Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 183
学校行かずにフランス語! :: VOCABULAIRE Archive
 

VOCABULAIRE
:: フランス語のいろいろなことばをテーマ別にご紹介 ::

Coucou !

いやぁ、先週からパリは la canicule ラ カニキュル(猛暑)で、
いつだったかな、39℃だった日もありました。

  Quelle canicule !
  ケル カニキュル!
  「なんという暑さだ!」

この canicule という言葉、
最近テレビの天気予報ではお天気お姉さんが何度も繰り返し使ってます。


パリの普通のアパルトマンは、
たいがい la clim / la climatisation ラ クリム/ラ クリマティザシォン(エアコン)がないので
ほんと、必死に耐えてます。

でもま、石造りだし湿気が少ないから
日本の夏に比べたらまだまだ全然過ごしやすいんですけどね。

Clim があるのはデパートか、新しい電車か、新しいメトロか、
大きな会社とか新しいショッピングモールくらい。

美術館もあるのかな?
暑い日に美術館にいったことがないから分からないけど。


今まで7年間、パリで夏を過ごした限りでは、
多くてひと夏に1週間程度、熱帯夜は3日程度だったので
(少なくとも日本育ちのわたしにはそう感じます)
今年の暑さは本当に異常。

2003年の欧州の熱波では、5万2千人(一部の記事では7万人)が死亡しているそうで、
本当に気をつけなければ。


金曜日にはあちこちのショッピングモールで大停電になるという非常事態発生。
わたしはあるショッピングモールにネット注文した商品の受け取りに行ったのですが、
ショッピングモールはうっすらと涼しいものの、真っ暗。
各店舗の入り口には、vendeur/vendeuse(販売員)たちがウロウロ。

目指すお店に行って、お姉さんに
「注文したものを取りに来たのですが・・・」というと
「今日は何も渡せないわ。」と真っ暗な店内をアゴで指して「察しろよ」というしぐさ。
「でも、このためだけにパリに来たんだけど。」と伝えると
「(渡せるのは)明日。」とひとこと。
さすがフランス人の売り子、何があっても絶対に謝らない!

日本人は「スミマセン、スミマセン」といつも謝っていると指摘されるけど、
足しで2で割ったらちょうどいいわ。


そうそう、その39℃あった日に古い電車に乗ったのですが、これまた clim がない。
窓は自由に開けられないし、電車が数本に1本しか運転されてなくて、動いてる電車は満員状態。
サウナさながらの車内で、乗客はみんな、見えるほどに滝のような汗を流してました。

スキンヘッドのムッシューの頭が目の前にあったのですがもう(汗で)テカテカぐっしょりで
心から気の毒になりました。


汗を流す、は

  transpirer
  トらんスピれ


パリの夏はカラッと暑いのですが、この夏はどうやら湿気も多い。
そんな重苦しい、じめじめした空気のときは

  Il fait lourd !
  イルフェ ルーる!

と言い合ったりします。
これは、暑くなくてもじっとりして息苦しいときにも使います。


昨日なんか朝の8時から、もう太陽の光が攻撃的でピリピリするほど痛かった。
そんな、強い陽射しにやられてしまったとき。

  J'ai pris un coup de soleil.
  ジェプり アンクゥドゥソレイユ。

  J'ai attrapé un coup de soleil.
  ジェアトらッペ アンクゥドゥソレイユ。

やられてしまった、とは肌がひりひりするほど、とかくらくらするほど、とか。
ひどい日焼けや日射病・熱射病などでも使えます。

ちなみにふつうの日焼けは

  bronzer
  ブろンゼ

(自ら進んで)日焼けをする、という動詞は

  se bronzer
  ス ブろンゼ

を使います。


まだ7月も始まったばかり。
これから本格的に暑くなりますね。

みなさん、le coup de soleil には気をつけてくださいね!

Coucou !
Comment allez-vous ?


おとといは夏至でしたね。
師匠は「やっと夏が始まる!」と大よろこびでした♬

わたしにとっては「日が一番長い日」という印象しかないこの夏至、
フランス人にとっては「夏の始まり」として待ち遠しいものなのでしょうか?
いや、わたしに常識がないだけ?


