Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/c/h/i/chibiru/web/kikounette.biz/ecole/mt-dynamic.php on line 183
学校行かずにフランス語! :: PARLONS FRANÇAIS ! Archive
 

PARLONS FRANÇAIS !
:: フランス語のつかえる・生きた会話を音声つきダイアログで ::

感想や具合などを、「どう?」「いい?」と訊かれたとき。

  Pas mal.
  




  「いいね。」


このフレーズは、日本語読みで充分通じます。

mal は「悪く、まずく、不十分に」などの意味があります。

これを否定した Pas mal. には、
文字通りの「悪くはない」「まあまあだね」という意味のほか、
「なかなかいいじゃんじゃない。」「いいねぇー。」
ひいては「すごくイイ!」などの意味が含まれる場合もあります。


フランス語では、こんな風に反対のことを言って、意味を強調する傾向があります。

ストレートに表現しないのが、フランス人のエスプリ?
文脈や、話の流れ、相手のようすから察することも必要ですね。


ちなみに、「それほどでもない。」と答えるときは

  Pas tellement.
  



tellement にはだいたい「そんなふうに・それほどまでに」という意味があります。


どうですか、このフレーズ使えますよね?
あなたの答えは、"Pas mal !" それとも、"Pas tellement."


じゃ、また明日!
À demain !

誰かの話を聞いたり、なにか見たりして、素敵だな、イケてるな、と感じたとき・・・

  
  C'est sympa !
  「いいカンジ!」


sympa ってのは、きちんといえば sympathique(サンパティック)、
「感じのよい、気分のいい、楽しい」なんて意味があります。

念のため "c'est 〜" は「これ(それ)は〜です。」で英語の it's にあたります。


同じようなかんじで「セクール!」C'est cool ! ってのもあります。

ひとによるのか、時代によるのか、最近はこれあんまり聞かないなあ。
なんか、わたしにはベタ過ぎるイメージが・・・(まちがってる?)


応用です。

  Ah, c'est sympa ça !
  アー、セサンパッサー!
  「おー、それイイじゃん!」

  Il est sympa !
  イレサンパ!
  「彼、いいヤツだね!」


じゃ、また明日!
À demain !

ひとくちフランス語、ちょっとさぼってしまいました。
すいません。

さて、今日のお題は「まあ、わかるさ。」

  
  Tu verras.


これまた無責任加減全開って感じの、単純未来です。
直説法現在(というと難しそうですが、まあ、一番ノーマルな現在形です)
でこれを使うときは、疑問文が多いです。

  Tu vois ? テュヴワ?

「分かった?」っていうような意味です。
自分に置き換えれば、

  Je vois. ジュヴワ。
  「分かった。」

vois は、動詞 voir「見る」の
一人称単数(最初の例では二人称)直説法現在。
英語でいえば、< I see. > ですね。

で、これを二人称で、単純未来で、ってことは、
「わかるんじゃないの。」「そのうちわかんだろ。」て感じで、
どうでもいいというか、俺の知ったこっちゃない的なニュアンスが含まれます。

この用法は、何かを伝えたくて伝わらなかったとき、よく使っちゃいます。
「ま、見てなよ。わかるから。」みたいな?いけませんね。


もっとポジティヴな用法としては、サプライズを用意したときとか、
秘密事項を感づかれたりとか、それを「なに、なに?」と詰め寄られたときに、

  Tu verras.

「まあ、そのうち分かるから、おとなしく待ってろ。今はいえないなあ。」
(めちゃめちゃ意訳です)とたしなめたりしますか?

「今に見てろよ!」という、仕返しをほのめかした脅しにもなります。
空気を読まないと、大変なことに・・・。


普通によく使うので、(わたしだけ?)あまり意味を考えたことはありません。
そのうち、使う機会があったらわかるでしょう。

TU VERRAS !!


じゃ、たぶんまた明日!
À demain !

  
  Ça ira.
  「どうにかなるだろ。」

   * ira = aller, 三人称単数・単純未来


えっと、昨日の「サヴァアレー」を一段と無責任にした感じです。

  あんま関心ないけど、うまくいくんじゃないの〜?
  どうにかなるよー、たぶん・・・
  ま、だいじょうぶだろ。

的なニュアンスを含んでおります。


この、助動詞を使わず動詞を活用させてつくる単純未来とは、
昨日やった複合未来に比べると、近くないし、確定してない未来。

あんまり自分の意志とは関係なく起こる未来、
まだよく分かんない未来に使ったりします。

例えば・・・

 1.Il va neiger bientôt.
   イルヴァネージェ ビャントー
   「もうすぐ雪が降りそうだ。」(昨日使った複合未来)

 2.Il neigera demain.
   イルネージュラ ドゥマン
   「明日は雪が降るだろう。」 (今日使った単純未来)


1の場合は、空を見上げてもう降りそうな空気のとき、
2は、寒いし明日雪降るんじゃないの?みたいなニュアンス。

   * neiger = 雪が降る
   * neigera = neiger, 三人称単数・単純未来

   * bientôt = もうすぐ
   * demain = 明日


willbe going to の違いといえばいいでしょうか?
(英語弱いから、どっちがどっちに対応するのか忘れました・・・)

うーん、説明するのってむづかしい・・・
でも、何となく分かっていただけたかしら?


じゃ、また明日!
À demain !

  
  Ça va aller !
  「うまくいくさ!」

   * ça = これ
   * va = aller の直説法現在、三人称単数
   * 英語の to go にあたる単語です。


フランス人に相談したあと、いろいろ親身になって聞いてくれるんだけど、
最後にはほとんどみんな、このことばでしめる。
もちろん、相手がいうときも、自分でいうときもある。

軽いグチなんかだと、すぐこう返される。

1日に1回は、必ず聞くこのことば。
不思議と、なんとかなりそうな気になるからスゴイ。


意味はいろいろありますが、まず、最初の va は、
直説法未来をつくるときの助動詞になります。
(つまり、英語の will

あとにつづく行動そのものを表す動詞は不定詞、
つまり、aller の活用形 + 不定詞で未来をつくります。

(ちょっとややこしいですね。aller がつづけて出てくるので。)

ここであとにくる不定詞 aller の意味は、
本来の「うまく行く、進行する、動く、具合がよい」あたりです。


  Ça va ? サヴァ?

というのは、よく聞きますね。
「元気?」「うまくいってる?」とあいさつのあとにいったり、
なにか起こったときなどに「だいじょうぶ?」とたずねたりします。

  Ça va. サヴァ。

「元気、うまくいってる。」「だいじょうぶ。」などと答えますが、
その Ça va. の未来形が Ça va aller. なのです。

未来形にはいくつか種類がありますが、
この aller を助動詞にしてつくるのは、
近くて確実な未来・・・だと思います?


「ま、いいや。うまくいくだろ!」っていう感じのときは、
昨日の「ま、いっかー。」との合わせ技で

  Mais bon, ça va aller !
  メーボン、サヴァアレー!


これは、かなり投げやりなニュアンスですね。
けっこう好きです。


ではまた明日!
À demain !

  
  Mais bon.
  「ま、いっか。」


   * mais = でも、しかし(英語の but にあたることばです)
   * bon = よい


はは、すぐ覚えられますね。

ぼん、をやや強めにいうと、それらしく聞こえます。
ん、とはっきり発音せず、鼻からどっかに飛ばす感じで。


フランス語で敬遠されるのは、
すべての名詞に男性と女性があることです。

  机   = une table
  椅子  = une chaise
  ペン  = un stylo
  ノート = un cahier

  太陽  = le soleil
  月   = la lune

という具合に、冠詞も変えてあげなくてはいけません。

やっかいなことに、これに法則はないので、
すこしづつ、自分で覚えていくしかありません。

冠詞をつけたまま、声に出していうのがオススメです。


で、何がいいたかったかというと、形容詞も、
その名詞の性と合致した形に変えてあげることが必要なんですね。

この場合はいいのですが、bon も、女性名詞の前に来ると
bonne と女らしく形を変えます。


「よい旅を!」が
Bon voyage !ボンヴォワィヤージュ)

「よい1日を!」が
Bonne journée !ボンヌジュルネ)となるのは

voyage男性名詞で、journée女性名詞だからなのです。


ふう、長かったですね。
ぼちぼちやってみてください。


ちなみに、師匠に
「フランス人らしい話し方をするようになったね。」
といわれたので理由を聞いたら、
Mais bon ! をよく使うようになったから」だそうで。

うーん、複雑・・・Mais bon !


それではまた明日!
À demain !

ええと・・・

第1回目の今日は、
実際さきほど使ってしまったこのことばを・・・

「ほっといてよ!」

これを伝えるには、いくつかの表現がありますが、
ひとりにしといてくれ!、みたいな意味も含めたものをひとつ。


  
  Laisse-moi tranquille !

   * laisse = laisser 二・単・命・現
     〜させておく、〜のままにする、残す、ほっておく、うっちゃる
     (英語の to leave にあたることばです)
   * moi = わたしを
   * tranquille : 穏やかな、物静かな、安心した etc.


文法までやるとえらいこっちゃなので、このくらいにしときます。


質問、リクエスト(こんなときどういうの〜?など)何でも承ります。
遠慮なくばんばんお願いします。

(どの程度がいいのか、さっぱりわからないので。)


過去のフランス語学習のメルマガなど読みたい方は、
わたしのフランス語とフランスについてのサイトへどうぞ。

 * Mon expérience française *


ちなみに、ポップアップウィンドウを許可してもらえれば、
フランスと日本の時間を同時にみることのできる、
ちっちゃな時計のウィンドウが開きます。

有害なイタズラなどはしてないので、ご安心を。


それでは、また明日。
À demain !!

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris