわりが 幸せ色で一杯になりますように。

TITLE: サッカーよりも家族が大切だった

良いとか悪いとかって言うことを考えても仕方がないことなんだろうけれど、ただ、僕は彼のインタビューで声を聞いて、そして元気そうな顔をしていたこと、そして自分に胸を張っていたこと、そんな姿を見てほっとしたし、また、ジズーのファンである僕としては辛いけれども、あの出来事についてTVにでてきて語ってくれた事が嬉しかった。彼の中には二つの思いがあって、あの暴言に対してやり返したという事に対しての、家族の事を想う当然な彼の熱い気持ちと、暴力をするのは決してよいことではないということ。某ニュースでは彼は、暴力の正統性を言い、悪かったという言葉に説得力がないと報じていたが、自分がその立場だったらどうだっただろうか。敵の再三にわたる暴言に、黙って見過ごすことが出来るか。もちろん、耐えようとしたし、理性を保とうとした、二度も三度も繰り返されたとき、怒りが爆発してしまった。いや、敢えてそれはしなければならなかった。その一方で、暴力は悪いことだといっている。つまり、したくてした訳ではない。そして、彼にとっては、あそこで彼に制裁を加えないことは、多分彼自身が許せないこと。完璧な人間なんていない。暴力は悪い、けれどもあそこではああするしかなかった。それが、彼の立場だと思う。そんな彼の気持ちを理解すべきだと思う。
僕も出来たら彼の一言一句を、通訳なしに理解したかった。言葉というのは人を傷つけることも出来るが、意思を伝える為にとても大切なもの。相手のことを幸せにすることも不幸にすることも出来る。言葉によって理解しあえるようになるはずのもの。だからこそkikiさんがこうして彼の言葉をそのまま理解しようとする行為は自然なものだと思うし、それをこの場で提供してくれるのもありがたい。そんな風に悪く考えなくてもいいよ。有難う。

明日からゆっくりネットも出来ないだろうけれど、ゆっくり過ごして下さい。

アンちゃんに宜しく(qui?って言われそう)

それじゃ、また。コメント有難うね。。。。

KIKIさん  今晩は !

頑張れ KIKIさん ! オッちゃん ノーテンキやから

気づけへんかったけども しんどい思いも沢山してきはっ

てんなー そやから KIKIさんのコメント いつも暖かい

ねんなー よう言葉 選んで書いてはるのわかるわ

いつも けったいなオッちゃんに 付き合ってくれて

おおきに ! 彼に 宜しく !

では又  Au revoir !

TITLE: まちゃさん♪

ありがとうございます、そしてはじめまして、まちゃさん。

本当に、よいきっかけになって欲しいです。
「行為」と「結果」だけを責めるのはとても危険なことだと思います。
こころの痛みは根深く残ります。

人種差別という、まったく自分に罪のないことで、
くる日もくる日も耐えているひとたちがいることを
ふまえた上で、考えて欲しいです。

このあと、そのことについて彼は物静かに、
でも何度も繰り返し、強くいっています。
ぜひ、その部分も読みにきてくださいね。

たしかに、彼、ピッチに立ってなくても男前ですね☆

TITLE: りけるけさん♪

こちらこそ、読んでくださること、本当に感謝します。
あはは、ごめんなさい、ついつい弱音を吐いちゃいました♪
勝手にやってることなのにね、まったく・・・。

やさしいおことば、本当にありがとうございます。
なんだか泣けてきちゃいますね・・・
はなれているけど、フランス語、いっしょにお勉強しましょう♪♪♪

C'est moi qui vous remercie !
Et bon week-end !!!

凛さん、こんばんは☆

本当に、ことばって大切。
凛さんは、いつもいつもことばをとても大切にしてる。
それが毎回、いただいたコメントから伝わってきます・・・

こころの痛みに耐えられなくて、それを麻痺させるために
自分のからだを傷つけたこともあったよ。
それでも痛みは消えない。ずっと消えない。
だから、もうそんなばかなことはしない。

いつも、正直者がバカを見る。
不器用なものが誤解される。

でもね、凛さんのコメントを読むとそれでもいいやって思える。
こちらこそ、いつもほんとうにありがとう。

いま、飛行機に乗ってるよ♪
明日は朝8時に出発だよ〜〜〜

凛さんのまわりもしあわせ色で一杯になりますように返し!!!

TITLE: schlomo さん♪

わたしもまったく同感だよ、schlomo さん。
そんなことをいえちゃうニュースがヘン。
想像力というものがないのだろうか・・・

なにかっていえば、彼は前にも何回同じことをしたとか、
年表なんか作ってるニュースもあった。だから何?
それじゃ、それが彼の耐えてきた数え切れないことの
うちの何回だか調べたのか?
おっと、また感情的に・・・失礼しました。

そうだね、明日からは限られた時間を楽しまなくちゃね♪♪♪
いつかみんな(???)で遊べるといいね!
なんか、schlomo さんとはどっかで会えそうな気がするんだよな。
わたしだけ?

こちらこそ、コメントどうもありがとう♪

Bon week-end, et à très bientôt !!

TITLE: TGパパさん♪

オッちゃん、こんばんはー☆

ありがとう、オッちゃん!!!

いつも元気をもらってるよ、こちらこそありがとう♪♪♪

ノーテンキ大好き☆☆☆オッちゃん大好き☆☆☆

アリガトウ アリガトウ アリガトウ

泣かせないでよオッちゃん!!!

また笑わせに来てくださいねー

こちらこそ、おおきに!!

ステキな週末を♪

TITLE: フランスでかな♪

僕もそんな気がしてるw楽しみだなぁ

TITLE: schlomo さん♪

やっぱりそうか♪フランスでだね。ふふふ♪

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