さて、「夏至」はフランス語で

  le solstice d'été
  ル ソルスティス デテ

といいます。
逆に「冬至」は

  le solstice d'hiver
  ル ソルスティス ディヴェール

です。

この solstice とは語源辞典によれば
ラテン語の solsticium * から来ていて、「太陽」が「とどまる」ことを意味するのだそう。

* Wikipedia ではラテン語は solstitium となっています。


ちなみに、春分・秋分はどういうのかしら?

  l'équinoxe vernal
  レキノクス ヴェるナル

  l'équinoxe de printemps
  レキノクス ドゥ プらントン

  「春分(点)」


  l'équinoxe d'automne
  レキノクス ドトンヌ

  「秋分(点)」


こちらは、équiégal = 等しい)と noxenox, noctis = 夜の)という
ラテン語 æquinoctium から来たことばだそう。


パリの冬はとても長く、お天気も悪いので
空と街並みが成すグレイの世界に閉じ込められているような息苦しい感じ。

夏至は、パリジャン・パリジェンヌにとって
貴重な光に満ちあふれる季節の到来なのですね。

Coucou !!!
パリは暖かくなってきたとはいえ、まだまだグレイの空がつづいております。

日本ではところどころで桜も開花したと聞きましたが、
パリ植物園の「日本の桜」はまだつぼみだったと訪れた子がいってました。


さて、こないだはブラジャーのお話だったから、男の子にとっては不公平。
なので、今日は男性下着についてみてみましょう。


まず、下着のことを一般的に

  un sous-vêtement
  アン スゥヴェットゥまん

  des sous-vêtements
  デ スゥヴェットゥまん


と呼びます。
もうひとつ、辞書で『下着』と引くと出てくるもの。

  une lingerie
  ユヌ ランジュりー


こちらは辞書では「集合的な呼び名」とされていますが、
師匠によれば、女性の下着にしか使わないそうです。

ふだんの家族同士の会話では、女性下着も sous-vêtement を用いています。


表題にもある「カルソン」「スリップ」とは、男性下着のこと。

スリップというと、女性のランジェリーを想像してしまいそうですが、
フランスでは「ブリーフ」のことをこう呼びます。

  un calçon
  アン カルソン
  「トランクス」

  un slip
  アン スリップ
  「ブリーフ」


あなたはどちら派?
ちなみにわたしは、カルソン派です♪


こんなのもありますね。

  un boxer
  アン ボクセーる
  「ボクサーパンツ」


英語からきたことばですが、フランス語読みな発音に注意。

ちなみに、「ビキニ」と呼ばれるものも日本にはありますが、
フランスでは「ビキニ」といえるのは女性の水着だけ。


ちなみに、女の子のパンティーは一般的に

  une culotte
  ユヌ キュロットゥ
  「パンティー」


なのですが、さまざまな形によって、ブランドによっては名称を変えています。
例えば、ブリーフのように体にフィットする形は。

  un slip
  アン スリップ

というように、男性下着と同じ名称を使います。


こちらはボクサーパンツ。
これも男女共通です。

  un boxer
  アン ボクセーる


もうちょっとセクシーに。

  un string
  アン ストりング
  「Tバック」

これはTバックでも、その名のとおり、後ろがホントにヒモ1本みたいなやつ。
(だと思いますが、Tバックの総称ともいえる気がする・・・)

こちらはフランス語読みにはなりません。


つぎは、もうちょっと覆ってるもの(?)だと思います。

  un tanga
  アン たんガ
  「Tバック」

「ストリングとのちがいは?」・・・。
両方とも、同じくらい耳にすることばだし。

自分が愛用してるわけじゃないから、詳しいことは分かりません♪


調べて分かったのは、「タンガ」ということばは

  ブラジルの先住民の女性たちが付けていた腰巻きのことで、
  それが産婆・ダンサーたちの衣装の総称となり、
  そしてそこから「Tバックなどの総称」へと派生していった。

とは Wikipedia より。(大幅に略しています。)


このふたつ、細かいことは抜きにして、つまりはお尻に食い込むタイプですね♪
あら、セクシーが台無し!


キ〜ンコ〜ン
   カ〜ンコ〜ン♪


今日はここまで。
あれ、結局女の子の下着の話で終わっちゃった。
ま、いっかー。


それではまたね!
À bientôt !

Coucou !

今日はいきなり「おっぱい」について。
先日 Twitter で知人の興味深い発言を目にしたので。


「ブラジャーは女性のネクタイみたいなものなのかなぁ。」


これは「夏に向けてノーブラ女子が増えている驚きの理由」という
スレッドへの返信だったので、この男性がひとり妄想を抱いているわけではないです♪


さて、何がわたしにとって興味深かったかというと。

フランス語ではブラジャーのことを

  (un) soutien-gorge
  (アン)スーティゃん・ゴるジュ

といいます。
つまり、直訳すれば「喉支え」?


喉(首)に巻くものと、喉を支えるもの。
その共通点がなんともおもしろかったわけです。


そこで、ずっと気になっていた
「なぜ『胸支え』soutien-seins や『胸ホルダー』porte-seins じゃないのか」
ということについて調べてみました。


まずは語源辞典で。

ここには、soutien-gorge の出所 (1904, le Sourire) はあっても、
なぜ胸を (la) gorge と呼んだのかについては記されていませんでした。


次にネットで検索。
ありました。要約すると

「かつて、女性(性器)はその下品で味気ない共通の名前を使うよりも
 隠喩、揶揄、遠回しなことばなどをつかって表現するエレガントさをもっていた」

ようなのです。
そして、

「このように、女性たちは『胸』seinsgorge のような
 直接的でない呼び方をすることで殿方の欲望をそそることを好んだ。
 『お尻』fesses を『丸み・丸い部分』rondeur と表現していたように。

 porte-seins というより soutien-gorge の方がエレガントだということは
 たやすく納得できるでしょう?」

だそうです。


そして最後にプチ・ロワイヤル辞典の gorge の欄を見てみると・・・。

  「②《文》(女性の)胸、乳房」

・・・ふつうに載っていました。ガックリ。
でも、気になることが。

  「③峡谷」

これは!

胸を揶揄する gorge の語源が、わたしが思っていた『喉』ではなく、
谷間という意味の『峡谷』からきた揶揄だったとしたら・・・。

いやいや、辞書に gorge =「乳房、胸」と載ってるから。
『峡谷』の方があとからきたのかもしれないし・・・。
胸の谷間や喉のように、細くえぐられた部分ということ?

とかいろいろ考えているうちに、もう何が何だか分からなくなってしまいました。


そこでもう1度、別の語源辞典で確認。
「女性の乳房、胸」の意味で使われた最初の確認は1228年。

ということは、1675年の文献で初登場している
『峡谷』としての gorge の方が後ということになります。

KiKi, 惨敗・・・。


この「おっぱい」に対する探求、
師匠の妹でフランス語教師をしている Claire との話題になりました。

「『峡谷』って、おっぱいの形を表してると思わない?」
「確かに、"les montagnes"『山』や "les collines"『丘』なんて表現もあるわね。」


そこで Claire は、ほかの『おっぱい』を表すことばについて、教えてくれました。

  les nichons レ ニション
  les nibar(d)s レ ニバーる
  les lolos レ ロロ
  les nénés レ ネネ
  les titis レ ティティ
  les doudounes レ ドゥドゥヌ

後半はほぼ、赤ちゃんことば。
ネット辞典では soutien-nibards なんてのも出てきましたが、
フランスでは1度も耳にしたことがありません!

こんなのもあります。

  les roberts レ ろベーる

哺乳瓶の乳首 (un) biberon を1860年に発明した Edouard ROBERT 氏の名前から。


最後にちょっと小話を。

   Il y a du monde au balcon !
   イリヤデュモンドゥ オーバルコン!
  「おお、バルコニーに人がいっぱいいるぞ!」

と男の子がいったら、「ボインちゃんがいるぞ!」っていう意味なんだって!
(今は「ボイン」ていわないのかな?分かるひといる?)


それではまたね!
À bientôt !

フランス語の日常表現と語彙に関するエントリのインデックスだよ。


LE CORPS ・・・ 身体

 * ちょっとまじめなおっぱいの話


LES HABITS ・・・ 衣服

 * あなたはカルソン派?それともスリップ派?


L'HABITATION ・・・ 住居

 * フランス語の語彙 ・・・ アパルトマン。


LA MAISON ・・・ 家

 * フランス語の語彙 ・・・ 冷蔵庫。


LE VOYAGE ・・・ 旅行

 * ちょっとだけ旅行会話


LE MARCHÉ AUX PUCES ・・・ 蚤の市

 * 蚤の市のフランス語。N°1 古物市の種類 その1(音声付き)
 * 蚤の市のフランス語。N°1 古物市の種類 その2(音声付き)
 * 蚤の市のフランス語。N°2 蚤の市用語(音声付き)
 * 蚤の市のフランス語。N°3-1「これ、おいくら?」(音声付き)
 * 蚤の市のフランス語。N°3-2「もっと安くして!」(音声付き)

L'INFORMATIQUE ・・・ コンピュータ

 * パソコン ・・・ ハード編。
 * パソコン ・・・ ソフト編。
 * COPIER-FOIRER
 * フランスの IT 用語がまたまた変わる?
 * PODCAST は英語すぎる?


LES CIGARETTES ・・・ たばこ

 * たばこ・・・吸ってもいいですか?
 * たばこいろいろ。
 * たばこからのメッセージ。


LA PHOTO ・・・ 写真

 * フランス語の語彙 ・・・ 写真 #1
 * フランス語の語彙 ・・・ 写真 #2

Coucou !


楽しかった Châtellerault(シャテルロー)でのヴァカンスも昨日で終わり。
昨夜22時40分、最終の TGV(新幹線)に乗ってパリに帰る予定が
TGV のモーターの故障で40分の遅れ。

ふつうでもギリギリなのに、高速では走れないと駅長さんにいわれ
すごすごパパとママンの家に帰ってきてひと晩を過ごしました。


そして、さすが SNCF(フランス国鉄)なのが、切符のお金を返してくれないところ。
不可抗力としてなかなか自分たちのミスだと認めない上、
万が一認めたとしても、4分の1しか返してくれません。

しかも現金ではなく、フランス語で des bons d'achat デ ボンダシャ と呼ばれる
商品券みたいなサービス券みたいなもので・・・すごいね。


ただ、切符を改札に通す前だったら変更が可能なので、
機械での切符の変更を試してみましたが、窓口に行けと指示され
もちろんそんな時間にフランスの駅の窓口が開いているはずもなく・・・。

ふたり分の切符代、134ユーロ(約14,000円)が泡と消えていきました。
むぅーーーー。


さて今日は、そんな「お金」についてのいろいろなフランス語をご紹介します。
まずは、「お金」と一般的にいうとき。

  
  de l'argent

これがいちばんポピュラーでノーマルなことば。
Argent は金属の「銀」を表すことばで
数えられないので部分冠詞をつけてあげます。


次はちょっとくだけたこんないい方。

  
  des sous

Sou はフランスで昔使われていた通貨の単位なので
お金(全般的に)というときには複数形で使います。

Coucou !!
Comment allez-vous ?

やっと日本語が書けるようになってホッとしている KiKi です。

昨日も書いたけど、ただいまヴァカンス中です♪
師匠の妹 Claire も夫婦+わんちゃん1匹でドイツからきています。

彼女はフランス語の先生、発音がとてもきれいでユーモアもあるので
ヴァカンス中の「今日のひとこと」は彼女に手伝ってもらって作ります♪


さてさて、さっそくフランス語名詞の「女を見抜く。」シリーズ第11弾。
今日は、語尾 -ête をやってみましょう。

Coucou !

どんどん時期を逃してしまっている「暑いとき」シリーズ。
今日は、冷たい食べものやそれをしまっておく冷蔵庫なんてことばを。


まずは、冷蔵庫から。

  
  un réfrigérateur

なんだか R の音が4つもあってとてもいいづらいけど、
これを全部いう人は少ないので安心してね。

会話の中ではこんなふうに略されます。

  
  un frigo


つぎは、冷凍庫。

  
  un congélateur

ちなみに、我が家の冷凍庫には、製氷室というものがありません。
狭いトレイがついていて、そこに製氷皿をふたつならべるのが精一杯。

日本の実家にある、「自動でたくさん氷を作ってくれる製氷室」は
師匠にとって、そうとうなカルチャーショックだったもよう。


さて、「冷凍する」という動詞は?

  
  congeler


「解凍する」なら

  
  décongeler


チンしてすぐ食べられる、冷凍食品のことはなんていうの?

  
  un plat surgelé

フランスでもこれは充実していて、わたしたちは
Picard「ピカール」という冷凍食品専門店を愛用しています♪

食材も一品料理やデザートなども、どれも冷凍とは思えないほどおいしいの。


さて、夏に欠かせないのがアイスクリーム。

  
  de la glace


アイスクリーム屋さんは

  
  un glacier


すっきりしたシャーベットも捨てがたいですね。

  
  du sorbet


じゃあ、飲みものに入れたりする「氷」のことをなんていうの?

  
  des glaçons

1個ということはあんまりない(はずだ)から、複数形なんだけど、
グラスいっぱいにつまった氷には、フランスではあまりお目にかかりません。

コーラやジュースを頼んでコップに1〜2個入ってくればいいほうなの。


最後に、これもフランスではほとんど見かけたことのない「アイスコーヒー」。

  
  un café frappé


こんな名前で売っていることもあります。

  un café glacé
  「カフェ・グラッセ」

でも師匠は「こうはいわない」と録音してくれませんでした・・・。
わたし、PAUL で頼んだことあるのに、カフェ・グラッセ。


さてさて、まだまだ工事も終わってないので今日はここまで!
À demain !

Coucou !!

わたしにとって、フランス語名詞の性別ってとても興味深いんだけれど
それをやっかいに感じる人も多いんじゃないかな。

だいたいの文法書には、
法則はないので地道に覚えるしかない、って書いてあるはず。

でも、なんとなくでもコツとか見分けかたが分かったらだいぶ楽になるよね。


わたしは、ある程度はスペルから見分けられると思うんだ。
もちろんここでも例外はたくさんあるけれどね。

そんなのしょうがないから、クイズ感覚で楽しんじゃおう♪


2択だもん、当たる確率は50%、
そして今日ご紹介する「なんとな〜く」を覚えたら、
たぶん確率は85%くらいにはあがるんじゃないかなぁ。
(この数字にはなんの根拠もありません♪)


 * 女を見抜く。nº1 名詞 -eur
 * 女を見抜く。nº2 名詞 -ion
 * 女を見抜く。nº3 名詞 -aison
 * 女を見抜く。nº4 名詞 -té
 * 女を見抜く。nº5 名詞 -rie
 * 女を見抜く。nº6 名詞 -ce
 * 女を見抜く。nº7 名詞 -ture
 * 女を見抜く。nº7-2 名詞 -ture / 補足 -ure
 * 女を見抜く。nº8 名詞 -tude
 * 女を見抜く。nº9 名詞 -oile, -oire
 * 女を見抜く。nº10 名詞 -che
 * 女を見抜く。nº11 名詞 -ête

Coucou !!


さてさて、覚えておくと意外に便利な「フランス語の女性名詞を見分けるコツ」。


男か女かの二択だもん、もともと当たる確率は50%もあるんだよね。
今日ご紹介する -oile-oire を覚えたら、
その確率は83%くらいにはあがるんじゃないかな。


 * 女を見抜く。nº1 名詞 -eur
 * 女を見抜く。nº2 名詞 -ion
 * 女を見抜く。nº3 名詞 -aison
 * 女を見抜く。nº4 名詞 -té
 * 女を見抜く。nº5 名詞 -rie
 * 女を見抜く。nº6 名詞 -ce
 * 女を見抜く。nº7 名詞 -ture
 * 女を見抜く。nº7-2 名詞 -ture / 補足 -ure
 * 女を見抜く。nº8 名詞 -tude
 * 女を見抜く。nº9 名詞 -oile, -oire
 * 女を見抜く。nº10 名詞 -che
 * 女を見抜く。nº11 名詞 -ête

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris