LOCUTIONS FIGÉES
:: フランスのことわざや格言・フランス語のいいまわしなど ::

Bonjour.
Vous allez bien ?


先ほどは、恐怖心ばかりを煽る記事を書いてしまった気がします。

それが目の前にある現実なんですけれども、
そんなときだからこそ、あちこちで目にするようになったことばがあります。


  Fluctuat nec mergitur


これはラテン語の表現らしく、日本語では

  「たゆたえども、沈まず」

と訳されていますね。

(読みがなふりたいんですけど、師匠によれば
 「ラテン語なんて誰も聞いたことないからどう読むのか分からないんだ」そう。)


以前、フランスに関する本の中で読んだことがあったけれど
自分がこんな事態にさらされるまで、なるほど、ぐらいにしか思いませんでした。

でも今は「どういうことか」身に沁みて分かります。


ここに来て Facebook などのタイムラインでも盛んに流れているこのことば、
TIPA のフランス日記」のスタッフ、Erico ちゃんが
彼らのファンページで詳しく説明していたので、引用させていただきます。


Fluctuat nec mergitur
フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル

この言葉、
13日のテロ直後にリピュブリック広場に描かれたグラフィティの映像で
目にされた方も多いのではないでしょうか?

ラテン語で書かれたこの言葉をフランス語に訳すと
Il est battu par les flots, mais ne sombre pas
日本語には次のように訳されています。
「たゆたえども、沈まず」

「波に翻弄されても、沈まない」という意味で
現代のパリの標語として、
パリの紋章(le blason de Paris)にも表示されています。

紋章はこちら→ https://fr.wikipedia.org/wiki/Blason_de_Paris

もともとは、昔のパリ
港町としてセーヌと共に歴史を発展させてきたパリに存在した、
水運業組合のシンボルでした。

「いつの時代も、どんな逆境に遭っても、パリは不滅だ」
という意味が込められていたのでしょう。

最近のテロの後には、このパリの標語は、
テロに屈しないパリを表現する象徴的な標語として、
様々な場所で引用されています。

個人的には、
1人の人が人生の逆境にある時に
励まされる言葉でもあるな、と思い
みなさんにシェアさせていただきたいなと思いました。

寒いので、暖かくしてお過ごしください。

スタッフより^^


TIPA のアントワヌが、パリ20区の電光掲示板を撮影した写真にも
このことばが書かれていました。

パリジャンたちへのひと筋の、でも太く確かな光。


しなやかに強く生きていくおまじないのことばとして
心に刻んでおこうと思います。

Erico ちゃん、ありがと。


Fluctuat nec mergitur sur Wikipedia

フランス語のことわざや名言に関する音声付きエントリのインデックスです。
エントリは新しい順にならんでいます。


LES PROVERBES ・・・ ことわざ

 * 「食欲は食べながらにしてやってくる。」
 * 木を見て森を見ない。
 * 「川は濁らずには大きくならない。」
 * 郷に入っては郷に従え。
 * 出る杭は打たれる。
 * 「雲のないしあわせなんかない。」
 * 玉磨かざれば光なし。

 * 多弁能なし。
 * 「それは、白い縁なし帽と白縁なし帽。」
 * 「ふたりはひとつの帽子の中に頭をいれている。」
 * 良薬口に苦し。
 * 「当店は明日ひげそり無料。」
 * 「どのハエがあいつを刺したんだ?」
 * 求めよ、さらば与えられん。
 * 「鳥はちょっとずつ巣をつくる。」
 * 「ちいさな鳥にはちいさな巣。」
 * 割れなべにとじぶた。

 * 「ゆっくりすすむものは着実にすすむ。」
 * 早起きは三文の徳。
 * 「ゆっくり急げ。」
 * 恋は・・・
 * 過ぎたるは及ばざるがごとし。
 * 負けるが勝ち。
 * 「1スーは1スーである。」
 * 「蜜の口、胆汁のこころ。」
 * 「にんじんは煮えてしまった。」
 * さわらぬ神にたたりなし。
 * 口は災いの元。
 * ミイラ取りがミイラになる。

 * 先んずれば人を制す。
 * 「パリに針の穴を通らせることはできない。」
 * 「目から遠けりゃ心も遠い。」
 * 「鍛冶屋になるのは、鉄をうってこそだ。」
 * ひとのうわさも9日?
 * 仏の顔も三度。
 * 2度あることは3度ある。
 * 「鍋をばかにするのはフライパンだ」
 * しないよりは、まし。
 * ことわざ版、男と女。

 * 二兎を追う者は一兎をも得ず。

Coucou !

パリはおとといまでものすごく暑かったと思えば
昨日の嵐のあと、すっかり涼しくなってしまいました。
風の匂いがもう秋な感じ。

ものすごく暑いといっても、30℃いくかいかないかなんですけど
なにしろパリではごく一般的なアパルトマンには冷房がついていないんですね。
石造りだから、なんとなく気分的にも猛暑という感じはしませんが。


そんな暑かった中用意した、これまた久しぶり(実に4年6ヵ月ぶり)なことわざ。
暑いと、食欲もさっぱり出てこないですよね。

でももう日本も涼しいって聞いたし、ちょっぴりタイミングを逃したかな。


  
  L'appétit vient en mangeant.
  「食欲は、食べていれば出てくる。」

                - Larousse dictionnaire des Proverbes -


  * appétit [n.m.] : 食欲
  * vient : venir「来る」三・単・直・現
  * mangeant : manger「食べる」現在分詞
    en mangeant : 食べながら、食べていれば(ジェロンディフ)


これ、師匠の実家でよくいわれることば。

ママンがお昼からたくさんおいしいお料理を作ってくれるので、
いつも朝とお昼は軽食ですませるわたしもついつい食べ過ぎてしまい、
夕飯になってもお腹がすかないことがしばしばなのですが、
そんなときにこれをいわれます。


そして、Larousse dictionnaire des Proverbes
appétit のページで見つけた、もうひとつのこんなことわざ。


  L'appétit est le meilleur cuisinier.
  ラペティ エ ルメィユールキュイズィニエ。
  「食欲はいちばんの料理人だ。」


これ、すごくよく分かるんですけど、師匠は「一度も聞いたことがない」といって
録音すらしてもらえませんでした・・・。

確か、日本でもこんなことばありましたよね?


それではまた明日!
À demain !

Coucou !!!
Comment ça va ?

「学校行かずにフランス語!」リニューアル以来、
ぼちぼちマイナーチェンジをつづけているのですがだいじょうぶですか?
みなさん、ついてこられてます??

システムやデザインをさわりだしたら止まらないのよね、わたし・・・。
ふと気になると、すぐにあれこれいじっちゃう♪


実はわたくし、転業しまして、今は WEB 構築のお仕事をしております。

といっても artiste であることを辞めたわけではありません。
WEB 制作はとっても楽しいし、クリエイティヴなお仕事です。
そうだ、これからは créatrice(男性形は créateur)と名乗ろう。


さて、HTMLCSS, JavaScript などというものを操って
WEB ページをコーディングし、サイトを構築していくわけです。
デザインを見ながら、その通りのページを WEB 上に実現していくんですね。

日本では「コーダー」とか「マークアップエンジニア」と呼ばれる仕事なのですが
フランス語では intégrateur / intégratrice というそうです。

プログラミングする人(プログラマ)のことを programmeur(今のところ男女同型が主)
といいますが、わたしはシステム構築などはできないので programmeur ではありません。


Graphiste(グラフィックデザイナー)にも憧れますが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」。
フランス語では

  
  Il ne faut pas courir deux lièvres à la fois.


今でもつかえるけれど、古い表現なんだって。


Lièvre は野ウサギのこと。
Courir は走るって意味で主に使われるけど、ここでは(獲物を)追いかける、の意味。
「二羽のウサギをいっぺんに追いかけてはならない」、日本語とほぼ同じ。


ウサギを「二羽」と数えたけれど、こないだともだちとのおしゃべりから覚えたこと。
どうしてか知ってる?


その昔明治時代まで、仏教の教えから四つ脚の生き物は食べてはいけなかったんだって。

でも、食べるものが少なくて困った人たちは「ウサギの耳は羽だ」とか
「ウサギは飛ぶ(跳ぶ、だけど)」とかなんとか屁理屈をこねてウサギを鳥に見立て、
「一羽、二羽、三羽」と数えることにしたんだそう。

今では「一匹、二匹」が一般的らしいんだけどね。


ケモノの脚といえば jambe(人間の脚)ではなく patte を使います。
この patte にはおもしろい表現がたくさん。


  
  à quatre pattes
  「四つんばいで」


  
  un saucisson à pattes
  (脚のはえたソーセージ)=「ダックスフンド」


  
  un mille-pattes
  (千の脚)=「百足(ムカデ)」


  
  J'en ai plein les pattes ! (= J'en ai plein les bottes !)
  「歩き疲れてくたくただよー!」


そのほかにも、腕前や技量のことをいったり、
くだけた会話や皮肉では、人間の手足や腕、脚のことを表したりします。
「ほおひげ、もみあげ」なんて意味もあるんだって!


あらら、職業のことを書こうと思ったのに話がだいぶそれてしまいました。

ちなみに、食べることが大好きでお料理がとっても上手なわたしのともだちは、
フランス人のパートナーから


  
  Tu n'es qu'un estomac sur pattes.
  (きみは脚の上にのった胃袋でしかない)=「きみは歩く胃袋だな。」

と、いつも食いしん坊を皮肉られているそうです・・・悪しからず♪

Coucou !

みなさん、お元気ですか?
今日はひさびさにふつうのエントリです♪

ほんとはディクテとか翻訳作業とかしたかったんだけど
ひさしぶりに本格的な風邪をひいてしまったので頭が回りません。

師匠が帰ったと思ったら、翌日から娘の林間学校・・・
そして、誰もいなくなった。さみしいなぁ。


そんな感じで、ディクテはゆっくりやるとして、
2007年の抱負を、前から用意してあったことわざでどうぞ。

Re-coucou !!

人によるとらえ方のちがいといえば・・・。
ことわざや名言なんかもそうなんじゃないかな。

有名なものに

  Impossible n'est pas français.
  アンポッスィブルネパフランセ。
  「不可能はフランス語にあらず。」

というのがあります。
この訳は、『フランスことわざ名言辞典』から。
Français =「フランス語」ととらえられています。


フランス人ティエリ・マレ教授と篠沢教授の共著、
「フランス成句の宝庫」を見ると、また別の解釈なのです。

このことばが発せられた背景と、この français という
複数の意味をもつことばのいろいろな解釈例が。

  「不可能はフランス的ではない。」

これをかみ砕いたものは
「ある物事を不可能だとみなすのはフランス人に相応しくない。」

イタリア本土に出陣するに当たって、
着るものも食べるものもない兵士たちに向かって
「諸君はそれを欲する、諸君はそれができる!」という
励ましの呼びかけだったのではないか、と。

「意志にとって不可能なことはない!」と。

つまり、この解釈での français とは
「フランス人らしい思考・行動」をあらわしているのですね。
このほうが、信憑性が高いと思います。


でも、わたしたちが教わったころは

  「余の辞書に不可能という文字はない。」

というとっても意訳な日本語。
しかも、ナポレオン自身のことになってます。
翻訳とはむずかしく、危ないものだとつくづく思います。


さあ、またまた前置きが長くなりましたが、
今日はそんな、とらえ方のちがいがあったことわざを。

en savoir plus... からどうぞ♪

(ごめんなさい!明日上げようと思って書いた記事、
 手ちがいで今日アップしちゃいました・・・ぐすん。)

Me voilà !!

ただいま。
台湾旅行から帰ってきました。

胃がはじけそうです。
おみやげは切手とトランプだけ・・・


ツアーだったので、ほぼバスの中に軟禁状態でした。
ツアーでの海外旅行は初めてです。

うちの母親がクリーニング屋さんの福引きで
去年にひきつづき2回も当たったので、便乗しました♪

人間ウォッチングがいちばんおもしろかったです。
あ、でも、故宮博物館はすごくよかったなぁ。


ということで、まだ本調子じゃないので
のんびりとことわざからいってみようかな?

Coucou !!
やだなぁ、雨ふりって。

なにがイヤって、うちの不良物件なアパートは
玄関から道路に出るまでの通路が小川になっちゃうんです。

手抜き工事だかなんだか、
ふった雨がぜんぶ通路にたまるシステムになってるんですね。

だれも文句いわないのが不思議です。
わたしも「直してくれ!」とかいったことないけど。


雨雨雨雨 雨雨 雨雨雨雨雨 雨 雨雨雨 雨雨雨雨 雨


こうやってならべてみると、
建物の中にだけ雨がふってるみたいですね。

どうでもいいけど、「雨」という字の点々は
外側にあったほうがいいんじゃないだろうか・・・


こんなことしてると、
つぎは『漢字源』とかにはまりそうだからやめとこう。
    (↑↑↑ もってるからコワイ)


そして今日もまた、こんなに長い前フリとは
なんの関連性もない表現をご紹介します。

↓↓↓ からどうぞ♪

Coucou !!

昨日はもう、洗濯機 la machine à laver の排水口から
水漏れして朝から床が水びたし・・・最悪でした!

水道の修理屋さん le plombier
すぐにきてくれたのだけど、結局原因が分からず、
今日またべつの plombier にきてもらうことに。


余談ですが、この plombier ということば、
「鉛」plomb からきています。

昔のガス管や水道管は、plomb でできてたんだそう。

で、それを工事するひとを
plombier と呼ぶようになったんだけど、
その後、plomb が体に悪いと分かってからは
もちろん水道管の材料にはできなくなったけど、
plombier という職業名は生きのこったんだって。


というわけで、水の大切さを思い知らされている週末とは
ぜんぜん関係ない、こんなことわざをどうぞ。

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris