COMPARAISONS
:: ぴったりなことばを・・・フランス語のことばの概念や表現のニュアンス ::

Coucou !
Comment allez-vous ?


最近、わたしがよく注意される単語の使い方があります。

コーヒーブレイクやおしゃべりのあと、
「さて、仕事を再開するぞ!」というときについ言ってしまう


  Bon, je vais recommencer le boulot !
  ボン,ジュヴェるコまんセ ルブゥロ!


ということば。
青い部分の動詞はほかの単語を使ったほうがよいそう。

正しく伝えたいなら


  Bon, je vais reprendre le boulot !
  ボン,ジュヴェるプらんドる ルブゥロ!


というべきなんだって。
でないと、「せっかくやったのに、またイチから始めるの?」と言われてしまうのです。


わたし、今までずっと recommencer を使ってたんだよね。
なぜ、師匠は今まで注意してくれなかったんだろう?

まあ、ふたりの間では言いたいことは通じるし、スルーしてたのかな?


とはいっても、仏和辞書の recommencer の欄には「再開する」と書かれており、


  Ils recommencent la discussion.
  イルるコまんス ラディスキュッション.
  「彼らはまた議論を始める」

  recommencent à travailler.
  るコまんセ アトらヴァイエ
  「仕事をまた始める」

なんて例文も載っています。


これを見せて師匠に尋ねたら、
Ça peut se dire, mais... (そうは言えるけど、でも・・・)
とことばに詰まってしまいました。

まちがってはいないそうなのですが、
この recommencer は「もう一度やり直す」という印象が強く、
うまくないのだそうです。

その微妙なちがいについては師匠も説明できないと言うこと。
なので、明らかに「つづきから始める」再開の場合には


  Je vais reprendre le boulot.
  ジュヴェるプらんドる ルブゥロ.

  Je vais continuer à travailler.
  ジュヴェコンティニュエ アトらヴァイエ.


と、reprendre「再び始める」「再び続ける」や
continuer「続行する」「継続する」などを使ったほうが無難なようです。


それではまたね。
A bientôt !

Coucou !
Vous allez bien ?


フランス語でサイズや規模、範囲などが「大きい」という表現には
よく使われるものがふたつあります。


  Un homme grand
  アンノム グらん
  「背の高い人」

  Un homme gros
  アンノム グろ
  「ボリューミーな人」(= 太ってる人)


こんな感じで使い分けますが、ハッキリとした法則はなく、
だいたいは、そういう言い回しがあるか、コンテクストで決まります。

あ、ひとつ気をつけたいこと。


  Un grand homme
  アングらんトム


だと、「偉大な人」「偉い人」って意味になっちゃうから気をつけて!
(これは文法書で結構最初に載ってる注意書きですね)


それでは、grand(e)gros(se) の例文を見ていきましょう。


  Un grand voyage
  アングらんヴォワィヤージュ
  「大旅行」

  Une grande ville
  ユヌグらんドゥヴィル
  「大都市」

  Une grande distance
  ユヌグらんドゥディスたんス
  「長距離」

  Une grande famille
  ユヌグらんドゥファミーユ
  「名家」


今度は gros / grosse を見てみましょう。


  Un gros nez
  アングろネ
  「大きな鼻」

  Du gros sel
  デュグろセル
  「粗塩」

  Un gros con
  アングろコン
  「大馬鹿者」

  Une grosse bêtise
  ユヌグろスベティーズ
  「とんでもない失敗・ヘマ・大チョンボ」

  De grosses larmes
  ドゥグろスラるム
  「大粒の涙」


  Un gros appétit
  アングろザペティ

  Une grosse faim
  ユヌグろスファン

  = Une faim de loup
  「ものすごい空腹」


なんとなくニュアンスは感じられたかしら?

Grand は規模や範囲、長さや高さで
Gros のほうはボリュームに関していうことが多いようですね、

わたしは最初、grand のほうはポジティヴでほめる意味に使われて
Gros はネガティヴでけなすために使われると思ってました。

もう、見当ちがいもいいとこ。


このほかに「巨大な」「莫大な」を意味することば enorme については
また後日、ゆっくりやりますね。


さて、週末は師匠の実家、Châtelleraut(シャテルろー)に行ってきます。
今回は五つ星のブロカントに行けるからうれしいな☆

今日のレッスンの音声は、帰ってきてからつけますね。
(なんとか師匠を説き伏せて、ネイティヴ音源が録れたらいいな!)


それでは、またね!
A bientôt !

フランス語のことばの概念やフランス語のニュアンスの比較、
ことばの使い分けに関するエントリーのインデックスです。

(エントリーは古い順にならんでいます)


LES PRONOMS PERSONNELS ・・・ 人称代名詞

 * TUVOUS
 * TUVOUS、ふたたび。


LES NOMS ・・・ 名詞

 * jourjournée
 * 「アリとキリギリス」=「アリとセミ」?? その1
 * 「アリとキリギリス」=「アリとセミ」?? その2
 * Abréviation ・・・ 略語。
 * ウサギとムカデと歩く胃袋。


LES ADJECTIFS ET LES ADVERBES ・・・ 形容詞と副詞

 * BON/BONNEBIEN


LES PRÉPOSITIONS ・・・ 前置詞

 * インターネットでの SURDANS について。
 * DANS について、もっとくわしく。


LES ARTICLES ・・・ 冠詞

 * Il est professeur.Il est un bon professeur.
 * LE POISSON が好き・LES POISSONS が好き
 * フランス語の表現 ・・・ シャワーを浴びる。


LES VERBES ・・・ 動詞

 * 持って行く。持ってくる。持ち帰る。持ち去る。
 * POUVOIRSAVOIR, ARRIVER À ...
 * フランス語の表現 ・・・ dire dedire que


 * 可能性と危険性のユーモア。
 * 話しことばと書きことば。
 * CHEZMAISON
 * フランス語の句読点クイズ。
 * 「するしかない。」と「するだけでよい。」

フランス語らしく表現するためのエントリーのインデックスだよ。
エントリーは古い順にならんでいます♪


LA PRONONCIATION ・・・ 発音

 * 『オンバイエ』・『セパガーー』
 * もごもごフランス語。

 * フランス語らしく話す ・・・ Nº1 母音 E の省略
 * フランス語らしく話す ・・・ Nº2 母音 E が消える場所
 * フランス語らしく話す ・・・ Nº3 聞こえない子音


LES EXPRESSIONS ・・・ 表現

 * 韻を踏む才能はこうしてつちかわれる?
 * T'inquiète !

 * 代名動詞 nº1 - 再帰的用法
 * 代名動詞 nº2 - 相互的用法
 * 代名動詞 nº3 - 受動的用法
 * 代名動詞 nº4 - 本質的用法

 * フランス語らしい表現 ・・・ ウフェミスム。
 * 話しことばと書きことば。

 * それはわたしを○○させる Nº1 動詞 FAIRE
 * それはわたしを○○させる Nº2 動詞 RENDRE/METTRE
 * それはわたしを○○させる Nº3 動詞 DONNER etc...

 * フランス語の句読点クイズ。
 * Abréviation ・・・ 略語。


DES LIVRES ・・・ テキスト

 * フランス語会話とっさのひとこと辞典
 * フランス語コミュニケーションの方法
 * コミュニケーションのためのフランス語発音法
 * 「とってもジュテーム」にご用心!
 * つばめが一羽でプランタン?
 * Larousse のテーマ別・表現辞典たち 2
 * Larousse のテーマ別・表現辞典たち 1
 * コンヴェルサスィオン - 中級フランス語会話へのステップ
 * フランス語の小径―たのしい意味世界への誘い

 * Raymond QUENEAU ・・・ レーモン・クノー。
 * Exercices De Style ・・・ 文体練習。
 * 「偉大な人」 ・・・ Prévert

Coucou !
Comment allez-vous ?

今日は、最近わたしがやってしまった、フランス語の初歩的なまちがいについて。

ある日師匠のパパと電話していて、彼がいったことを師匠に伝えました。
そのときにわたしはこんなふうにいいました。

(内容はちょっぴりちがいますが文章構成は同じです。)


  Il m'a dit d'aller chez le dentiste.
  イルマディ ダレ シェルダンティストゥ。


これ、文法的には正しいんだけど、
わたしがいいたいことを伝えるためには、こういわなくちゃいけなかったの。


  Il m'a dit qu'il allait chez le dentiste.
  イルマディ キラレ シェルダンティストゥ。


このちがい、分かりますか?

Coucou !!

昨日のクロスワード・パズルはちょっとむずかしかった?
紙に写してやらないといけないから、めんどくさいよね。

1日でできたひとは少ないと思うので、
答えはもうちょっとあとにしようかな?


なにかもっと簡単に
フランス語で楽しくあそべるものはないかなぁ・・・。

なんていいつつ、基礎からフランス語を穴埋めしていこうと
自分にちかったんです、わたし。

だからみなさんもどうかお付き合いくださいね♪


まずは、あいまいにつかっている冠詞を制覇したい!
フランス語には、名詞の性のほかにも
部分冠詞やらゼロ冠詞なんてのがあってややこしい。

部分冠詞ならともかく、de + le = du なんてのもあって
これはつかってるフランス人本人たちもあいまいなんですね。


こないだ、こんな質問をいただきました。

>> 名詞+名詞の場合の
>> de だけでつなぐのか、de+定冠詞なのか。
>>
>> la facture de gaz  → de だけ
>> le prix du pétrole、le reçu du restaurant  → de+le
>>
>> フランス人に聞いても、gaz は一般的だから、
>> レストランはたくさんあるからかな。
>> 特に考えたことなかったし、感覚かな?って言われてしまって。


これ、わたしもあいまい。
ふだんは覚えてる音とか勘でつかっちゃってます。
この問題、師匠にも聞いてみたんですが、
師匠にも分からなかったんです。

そこで明日は、今ひさしぶりにひもといている
本のご紹介をしようかなって思ってます。


じゃあまたね!
A bientôt !!

Coucou !!

コメントどうもありがとうございました!
のちほどゆっくりお返事させてくださいね♪


さて、ひさびさのフランス語レッスン♪
今日のお題は「できる」。

フランス語の「できる」にもいろいろあると思いますが
まずは一般的な動詞 POUVOIR から。

この POUVOIR は「可能である」ということ。
名詞だと「権力、力」なんていう意味になります。

ふつうに「明日会える?」なんていうときには

  Est-ce qu'on peut se voir demain ?
  エスコンプースヴワーる ドゥマン?

物理的、理論的に「できる」という場合には
この POUVOIR をつかえばいいんですね。


つぎは、「可能である」のが「能力」の場合。
「・・・(すること)を知っている、熟知している」という
意味合いでつかわれるのが動詞 SAVOIR です。

たとえば「キミ、フランス語しゃべれる?」なんていうとき。

  Tu sais parler le français ?
  テュセパるレ ルフらンセ?

能力的に「できる」という場合には動詞 SAVOIR.
この辺までは初心者さん向けかな?


最後に、「うまく・・・できる」というとき。
ARRIVER À + 不定詞 をつかいます。

うまくといっても上手にと言う意味じゃなくって、
「首尾よく」「どうにか」というほうのうまく、ね。

以前の「きみならできるよ!」という会話にも出てきました。


  Tu vas y arriver !!
  テュヴァイアりヴェ!

この y は中性代名詞といって
会話の中ですでに登場したもの、聞き手がわかることを
「それ」とさすときにつかうものです。

「それ」だけだと leen などをつかいますが
この y には à という前置詞がふくまれていて
「それを・に、そこに」っていうふうになるのね。


「どうにも寝つかれなくって・・・」というときには

  Je n'arrive pas à dormir...
  ジュナりフパザドるミーる・・・

「うまくできない!」というときには

  Je n'y arrive pas !!
  ジュニャりフパ!

早く発音するとき、V の音が F に聞こえます。


ちなみに、一歩踏み込んだ「できる」を。

「(自分で)うまく切り抜ける、なんとかこなす」というときは
S'en sortirse débrouiller をつかいます。

  Tu t'en sors ?
  テュタンソーる?
  「なんとかやれそう?」

  Tu te débrouilles bien.
  テュトゥデブるゥイユビャン。
  「うまく(自分で)こなしてるね。」


これでまた、表現の幅が増えたかな?
いろんな「できる」、うまくつかいこなしてね!

Vous allez y arriver !!

Coucou !!

今日はひさびさのレッスン♪
まだまだここでご紹介したいご質問がたくさんあるんだけど、
おしゃべりだけでもつまんないからね。

ご質問をくださったみなさん、
順番にエントリを書くのでもうちょっとまっててね。


今回は、たぶんみなさん1度は迷ったことがあると思う、
「見る」をあらわすフランス語動詞
REGARDERVOIR のつかいわけについて。

わたしも、なかなかつかいわけられなくって、
いったあと師匠に直されることもしょっちゅうなんです。


きのう、バーゲン les soldes でお買いものをした帰り、
改札をうまく通れずに柵にぶつかりそうになりました!

Banane !! Regarde bien ce que tu fais !
「アホだなぁ!ちゃんと自分のやってることを見ろよ」と笑われて
Je VOYAIS pas !!
「見えなかったんだよー!」と憤慨したわたし。

すかさず
Je REGARDAIS pas !! と修正されました。

えー、あんまり考えたことなかったけど、フランス語の
REGARDERVOIR のちがいってなんなの???


VOIR は「目にはいること」をさすのだそう。
意識的に見なくても、「視線の中にはいっている」なら
この VOIR をつかいます。

逆に REGARDER は、意図的に見ること。
「注意を払って」「見ようと意識して」見ることなのだそう。


だから、「見えなかったの!視線に入らなかったの!」と
すぐさま反論したんだけどそれも却下。

「自分のしていること」を「気をつけて見る」のだから
この場合は動詞 REGARDER をつかわなくちゃいけないんだって。

うーん、納得いかない、
だって目の前にひとが大勢いて見えなかったんだもの!
これって言い訳?


でも、話しことばでは無意識に VOIR がつかわれているそう。

  
  Qu'est-ce que t'as vu hier soir à la télé ?
  「昨日、なんのテレビ見た?」

なんていう場合は、本来「テレビを見る」のにつかう
REGARDER la télé じゃなくって VOIR がつかわれちゃうのです。

ちなみに、映画を観るのにも REGARDER をつかいます。
「見る」というより「観る」に近いのかな?


  
  Je veux un manteau comme celui de la fille de tout à l'heure.
  「さっきの女の子みたいなコートが欲しいな。」

といわれて「ああ、それ見なかったな。」という場合は

  
  Ah... je l'ai pas vue.

と、ふつうは動詞 VOIR をつかいます。
(ここでの l' = lala fille なので
 VOIR の過去分詞は女性形の vue になります)


なんだかややっこしいけど、これも慣れだね。
チャレンジチャレンジ、フランス語たくさんつかおうっと。

Coucou !!

しばらくラジオや CD を、聞き流すんじゃなくて
理解しようと集中して聞いてました。

寝るときもずっとつけっぱなし、それも結構な大音量で。
わたし、もともと耳があまりよくないから
そうしないと日本語でもフランス語でも聞き取れないんですよね・・・


この1ヵ月そんなことしてたら、
両親やら兄弟やらまわりのすべての人がフランス語ぺらぺらで
おまけに師匠はスペイン語で話してくるからぜんぜん分からなくって
ひとりでものすごーい孤独感を味わう夢を見てしまいました。

さすがにキィィィィィーってなっちゃいそうだったので
ちょっぴりフランス語から遠ざかっていた KiKi です。
Trop, c'est trop... ね。


試験のためにムリヤリ勉強とかって向いてないみたい。
やっぱり不自然だもんね。

娘にまでお説教されちゃいました。


そんなわけで今日はひさびさのフランス語です♪

ちょっとね、最近いろいろ聞いたり読んだりしているうち、
être capable de ...risquer de ... のつかい方について
自分の思いこみに気づいたんです。


たとえば、日本語でもよくつかわれる
「リスク」と「キャパブル」っていうことばを聞いて、
みなさんどんな意味が思いうかびますか?

CHEZ と MAISON

COMPARAISONS

☆☆☆☆☆

Coucou !!

きのうの maison の語源、もう知ってるかた多かったのかな?
おうちの話がつづいてるところで、もういっちょ。

おなじ「住まい」という語源からきたふたつのことば
chezmaison はどうつかいわけるのでしょう?

このことばで迷ったことはありませんか?
あんまりないかな?


とにかく ↓↓↓ からどうぞ♪

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris