Coucou !
Comment ça va ?

Moi, j'ai pas du tout du tout dormi cette nuit...


というのも、新しいプロジェクトを用意していて。


iBooks「学校行かずにフランス語!」カバー


電子書籍を制作中、その名も「学校行かずにフランス語!」。


赤ちゃんのように五感で覚えるフランス語学習ブログ
「学校行かずにフランス語!」から、選りすぐりの記事を校正してお届けします。

エッセイあり、使えるフレーズあり、
語源などの雑学あり、ときどき書き下ろしあり(の予定)。


プロローグは書き上がり、あとは iTunes Connect の手続きを終わらせたら、販売開始です。
面白い本にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

フランス語を始めたいきさつ、フランス語を独学でつづけるための作戦、
フランス旅行や短期滞在中に体験したこと、
現在フランスのパリ郊外に住み経験していることを書いたエントリのインデックスだよ。

(エントリーは古い順にならんでいます)


MON EXPÉRIENCE EN 2002 ・・・ KiKi の体験 2002年

 * 実践あるのみ。
 * フランス語会話学校。
 * フランス語漬け。
 * ネットでフランス人探し。
 * 文通相手ゲット!
 * 海外メル友探し、成果アリ。
 * 失敗メール。
 * お怒りメールが届きました。。。
 * 七転八倒。
 * Je te laisse...
 * わたし、うっちゃられるの?
 * あーもうびっくりした!
 * メッセでお勉強。
 * 五感をとおして。
 * 生きたフランス語を。

 * 音声チャット。
 * U の発音。
 * サーモン抜きのサーモン・サラダ。
 * お買いもの禁止令。
 * 勉強のお勉強。
 * 彼女は船に乗っている。

 * 10月、フランスに行ってきます。
 * パリの STUDIO
 * Me revoilà !
 * Montmartre
 * 忘れられない夜。
 * フランス流あさごはん。
 * サクレ=クール寺院。
 * CM撮影?


MON EXPÉRIENCE EN 2003 ・・・ KiKi の体験 2003年

 * パリが恋しい。
 * フランス流にらめっこ。
 * ヤクルトおばさん。
 * 魚のグリル盛り合わせ。
 * ハンカチで鼻を・・・
 * IP 電話。
 * フランスのトイレ事情。
 * 小さな泥棒。
 * お財布がない!
 * お財布グセ。
 * 紛失届け。
 * お財布の行方。
 * フランスのパンと乳製品。
 * ミルク・ジャムのレシピ。
 * お買いものも、骨が折れる。
 * フランスのお風呂。

 * 日本と自転車をこよなく愛すフランス人、Jean-Louis。


MON EXPÉRIENCE EN 2004 ・・・ KiKi の体験 2004年

 * フランス語で悪口。
 * 現実逃避。
 * フランス語で悪口、その2。


MON EXPÉRIENCE EN 2006 ・・・ KiKi の体験 2006年

 * IDÉALIDIOT


MON EXPÉRIENCE EN 2007 ・・・ KiKi の体験 2007年

 * ネイティヴを恋人にすると外国語が上達する?


MON EXPÉRIENCE EN 2008 ・・・ KiKi の体験 2008年

 * 真のバイリンガルってなんだろう?


MON EXPÉRIENCE EN 2011 ・・・ KiKi の体験 2011年

 * 「学校行かずにフランス語!」ということ。
 * フランスとフランス語とわたし


MON EXPÉRIENCE EN 2013 ・・・ KiKi の体験 2013年

 * フランスに住めば、フランス語が上達する?


MON EXPÉRIENCE EN 2015 ・・・ KiKi の体験 2013年

 * フランス語で日本独自の表現を楽しもう。

Coucou !
Comment allez-vous ?


こんにちは、KiKi でーす。
まずはお知らせ。

先ほど、PODCAST の新しいエピソードを配信しました♪


今日のひとこと Nº139「完ペキ!」
【PODCAST 学校行かずにフランス語!】

ネイティヴ Antoine と日本人 KiKi のフランス語サバイバル会話
今日のひとこと Nº139「完ペキ!」解説付きの配信です♪


PODCAST COVER


お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、PODCAST のカバーを変えました。

なんと前回までのカバーは、2005年に作ったものなんですねぇ。
写真のわたしたちは10歳も若いし、そんなのをいつまでもお見せするのも気が引けて・・・。


明日は、今日のひとこと Nº139「完ペキ!」の、ダイアログのみのものを配信します。
お楽しみに☆


さてさて。

ひと通りのフランス語表現を覚えて、自分の表現力がついてきたなぁ、と感じるあなた。
会話できるフランス人のともだち(またはパートナー)がいるあなた。
フランス人となかなか会話が弾まないあなた。

今日はそんな方たちへ、フランス語を楽しむちょっとしたコツ
une astuce ユヌプティタステュス をお話ししようかな。
といっても、もう実践してる方もいると思いますので、そんなひとは読み流してね♪


↓↓↓ からどうぞ♪

Coucou !
Vous allez bien ?

さて今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第三弾♪

わたしのなんちゃってフランス語はアテにせず、
ネイティヴのふたりの美しい発音と外国語学習についての見解をお聞きください。


本日のテーマ:TIPA のふたりにとって、外国語を学ぶということはどんなこと?



KiKi : Camille et Antoine, ça signifie quoi pour vous d'apprendre et de parler une langue étrangère ? Surtout pour quelqu'un comme toi Antoine, car tu m'as dit que tu parlais plusieurs langues, c'est ça ?


Antoine : Oui, en effet, moi je parle sept langues. En fait, très jeune, j'ai déménagé avec ma famille de Lyon à Barcelone, donc de France vers l'Espagne, et j'ai très vite parlé couramment trois langues. Donc le français, l'espagnol et le catalan. Et les autres langues, en fait, elles sont arrivées ou naturellement, en écoutant de la musique ou en allant au cinéma, ou en les apprenant vraiment de zéro, comme ça a été le cas pour le japonais.

Et pour moi, apprendre une langue étrangère, c'est non seulement apprendre la langue en soi, c'est-à-dire le vocabulaire, la grammaire et la syntaxe, et tout le reste, mais c'est aussi apprendre à voir le monde d'un autre point de vue, d'une autre perspective.

Camille : Oui, et c'est précisément pour cela qu'on a créé TIPA no furansu nikki. Pour faciliter cet apprentissage, qui est non seulement linguistique mais aussi culturel.

Notre série montre donc la réalité de la vie des Français, et pas des images d'Épinal, comme c'est si souvent le cas lorsqu'il est question de la France au Japon.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?


TIPA のフランス日記」を見てみる?
理想的なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Vous allez bien ?


フランス語でサイズや規模、範囲などが「大きい」という表現には
よく使われるものがふたつあります。


  Un homme grand
  アンノム グらん
  「背の高い人」

  Un homme gros
  アンノム グろ
  「ボリューミーな人」(= 太ってる人)


こんな感じで使い分けますが、ハッキリとした法則はなく、
だいたいは、そういう言い回しがあるか、コンテクストで決まります。

あ、ひとつ気をつけたいこと。


  Un grand homme
  アングらんトム


だと、「偉大な人」「偉い人」って意味になっちゃうから気をつけて!
(これは文法書で結構最初に載ってる注意書きですね)


それでは、grand(e)gros(se) の例文を見ていきましょう。


  Un grand voyage
  アングらんヴォワィヤージュ
  「大旅行」

  Une grande ville
  ユヌグらんドゥヴィル
  「大都市」

  Une grande distance
  ユヌグらんドゥディスたんス
  「長距離」

  Une grande famille
  ユヌグらんドゥファミーユ
  「名家」


今度は gros / grosse を見てみましょう。


  Un gros nez
  アングろネ
  「大きな鼻」

  Du gros sel
  デュグろセル
  「粗塩」

  Un gros con
  アングろコン
  「大馬鹿者」

  Une grosse bêtise
  ユヌグろスベティーズ
  「とんでもない失敗・ヘマ・大チョンボ」

  De grosses larmes
  ドゥグろスラるム
  「大粒の涙」


  Un gros appétit
  アングろザペティ

  Une grosse faim
  ユヌグろスファン

  = Une faim de loup
  「ものすごい空腹」


なんとなくニュアンスは感じられたかしら?

Grand は規模や範囲、長さや高さで
Gros のほうはボリュームに関していうことが多いようですね、

わたしは最初、grand のほうはポジティヴでほめる意味に使われて
Gros はネガティヴでけなすために使われると思ってました。

もう、見当ちがいもいいとこ。


このほかに「巨大な」「莫大な」を意味することば enorme については
また後日、ゆっくりやりますね。


さて、週末は師匠の実家、Châtelleraut(シャテルろー)に行ってきます。
今回は五つ星のブロカントに行けるからうれしいな☆

今日のレッスンの音声は、帰ってきてからつけますね。
(なんとか師匠を説き伏せて、ネイティヴ音源が録れたらいいな!)


それでは、またね!
A bientôt !

こんにちは、KiKi です。


まず、今日のひとこと Nº138「こんちくしょう!」PODCAST 配信しました。
詳細は以下からどうぞ。

  * PODCAST 「今日のひとこと」 Nº138
   解説付きエピソード。ブログの内容すべてを音声でお届けします。

  * PODCAST 「今日のひとこと」 Nº138 - dialogue
   ダイアログだけ繰り返し聞きたい方へのエピソードです。


それから、先日の記事たちに音声をつけました。
以下、リンクです。

  * Aucun(e) ・・・ 何の○○もない。
  * Madame Machine ・・・ なんとか夫人。
  * Mon Truc En Plume ・・・ わたしの、羽根でできたやつ。


とはいえ、わたしの発音は下手くそなので、
あまりそのまま覚えていただきたくないのですが、
読み仮名よりはましかなぁ、と思って一応つけておきます。

この春、師匠が昇進してよりいっそう忙しくなってからなおのこと、
「学校行かずにフランス語!」に関することを頼みづらくなっちゃったんです。。。

ヴァカンス中にスキを見て、録音セッションねじ込みます!


それではまた明日!
A demain !

Coucou !
J'espère que vous allez bien malgré cette chaleur...


(この暑さに負けずあなた方はお元気と存じます・・・訳がちょっと堅い。)


さて、昨日お話しした machin / machine のほかにも、
名前の分からないもの、言いたくないものをあらわすフランス語の単語はいくつかあります。

  

  truc

  chose

  bidule

などなど。
その中でも今日は、とっても使いやすい truc ということばをご紹介します。


昨日の例文を使い回すと、こんな感じに。


  
  Qu'est-ce que c'est que ce truc ?
  「これはいったい何なんだ???」


昨日の machin / machine と同じように、
名前が分からないときに「アレ」といったり「ソイツ」といったり
同時に「もの」「こと」という意味もあります。


  
  J'ai beaucoup de truc à faire.
  「やることがいっぱいある。」


そしてこの truc,「コツ・秘訣」という意味の TIPS や手品のトリック、
「十八番」「得意なこと」などという意味をもった、とても使える単語なんです。

では、ほかの例文を見てみましょう。


  
  Y'a un truc !
  「これには仕掛けがあるぞ!」


名探偵が言いそうなセリフです。
これに関連して

  
  Un match truqué
  「八百長」

と形容詞の用法もご紹介しておきます。


そして、日本で師匠が、フランスでわたしが、
新しい食べ物にチャレンジしたときに言うのがこれ。


  
  Ce n'est pas trop mon truc...
  「これはわたしの口には合わない。」
  (これはあまり自分の得意とするところではない)


この場合のニュアンスは、好き嫌いではなく、
「無理すれば食べられるけどおいしいとは思わない」という感じ。

食べ物じゃなくても、映画でも音楽でも、「自分の趣味やセンスに合わない」とか、
「苦手」とか、「興味がない」とか、そんなふうに使います。


さて、最初の「よく分からないもの」「あえて言わないもの」を指す truc に立ち戻って。

Zizi Jeanmaire の歌うちょっと面白いシャンソンがあります。
その名も

  
  Mon Truc En Plumes

邦題は知らないけど、自己流に訳せば「あたしの羽根でできたやつ」かな?
今日のタイトルに拝借しました。

動画とフランス語の歌詞を見たい方は、en savoir plus からどうぞ♪
(めんどくさいから、翻訳はしません!)

Coucou !
Comment allez-vous ?


日本では、人の名前が思い出せないとき「山本なんとかっていう俳優」といってみたり、
物の名前が出てこないとき、言いたくないときは「アレ」といってみたりしますよね?

フランス語にも「なんとか」「なんちゃら」「なになに」なんていう単語が存在します。


  
  C'est quoi ce machin-là ?

  
  Qu'est-ce que c'est que ce machin ?


「これは何なんだ?」という意味で、この中の machin がその「なんとか」。


例えば。

フランスには、要らなくなったものを業者に委託して中古販売し、
売れたら手数料を除いたお金をもらえる、というシステムがあり、
会社も店舗もあちらこちらにたくさんあります。

その店舗名がほとんどが、CASH ということばをどこかに含みます。

  Cash Converters
  Easy Cash
  Cash Express

という感じ。


で、師匠はそこでレトロゲームを掘り出すのが大好きで、ツアーするんですね。
そのときに、いちいちお店の名前を覚えてられないから

  Cash machin

と呼んでいます。


あとは、人の名前が口から出てこないとき、男性の場合なら

  
  Monsieur Machin

女性の場合なら

  
  Madame Machine

という感じで使います。

あ、もちろん、本人の前では絶対に言わないで!
相当失礼です。


Machine は辞書には載っていませんが、よく使いますよ。
女性名詞の場合、女性を指す場合は machin の女性形 machine です。


それから、名前を呼びたくないときにも使われます。
例えば、「あの何チャラってヤツ」とか言いたいときにも使えますし、
「某○○」なんていいたいときにも使えます。


「あたしの彼がなんかまたあの女となかよくしてる〜 クゥーーー!」ってときには

  
  Ah c'est pas possible, revoilà encore machine !
  「あーん、信じらんない、またあの女だ!」

なぁんてね。


ではまたね。
A bientôt !

Coucou !
Comment ça va depuis tout à l'heure ?


フランスの方、こんばんは。
日本の方、おはようさんです。

先ほどの記事、訂正させてください。
(元記事を書き変えようと思ったのですが、そうなると無駄話からなにから
 全部書き換えることになっちゃうので、そのまま残しておきます)


  Elle est physiquement intelligente !


の件ですが、どうやら師匠が言っていたのも、皮肉は皮肉ですが
「見た目だけ聡明である」ということらしいんです。

師匠に詳しく尋ねず、記事にしてしまったわたしのフライングでした!
ゴメンナサイ!!!


あの記事を書いたあと、帰宅した師匠に
「昨日言ってた physiquement intelligente のニュアンスを説明してくれ」と詰め寄りました。

で、答えを聞いてビックリ!


「賢さがそこにしかない、ってことだよ。」
「見た目ばかりキレイにしているってこと。」
「ぼくらが音を消しても彼女はだいじょうぶってわけさ。」

ということでした。

Sensuelle さんスュエル(セクシー)とか、そういう類のことは関係ないの?」と聞くと
「そうじゃないよ。Sensuelle ってのはほめ言葉だろ?ぼくはちょっとバカにしていったんだよ。」

だそう。


わたしは勝手な想像と自分の願望(?)から「肉体的に聡明。」としてしまいましたが
「露出」がどうのということではなく、「ルックス」のことだったのですね、本当は。

タイトルも、「見た目が聡明。」だと『賢そう』って意味に聞こえちゃうので
「身体的に聡明。」といったところでしょうか?


まったく早とちりでした。。。
どうもすみません!!!


元記事:Physiquement intelligente ・・・ 肉体的に聡明。

Coucou !
Vous allez bien ?


昨日テレビを見ていたら、ルポルタージュで
すごく露出した格好の女性がレポーターをやっていました。
そのとき師匠がいったひとこと。


  
  Elle est physiquement intelligente !


この表現については、だいぶ前に師匠から教わったのですが、
確かまだ「学校行かずにフランス語!」ではご紹介してませんでしたよね?

一般的に広く使われている言い回しではなく、
コミック(芸人)の誰かが使い始めたのか、どこかの誰かが思いついたのか。
知る人ぞ知る表現だそう。


physiquement には「見た目・容姿が、肉体的・身体的に」などの意味があり、
オーストリアの学校でフランス語の先生をしている妹 Claire によると、
意味は「きちんと聡明に身繕いをしている」ということでした。

でももちろん、師匠のこれは皮肉。
「肉体的に(のみ)聡明だ。」という意味を込めていっています。


自由がモットーのフランスでは、職業による服装の制限もほとんどありません。
セーターやTシャツでメトロを運転しているのを初めて見たときには驚きました!

Présentateur/trice プレざんタテゥーる/プレざんたトゥりス とよばれる
テレビの司会者やアナウンサー、お天気お姉さんなども、日本人の眼から見るとかなり大胆。

そんな中でも、昨日の女性レポーターは、
パンツがギリギリ見えない程度のミニのワンピースで椅子に座って足を組み、
胸元は大きく開いて、谷間を見せつけていた感じでした。


でもまぁ、こちらでは「谷間は見せるもの」といった風潮があります。
わたしのような40代はもちろん、70代や80代くらいのおばあさんでも堂々と谷間を披露し、
いつまでも、女性であることを楽しみ、誇らしく思っている感じがします。

むしろ熟女のほうが谷間露出率が高い!
「年甲斐もなく」とか「いい年して」とかいう考えはないのです。

そんなマダムたちを見ていると、すごく可愛らしいし、
歳をとることが怖かったわたしは元気と勇気をもらえます♪


それにしても、普段はあまりとやかく言わない師匠。

さすがに真剣なルポルタージュのときにあの露出はないよな、と思ったのでしょうか?
もしくはその女性自体がセクシーで、フェロモンをむんむん放っていたのでしょうか?

同じ女性のわたしとしては、全然気にならなかったんですけどね♪


訂正記事:【重要】Physiquement intelligente ・・・ 肉体的に聡明。の訂正

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris