Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 183
学校行かずにフランス語! :: COMMENT FAIRE ? Archive
 

COMMENT FAIRE ?
:: KiKi のフランス語学習法・フランス語を楽しむコツ ::

Coucou !
Comment allez-vous ?

今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第四弾♪

わたしの拙いフランス語は聞き飛ばして、
ネイティヴのふたりの美しい発音と外国語学習についての見解をお聞きください。


本日のテーマ:「TIPA のフランス日記」が目指すフランス語学習とは?



KiKi : Moi, personnellement, lorsque j'apprends une langue étrangère, mon objectif c'est de le faire le plus naturellement possible, un peu comme les enfants : en écoutant, en répétant, et en se familiarisant progressivement avec la musique de la langue.


Camille : C'est tout à fait ça, tu as raison KiKi, il faut absolument écouter la langue le plus souvent possible, même si au départ on ne comprend pas grand-chose. Et il faut absolument intérioriser la musique de la langue. Ecouter et répéter.

Antoine : Oui, c'est fondamental. Mais en même temps, il faut quand même aussi faire un effort et un exercice de mémoire, et acquérir toutes les bases lexicales, syntaxiques et autres de la langue. Ça aussi c'est quand même très important.


KiKi : Et dites-moi, quels conseils donneriez-vous aux Japonais qui apprennent le français ?


Camille : Alors, déjà, une première règle d'or pour tout accélérer : se faire des amis français le plus vite possible.

Antoine : Ouais, c'est vrai. Et puis ensuite, il n'y a pas de secret : persévérance, courage et passion.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?


TIPA のフランス日記」を見てみる?
理想的なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Vous allez bien ?

さて今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第三弾♪

わたしのなんちゃってフランス語はアテにせず、
ネイティヴのふたりの美しい発音と外国語学習についての見解をお聞きください。


本日のテーマ:TIPA のふたりにとって、外国語を学ぶということはどんなこと?



KiKi : Camille et Antoine, ça signifie quoi pour vous d'apprendre et de parler une langue étrangère ? Surtout pour quelqu'un comme toi Antoine, car tu m'as dit que tu parlais plusieurs langues, c'est ça ?


Antoine : Oui, en effet, moi je parle sept langues. En fait, très jeune, j'ai déménagé avec ma famille de Lyon à Barcelone, donc de France vers l'Espagne, et j'ai très vite parlé couramment trois langues. Donc le français, l'espagnol et le catalan. Et les autres langues, en fait, elles sont arrivées ou naturellement, en écoutant de la musique ou en allant au cinéma, ou en les apprenant vraiment de zéro, comme ça a été le cas pour le japonais.

Et pour moi, apprendre une langue étrangère, c'est non seulement apprendre la langue en soi, c'est-à-dire le vocabulaire, la grammaire et la syntaxe, et tout le reste, mais c'est aussi apprendre à voir le monde d'un autre point de vue, d'une autre perspective.

Camille : Oui, et c'est précisément pour cela qu'on a créé TIPA no furansu nikki. Pour faciliter cet apprentissage, qui est non seulement linguistique mais aussi culturel.

Notre série montre donc la réalité de la vie des Français, et pas des images d'Épinal, comme c'est si souvent le cas lorsqu'il est question de la France au Japon.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?


TIPA のフランス日記」を見てみる?
理想的なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Ça va bien ?


今日は、「学校行かずにフランス語!」がこの春パートナーシップを結んだサイト
TIPA のフランス日記」のことを少しお話しします。

昨年の暮れ、年末恒例の Cadeaux de Noël :: クリスマスの贈り物展
インタビューを受け、知り合った TIPA のアントワヌとカミーユ。


TIPA


ふたりはミュージシャン。
アントワヌのリズミカルなギターに合わせて
カミーユの楽しそうに生き生きと歌う姿が最高にキュート。
一瞬にしてファンになってしまいました♬

日本でも、日比谷公会堂でのライブや、ラジオ番組の出演など
いろいろ活動してるから、ご存じの方も多いのでは?

そして彼らも日本人のフランス語学習に取り組んでいると聞いて意気投合しました。
それが「TIPA のフランス日記」。
今年の初めからいろいろ話し合い、パートナーシップも生まれました。


彼らがやっていることを簡単に紹介すると、
カミーユがパリのあちこちを訪れて行うインタビューやルポルタージュを
アントワヌが映像におさめ、それを字幕つきで配信するというもの。

TIPA の教材は毎週土曜日に届きます。
その内容は、日本語とフランス語の字幕つきビデオ、
発音練習用のビデオや詳しい解説の音源ファイル、PDFテキストと盛りだくさんで、
パリの日常を感じながら生のフランス語が学べるという優れものです。
解説は日本人の悠先生が担当しているので安心、とても分かりやすいの。

ああ、わたしがフランス語を始めたころに、こんな教材に出会えていたら!


全ての教材をお試しできる、ひと月の無料体験もあるし、
実際にやっている人のレビューを読むこともできます。
気になったら彼らのサイトを訪れてみてね。

  TIPA のフランス日記


春には、彼らの自宅兼スタジオにお邪魔して、インタビューもしてきました。
次回はそのインタビューのプロローグをお届けしますね!

フランス語を楽しく修得するためのわたしの実践や
オススメのフランス語学習法に関するエントリのインデックスです。

エントリは新しい順に並べてあります。


L'APPRENTISSAGE ・・・ 習得

 * フランスに住めば、フランス語が上達する?
 * 「学校行かずにフランス語!」ということ。
 * フランスとフランス語とわたし
 * 学校行ってフランス語?
 * ネイティヴに頼りすぎるのは NG ?
 * フランス人とフランス語でやりとり。
 * フランス語で書くこと・フランス語で話すこと。
 * 速習フランス語?
 * ネイティヴを恋人にすると外国語が上達する?
 * フランス語ブログのススメ。
 * フランス語が苦手ですか?
 * 読んで聞くことの不思議。
 * ことばにつまってお悩みのかたに・・・
 * フレンチ Q ・・・ フランス語初心者向け雑学クイズ
 * フランス語学習のためのリンク集
 * フランス語をキライにならない秘訣?
 * Donnez-Moi Votre Avis SVP ?
 * ガリ勉くん。
 * 日本語がますますアブナイ・・・
 * どうやって中学生にフランス語を・・・?
 * フランス語を話す「子ども」。
 * 「会話学習法」は・・・ダメっすか?
 * 話しことばと書きことば。
 * 仏和辞典をつかいわけよう。
 * ディクテしよう!
 * フランス流早口ことば。
 * 邪道なバイリンガル・ストーリーラーニング法。
 * クロスワード・パズルでお勉強。
 * ことばの成長サイクル。
 * 井の中の蛙・・・
 * ことばを習得するということ。
 * 韻を踏む才能はこうしてつちかわれる?
 * Guillaume とお勉強。
 * ゆっくり噛むように。
 * 赤ちゃんのように。
 * 耳で理解する。


LES EXAMENS ・・・ 試験

 * 春だ!DELF だ!
 * Le Passport de Langues Europass
 * DELF 受けます。

Coucou !
Comment ça va ?

今日は、いつかここに書かなくちゃいけないなぁ・・・とずっと考えていたこと。


そう、このブログのタイトル「学校行かずにフランス語!」について。

そしてこのブログの謳い文句でもある
「『赤ちゃんがことばを覚えるように』
  フランス語をふだんの生活から 自然に自分のことばにしていきたいな」
について。

ちょうど3年前にも書いたことだけれど、今回はもっと真剣に。
そして、3年も経ったのに、全然変わろうとしなかった自分に向けて。

Coucou !!

最近身にしみている、
このブログのタイトルを根底からくつがえすようなこと。


フランス語をしゃべるときに、ヘンに慣れてきちゃって
間違いとか前置詞なんかの細かい部分をほとんど気にしないで
うる覚えでしゃべってることに気がついた。

たぶん、フランス語を赤ちゃんのように吸収してきて
幼児のように発話してきて、いま幼稚園くらいのレベル。

だから、そろそろ就学時期かなって。


子どもって、覚えたてのことばを使いたがったり
間違えた文法でも得意げにしゃべったりするでしょ?
まさに、ちょうど今、あの感じ。

だから、自然に、会話の中で覚えてきたことを
体系づけて整理して、きちんとしゃべれるようになるために
そろそろ文法なんかをきっちり覚える時期なのでは?
と、自分のフランス語のあまりのいい加減さに
ちょっぴり疑問を抱きはじめたところ。

学校に行かなくても(行けなくても)、
まじめに文法書や入門書をはじめから読破したりして。


日本にも「国語」という授業があるのは
やっぱり体系づけて、理論づけて覚えることが
きちんとした言語を話す上で重要なことなのではないかと。

もちろん、日本だけじゃなくてどこの国にもあるよね、
「国語」という科目。


わたしの話しているフランス語は、
わたしのなかで勝手に「習慣化」したフランス語で、
それが正しいとか勘違いだとか、耳で覚えたのか
自分で編み出しちゃったのかとか最近分からないの。

その辺の境界線があいまいになっちゃってるんだ。


フランス語の学習本を書く上でね、
そんな自己満足の戯言はゆるされないでしょう。
だから、ちょっと初心にかえって勉強し直そうかと思ってる。

自分の中であいまいな部分を、
しっかりフランス語として自分のことばにするために。

Coucou !
お久しぶりです、KiKi です。

じつは最近、フランス語においてスランプなんです。
毎日師匠との会話でフランス語しかつかってないでしょ。

フランス語が日常というか生活の一部になっちゃってて
あたらしい表現を探すどころか、会話がスムーズにすすむように
とにかく自分の知ってる範囲のことばで伝えるのが精一杯。

師匠のフランス語の中に知らなかった表現がはいってても
文脈で想像して、会話を区切らないよう理解するのが精一杯。

なぜか嫌いな英語とのちゃんぽんになっちゃったり。
英語って外来語としてかなりつかわれてるから
いくら英語アレルギーでもそのほうが知ってたり。
辞書を引くなんてコトもめんどくさくなって・・・やばいです。


寝言もフランス語でしゃべってるみたいだし、
ともだちと日本語でしゃべるときには逆に
「スプーン」ていう単語すら日本語で出てこなくって。

こりゃ脳がカンペキ分裂しちゃってる?


フランス語ももう音と感覚で理解しちゃってて
「どうしてここで接続法をつかうの?」なんて質問されたら
「そういうことなんだよ」としか答えられないかもしれない。

それが自分の目指していたことなんだけれど
いま学研さんでの語学本を執筆していて・・・スランプ。


同時通訳とかバイリンガルとか、ほんとにすごいと思う。
どうやったらこのスランプを抜け出せるんだろう?

あーあ、愚痴っちゃった。
ひさびさのエントリだってのにね。

Re-coucou !!

最近なぜかフランス語のつづりをポッカリ忘れちゃったり
自分が話しているフランス語があっているのか確信がもてなかったり
ちょっぴり伸び悩みを実感していた今日この頃。

Bonne journée !!journée,
nannée のようにふたつなのかそれともひとつなのか、
ひさびさに書いたときに迷ったのにはかなり凹みました・・・。


去年の暮れから師匠とやっと日本でいっしょに生活を始めて
毎日毎日フランス語しか話していないのに(娘ちゃんは家出中!)
なんでー??ってすっごく疑問に思っちゃって。

フランス人をパートナーにするとフランス語が上達する?
なんて前にもお話ししたから、そのせいかな・・・
ジェスチャーや単語の羅列・以心伝心で通じちゃうからかなって。


でも、やっとその原因を突き止めました!

ぜえーんぶ、師匠に頼りすぎてたんです。
自分の目や耳なんかの感覚を全然つかってなかったんだ!!!
このブログのうたい文句を見て思いだしました♪

いつでもそばにいるから、辞書をつかう必要もなく、
フランス語でいいたいことをフランス語の簡単なことばで説明して
フランス語の正しいフレーズを作ってもらったりなんて
師匠を自分の脳みそがわりにつかってて。


発音が分からなかったら、

  Ça se prononce comment ?
  サスプロノンスコモン?
  「これってどう発音するの?」

なんて聞いちゃえばわかるから、
発音記号を見たりアクサンやつづりから音を想像することもなく
スペルやアクサンの有無が定かでなかったら、
自分で辞書をひらいて確かめることもなく

  Ça s'écrit comment ?
  サセクリコモン?
  「これってどうつづるの?」

ラジオや映画なんかが聞き取れなかったら
文脈やストーリーから自分で察する努力もせず

  Il a dit comment, maintenant ?
  イラディコモン,マントゥナン?
  「今、なんていった?」

ことばの意味が分からなかったら

  Qu'est-ce que ça veut dire ?
  ケスクサヴディール?
  「それ、どういう意味?」


ブログを書くときにも、フランス語の例文さえ
いちいち師匠にチェックしてもらわないと確信がもてない始末。
ひとりで例文ひとつロクに書けないなんて情けないったら。

いくら日本のフランス語辞書を信用してないとはいえ、
これじゃ、自分で調べる苦労をしてないから
全然自分のことばとして理解してないんだよね。

楽して得たものは、すぐどっかに飛んでっちゃうよ。
まあ、フランス語の疑問文だけはその分上達しただろうけど。


文法や単語のつかい方が間違ってたら、師匠、聞こえないふりで
「エー?」とか(ヘンな日本語で)聞き直されるんだけどね、
急いでるときとか興奮して話してるときにはめんどくさーい!!!

だから「ふんふん、でもわたしの話聞いてよ!」
みたいにイライラしちゃったりして。ダメじゃん!


興味のあることは、しつこいくらいに説明してもらうのにね。
これじゃ、苦手な文法とかめちゃくちゃなままだよね。。。

いまじゃ、辞書がどこにあるのかも把握してない。
うーん・・・今ならまだ間に合うかも。


「99パーセントの努力と1パーセントの才能」
このことば、わたしは大好きなのに。

初心にかえらなくっちゃ!!

Coucou !!

さて、今日は
フランス語で書くこと・フランス語で話すこと。」のつづきです。


前回、フランス語の会話学校に行くのも手だ、と書きました。
でもフランス語学校って、高いですよね!

そんなわけで、わたしがどんなふうに
無料でフランス語のトレーニングをしてきたか、お話しします。


まずは MSN メンバーディレクトリで、
キーワードを「フランス」「France」で検索しました。
MSN に登録しているメンバーが検索できるサービスです。

それで、ヒットしたメンバーで日本人とメル友になってくれそうな、
気さくな感じのひとを探して片っ端からメールを送りつけました。
↓↓↓の記事が体験談のはじまりです。

 * ネットでフランス人探し。

今ではインターナショナルなメル友探しのサービスやコミュニティも
たくさんありますから、そんな苦労する必要ないかも。

↓↓↓が、そんなサービスやコミュニティのリストです。

 * FLALE - Initiation au français et échange linguistique
 * マルチリンガルネットワーク
 * Mon expérience française et japonaise


こんなサイトでともだちをつくりながら、
チャットしたり、電話したり、メールのやりとりをしてました。

これは案外イイかもね。

メールではいくらともだちでも書きことばになるし、
チャットや電話では話しことばになるんだから一石二鳥、
両方ともそんなに区別なく修得できるんじゃないかしら。


ただ、わたしのネックになっているのは新聞がなかなか読めないこと。

日本の新聞や雑誌でもそうなように、フランス語の新聞なんかでも
タイトルがほとんどの場合名詞と形容詞だらけになってたり、
文学的だったりしてなかなかなじめません。
中身を読んでからじゃないと理解できないこともしょっちゅう。

試験なんかでは、タイトルだけを見てカテゴリをえらぶ、
なんて問題もあったりして、ちんぶんかんぷん、ほぼ0点!

とりあえず慣れることが大切だとは分かってても、
ついつい避けてとおってしまう怠慢なわたし・・・


じゃあ、そんな書きことばにはどうやって慣れればいいの?
つづきはまた明日・・・あさってかな。

 * フランス語で書くこと・フランス語で話すこと。
 * 話しことばと書きことば。

お正月だけど、もういっちょ。

フランス語を勉強してる学生さんからこんな質問をいただきました。

  writingspeaking が全く別に感じるのですが良い勉強方はありますか?

うーん、学校でフランス語を専攻されているのでしょうか?
それとも独自に勉強なさっているのかしら?


前者ならば、授業でもう文法なんかは教わってるだろうから
フランス語会話学校に行くっていうのもひとつの手だと思います。
ここ、いちおう「学校行かずにフランス語!」なんだけどね♪

わたしの通っていたフランス語学校は(3か月程度の初心者クラスでしたが)
文法より何よりスピーキング第一、
ne を省くことや tu をつかうことを徹底的に教わりました。

毎時間、授業が始まる前に、
フランス語のつづり字と音の関係をつかむために
リーディングと発音も正しくいえるまでくり返しました。

それから、イントネーションや文章の区切り方も厳しかった。
たとえば

  J'écoute pas la radio.
  ジェクゥトゥパララディオ.

という一文。

  J'écoute  pas la radio.
  ジェクゥトゥ パララディオ.

と「ジェクゥトゥ」—「パララディオ」と区切り、
イントネーションもうまくいえるまで何度もリピート。

ジェクゥトゥ パララディオ.

そんな授業は、今でも耳と口に染みこんでいます。
体験談は↓↓↓のエントリからどうぞ。

 * フランス語会話学校。


書きことばや文法はもう学校での授業で習っていて、
スピーキングだけを練習したいならもってこいじゃないかな。

これはフランス語クラスの授業方針にもよると思うので
もし無料お試しレッスンがあるなら、絶対受けたほうがイイです♪


ちょっと長くなりそうなので、つづきはまた明日・・・

それじゃ、またね!
À bientôt !!


 * フランス人とフランス語でやりとり。
 * 話しことばと書きことば。

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris