REPORTAGES
:: パリ・フランスからフランス語でルポルタージュ ::

Bonjour.
Vous allez bien ?


先ほどは、恐怖心ばかりを煽る記事を書いてしまった気がします。

それが目の前にある現実なんですけれども、
そんなときだからこそ、あちこちで目にするようになったことばがあります。


  Fluctuat nec mergitur


これはラテン語の表現らしく、日本語では

  「たゆたえども、沈まず」

と訳されていますね。

(読みがなふりたいんですけど、師匠によれば
 「ラテン語なんて誰も聞いたことないからどう読むのか分からないんだ」そう。)


以前、フランスに関する本の中で読んだことがあったけれど
自分がこんな事態にさらされるまで、なるほど、ぐらいにしか思いませんでした。

でも今は「どういうことか」身に沁みて分かります。


ここに来て Facebook などのタイムラインでも盛んに流れているこのことば、
TIPA のフランス日記」のスタッフ、Erico ちゃんが
彼らのファンページで詳しく説明していたので、引用させていただきます。


Fluctuat nec mergitur
フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル

この言葉、
13日のテロ直後にリピュブリック広場に描かれたグラフィティの映像で
目にされた方も多いのではないでしょうか?

ラテン語で書かれたこの言葉をフランス語に訳すと
Il est battu par les flots, mais ne sombre pas
日本語には次のように訳されています。
「たゆたえども、沈まず」

「波に翻弄されても、沈まない」という意味で
現代のパリの標語として、
パリの紋章(le blason de Paris)にも表示されています。

紋章はこちら→ https://fr.wikipedia.org/wiki/Blason_de_Paris

もともとは、昔のパリ
港町としてセーヌと共に歴史を発展させてきたパリに存在した、
水運業組合のシンボルでした。

「いつの時代も、どんな逆境に遭っても、パリは不滅だ」
という意味が込められていたのでしょう。

最近のテロの後には、このパリの標語は、
テロに屈しないパリを表現する象徴的な標語として、
様々な場所で引用されています。

個人的には、
1人の人が人生の逆境にある時に
励まされる言葉でもあるな、と思い
みなさんにシェアさせていただきたいなと思いました。

寒いので、暖かくしてお過ごしください。

スタッフより^^


TIPA のアントワヌが、パリ20区の電光掲示板を撮影した写真にも
このことばが書かれていました。

パリジャンたちへのひと筋の、でも太く確かな光。


しなやかに強く生きていくおまじないのことばとして
心に刻んでおこうと思います。

Erico ちゃん、ありがと。


Fluctuat nec mergitur sur Wikipedia

Bonjour.
Comment allez-vous ?


今月はいろいろありすぎて、体力的にも精神的にも下降線ですが、
そうもいってられないのが現実で。


わたしと友人がオーガナイズする展示会のギャラリーに赴くため、今夜通った République 周辺では、

  Boulevard Magenta の路肩に Gendarme の護送車 Fourgons が10台以上並び、
  あちこちに塊になった armées が武器を持って辺りを見回している・・・

という、物々しい雰囲気でした。


メトロの8番線も、怪しい小包が発見されたとかで、
メトロの通路やホーム、車内で何度もアナウンスが流れ
朝から上下方向止まっておりました。


こちらのテレビでは、2週間経つ今でも、
緊迫したニュースや débat が繰り広げられています。


しかも、KAMIKAZE(カミカーズ)が
「自爆テロ攻撃」の代名詞どころか呼び名となってしまい、
1時間のニュースで何度も発音される。論議の場で何度も叫ばれる。


最初はそれを耳にするたび憤慨し、とても悲しくなっていたんだけど

わたしにとって日本のカミカゼは
「自らの命を犠牲にした殺し合い」でも

日本以外の国では
「自らの命を武器にした殺し合い」

区別はないのかな、と思いました。


・・・

(それでもやっぱり腑に落ちない。)


今回の l'attentat はとてつもなく衝撃でした。
ふだんパリで生活していれば、一般市民には避けられようもない場所が
ことごとく標的として選ばれていたからです。


連続テロの犠牲者を出した Le Stade de France
小劇場 Le Bataclan も、師匠といっしょに訪れたことのある場所でした。

同スタジアムには3年前の10月12日金曜日にサッカー日仏代表の親善試合を観に行っていたし、
(今回も金曜の夜で、ドイツ代表との親善試合の真っ最中でした)
バタクラン劇場には、ここでも何度もご紹介している
大好きな Tomas FERSEN のコンサートを観に行きました。


カンボジアレストラン Le Petit Cambodge に至っては
わたしがちょうど今主宰している展示会の帰りにときどき寄っていた
親店 Le Cambodge の系列店で、歩いて1〜2分の距離にあります。
Le Cambodge はおばさんの作る料理がとても美味しいので
気に入って、機会があれば師匠やともだちと通っていた店でした。
いつ行っても若いパリジャンやパリジェンヌたちでぎゅうぎゅう詰めでした。

あの道 Rue Alibert の角を曲がった Rue Bichat には
わたしがパリに来て初めて作品を置いてもらった
セレクトショップ Objet Céleste が曲がったすぐのところにあり、
今でも近くを通ればときどき顔を出していました。


撃たれたのがなぜわたしじゃなかったのか・・・と考えてしまうほど、
いつ誰が銃撃に倒れてもおかしくない場所ばかりなのです。


そういうところをことごとく狙った今回の卑劣極まりない凶行は、
まさに多くのパリジャンやパリジェンヌ、フランス国民を
不安と恐怖の渦に陥れるには恰好で、周到に綿密に計画されたもの。
本当に強い憤りを感じます。

だからって、「目には目を」以上の形で空爆によって報復している Hollande さん。
わたしは全然納得いきませんが。


今では遠く離れてしまった日本の情勢にも疎く、
一生身を置くであろうフランスでも、移民のわたしは蚊帳の外。
わたしは一体、何を見て何を感じ、何をしてきたのだろうか?
そして今、なにをすべきなのか?

思うところはいろいろあるけれど、
ここでは控えさせていただきます。


犠牲になられた方々、ご家族に、周りの人々に
心から 心から 心から 哀悼の意を表します。


もう止めなくちゃいけない。
憎み合い、殺し合いを。

もう消えてしまった命のためにも、
今まだある命のためにも、
これから芽生える命のためにも。

こんなわたしのキレイ事が、当たり前の現実になる世の中を祈って。


KiKi

Coucou !
Comment ça va ?

おとといは興奮冷めやらず、結局 Le Pont de l'Alma ル ポン ドゥ ラルマ(アルマ橋)まで
Le feu d'artifice ル フー ダるティフィス(花火)を見に行ってしまいました。

先ほどの友人が、20時半から場所取りをしてくれていたのですが、
2時間以上前だってのに、わたしたちは2列目でした。
(パリではこの時期、日が落ちるのが22時半頃なのです!)

そして不運にも、わたしたちの前には背の高い中年カップル。
しかも女性のほうは、パーマのかかった髪を上の方で束ね、ふわふわーっと視角を遮ります・・・。


でも、エッフェル塔がバーンッとみえる素晴らしい場所でした。

のっぽさんカップル対策として、両腕をまっすぐ上に伸ばし、スマホで撮ることに。
眼ではのっぽカップルの男性と女性の間を縫うように見てました。

でもそのふたりが、盛り上がる場面になるたびキスするもんだから、あああああーって感じでした。


La Tour Eiffel
待つこと1時間、どうしよもなくヒマで飽き始めていたころ、面白い遊びを発見!
こんなん好きです♪


Le commencement du spectacle
始まりは、tricolore(トリコロール)に染まるエッフェル塔から。
Champs-de-Mars(シャン・ドゥ・マルス公園)から見ていたともだちの写真では、
エッフェル塔が、くっきり3色に描き出され、とても美しかったのです。
あそこを正面として、すべて設計されていたのですね。
やはり、来年は危険を承知で Champs-de-Mars かな。


夜空に浮かぶ La Tour Eiffel
写真も動画も、やはり実際に肉眼で見たのとは比べものにならない。


Le feu d'artifice #1
色づかいが、とてもフランスっぽいと思いました。


Le feu d'artifice #2
Tour Eiffel を駆使した花火は素晴らしかったです。
この写真は、わりと見た目に忠実に撮れました。


Le feu d'artifice #3
最後のほうで、Tour Eiffel のイルミネーションも始まりました。


Le feu d'artifice #4
でも le Pont de l'Alma で正解だったかも。
だって、la Seine の水面に映るキラキラが、とても綺麗だったんだもの。


動画もたくさん撮ってきましたよ。
En savoir plus からどうぞ♪

Coucou !
Comment allez-vous ?


いきなりですが、スミマセン!!!

昨日の記事のタイトル、タイプミスしてました。
訂正訂正。


  × jeuillet
    ↓↓↓
  ○
 juillet


本文中は全部あってたのに、なんでよりによってタイトルをまちがえたんだろう???
(と、なにげに自分は正しいアピール ↑↑↑)

まちがえてメモっちゃったかた、覚えちゃったかた、本当にごめんなさいです。


さて、日本から来ているともだちが le défilé militaire ル デフィレ ミリテーる
(軍事パレード)を見に行くというので
La banlieue Parisienne ラ バンリウ パりジェンヌ(パリ近郊)に住んでいながら
1度も体験したことがなかったわたしは、いい機会だと思い同行することにしました。

朝10時44分開始、と 14 juillet キャトるズ ジュイエ のサイトに書いてあったので
なんでそんなに中途半端なの?と思いつつ朝の弱いわたしはそのともだちのホテルに泊めてもらい、
9時半には les Champs Élysées レ シゃんゼリゼ で場所を確保。
1時間以上前なのにもう人はいっぱいで、前のフェンスから3列目くらいで見ることができました。

もっとも、わたしは Patrouille de France パトるィユ ドゥ フらんス
(フランス空軍のアクロバットチーム)の演技飛行にだけ興味があり、
Champs Élysées のパレードはどうでもよかったのですが、というかむしろ
日本の安保法制のこともあり、軍事パレードを見に行く=軍隊や軍事行為を肯定する、
という気がして、行くこと自体ためらわれたのですが、
フランスに生きながら 14 juillet を1度も経験しないのも残念!
と言い訳しつつ、参加してきたわけです。


と前置きが長くなりましたが、その軍事パレードの様子を写真でどうぞ。

Coucou !
Vous allez bien ?


今日は 14 juillet キャトルズ ジュイエ(日本語ではパリ祭)ですね。
正式には Fête nationale française フェットゥ ナスィヨナル フらんセーズ
(フランス国民祭/国祭)というらしいです。

今日、生まれて初めてこの 14 juillet に行われる
Le défilé militaire ル デフィレ ミリテーる(軍事パレード)を見に行ってきました。
お目当ては、Le défilé aérien ル デフィレ アエりあん(航空パレード)で
テレビでしか見たことのないトリコロールのひこうき雲を見ること!

そのレポートはあとで掲載するとして。


Patrouille de France


Le défilé militaire には、思っていたよりも人が来ませんでした。
あくまでも「思っていたよりも」ですが。
Charlie Hebdo のあと初めての行事だし、みんな警戒していたのかなぁ。

ところで、家で休んでいた師匠に
「来ていた人は(わたしもふくめ)、外国人と、田舎モンだけだったよ。」と
日本語で報告したとき

  Des étrangers et des provinciaux ?
  デゼトランジェ エ デプろヴァンショー?

と聞き返されました。

おお、「プろヴァンショー」って初めて聞いた!


でも気をつけてね。

これはわたしがつい言ってしまった「田舎モン」ということばと同じく、
ちょっぴり軽蔑的なニュアンスのある péjoratif ペジョらティフ ことばだそうです。


これから Le feu d'artifice à la Tour Eiffel ル フー ダるティフィス アラトゥーるエッフェル
(エッフェル塔での打ち上げ花火)を見に行こうか迷っています。

とっても疲れてるんだけど、せっかくだから見に行ってみようかな?


Le 14 juillet 2015 à Paris


Le 14 juilletTIPA のフランス日記で見てみる?
7月31日までに無料体験に登録すれば、パリ祭のエピソードを見ることができます!

フランス・パリからのルポルタージュ、
フランスの気になるニュースや
フランス語でのインタビューなどの INDEX です。


LES FÊTES, LES CÉRÉMONIES ・・・ 行事

 * Le dimanche de Pâques Nº1
 * Le dimanche de Pâques Nº2

 * よいお年を!!!
 * BONNE ANNÉE !!!!!
 * エピファニー

 * Le 14 jeuillet ・・・ パリ祭。
 * Défilé Militaire ・・・ 軍事パレード。
 * Le feu d'artifice à la Tour Eiffel ・・・ エッフェル塔での花火。


DIFFÉRENCE CULTURELLE ・・・ 日仏文化のちがい

 * LES CRÊPES
 * LA FIN DE SÉJOUR AU JAPON


INFORMATIONS ・・・ 気になるニュース

 * フランスの IT 用語がまたまた変わる?
 * PODCAST は英語すぎる?


TIPA ・・・ TIPA のフランス日記

 * TIPA Interview - Prologue
 * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。

 * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。


FIFA Coupe du Monde 2006 ・・・ FIFA ワールドカップ 2006

 * ZIZOU PROPULSE LES BLEUS EN FINALE !!!!!!!!!!

 * Zidane 選手のインタビュー Nº1
 * Zidane 選手のインタビュー Nº2
 * Zidane 選手のインタビュー Nº3
 * Zidane 選手のインタビュー Nº4
 * Zidane 選手のインタビュー Nº5
 * Zidane 選手のインタビュー Nº6


Divers ・・・ その他いろいろ

 * Discours de Coco le perroquet ・・・ オウムの Coco のおしゃべり。

Coucou !

さてさて、パックのお話のつづきです。
ひきつづき、大昔の師匠からのメールを使ってご紹介します。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


Mais une fois que les enfants arrivent, on doit tout laisser de côté car la seule chose qui compte à ce moment-là, c'est :

  Est-ce que les Cloches de Pâques sont passées ?

Et il semble bien que... OUI ! Cette année encore, on a de la chance ! Et comme d'habitude, les Cloches ne se sont pas données la peine d'entrer dans la maison pour déposer les cadeaux (en passant par la cheminée, comme le fait le Père Noël); elles les ont négligemment jetés du ciel, en vrac !

Heureusement, ce n'est pas tombé trop loin. Mais il faut faire attention où on met les pieds pour ne pas marcher sur des œufs... en chocolat bien sûr.


Attention, attention, doucement...Attention, attention, doucement...


Il faut aussi savoir lever le nez, car certains paquets sont restés accrochés dans les buissons ou aux branches des arbres.


Et Voilà !Et Voilà !


La course aux œufs commence ! C'est la grande différence avec Noël, où les cadeaux arrivent dans les chaussons de chacun ; à Pâques, il faut trouver les cadeaux, et si possible avant les autres. Alors il faut bien chercher, et ce n'est pas toujours si facile.


Lève le nez, Chloé !Lève le nez, Chloé !


Et puis il faut courir pour rassembler les cadeaux. Et puis encore fouiller, et à nouveau courir.


Elle est très sérieuse, trop mignonne !!!Elle est très sérieuse, trop mignonne !!!


Ne lance pas les œufs !Oh là là Arthur, ne lance pas les œufs, c'est fragile !


Tout le monde court dans tous les sens !Tout le monde court dans tous les sens !


Ça y est, j'ai encore trouvé !Ça y est, j'ai encore trouvé !


Il ne reste plus qu'à remercier très fort les Cloches pour tous ces cadeaux... et puis on refait un petit tour avec les grands, qui savent toujours où se cachent les quelques œufs qu'on a oubliés.


Ouais, beaucoup de cadeaux !!!Gagné ! On a trouvé tous les cadeaux laissés par les cloches de Pâques.


Toujours sériieux...Il faut avoir l'œil pour trouver les derniers œufs cachés dans l'herbe et les buissons.


Après tant d'émotions, on peut enfin passer à table. Mais certains n'ont plus très faim, car ils ont déjà grignoté leurs cadeaux en chocolat !


On commence à avoir des fourmis dans les jambes.Le repas s'éternise. A la table des enfants, on commence à avoir des fourmis dans les jambes.


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Coucou !

フランスは、昨日の夜中の2時に3時になりました。
ってややこしいけど、2時が飛んで3時になった、つまり夏時間の到来です。


さてさて、今日はパック(イースター:復活祭)の日曜日。

ちょっぴり出遅れちゃったけど、
大切な大切なパックについてここで書いたことがなかったので
7年前の師匠からのメールを使ってご紹介します。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


Aujourd'hui c'est le dimanche de Pâques !!!

Pendant que le Pape prononce sa bénédiction « Urbi et orbi » à Rome, on s'active dans la maison, car on attend du monde, beaucoup de monde.


Table pour les grands


On prépare deux tables : une pour les grands et une pour les petits.


Table pour les petits


Elles sont toutes les deux décorées avec des oeufs, des cocottes, des canards, des lapins... en chocolat. Mais pour l'instant, interdit de manger la décoration !


Pâtes de Pâques


Pour le déjeuner, Maman a prépardé deux énormes pâtés de Pâques, et le traditionnel gigot de mouton, accompagnés des ses haricots (blancs et verts).


Gigot de mouton


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Coucou !!

去年はフェーヴも王冠もなかったガレット・デ・ロワ。
最近は日本のパティスリー pâtisserie なんかでも見かけるようになったね。
フランス語のつづりは la Galette des Rois です。


今年も性懲りもなく chez PAUL で買ってきたよ。

フェーヴ la fève と王冠 la couronne がちゃんとついてるのか、
また残念なコトにならないよう、予約前に確認。

日本の PAUL だと fève は自分で裏側から入れるんだって。
フランスでは焼く前にもう入れてあるんだ、もちろん。

日本だと「異物が混入してました!」とかクレームがあるのかしら。
それにしても、夢がないなぁ・・・。


そんな Galette des Rois でのお祝い、どんなふうにするの?

ガレット・デ・ロワ

まず、Galette des Rois とはどういうものかっていうと。

日本でいうパイ生地(何層にもなっているもの)の中に、
「フランジパン」とよばれるアーモンド・クリームが入っています。
うーん、クリームといってもあれほどなめらかじゃなくって、
パンプキン・パイとかポテト・パイのようなパサッ・ネトッとした感じ。

その中にフェーヴをそっと隠してあるものが売ってて
(手づくりにもそのうち挑戦してみよう・・・)
それをオーブンで温めて、人数分に切り分けます。


さあ、ここからがはじまり!

配るひとはひと切れずつお皿にとって、いちばん年下の子(ひと?)に
Pour qui ?!「だれのぶん?!」とたずねます。

年下のひとはフェーブが見えちゃったりしないように
ズルしたりケンカしたりしないように、テーブルの下からこたえます。

そうやってガレットを配りおわったら、BON APPÉTIT !!


フェーヴ fève が当たったひとはラッキー♪
その日1日王さまになれます。

王冠は、王さまがほかのメンバーの中から女王さまを指名して
かぶせてあげてもよし、自分でかぶってもよし。

そして、フェーヴをもらえた年初めの幸運は、
その年1年間つづくともいわれてるんだって。


フェーヴ une fève とはフランス語で「そら豆」を意味します。
だいたい現在では、陶器でできていて色づけされたお人形や
シンプルに絵が描いてあるものや宝石のかたちをしたものなどさまざま。

かわいいからコレクションしているともだちや家族もいます。
あつめてるひと、多いんじゃないかな?


で、エピファニーは移動祝日なので、
必ずしもこのお祝いを1月6日にやるわけじゃなくって、
ノエル(クリスマス)から数えて2回目の日曜日にやるんだって。

フランスでは、1月1日までがクリスマス休暇だから、
1月2日からこの Galette des Rois が売り出されるのだそう。

はじめて聞いた!っていうだれかさんがいたら
来年はエピファニーのお祝い、してみてね♪♪♪


 * フランスのお祝い ・・・ Épiphanie !

 * エピファニー

 * フランス語の Wikipedia で Galette des Rois
 * 日本語の Wikipedia でガレット・デ・ロワ

Coucou !!

KiKi が出張先のパリからおくる旅行+冒険記&ぼやき
今回は、手作りオルゴールの曲にのせてお送りします。

  


写真などは RiKiKi:photo:labo のほうにアップしています。
興味のあるかたはのぞいてみてくださいね。


ではまた明日!!
À demain !!

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

8年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris