エリック・カールの絵本 第1弾

今日は Eric Carle のフランス語版の絵本を。

La maison du bernard-l'hermite

彼のコラージュや独特の色づかい、デフォルメのしかたがわたしは大好き。
見ているだけでも楽しいです。

フランス語も、そんなにむずかしくないのですらすら読めちゃうと思います。
彼の代表作はご存じ「はらぺこあおむし」ですが、どの絵本も傑作ばかりです。

今日は、そのうちのいくつかをご紹介しますね♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

La chenille qui fait des trousLa chenille qui fait des trous

彼の代表作といえばこの「はらぺこあおむし」
これはカルトン版です ボード・ブックというのでしょうか
昔の絵本のような、厚めの段ボールのような紙です
角はまるく落とされていて、チビッコたちにも安全です


しかけもアイディアも色づかいもおもしろくて、
この絵本はバージョン・大きさちがいで数冊持っています

La chenille qui fait des trousLa chenille qui fait des trous

こちらはソフトカバー版のコンパクトな絵本です
しかけは同じだし お手頃でとってもかわいいです

Le grillon qui n'a pas de chansonLe grillon qui n'a pas de chanson

大型ハードカバー絵本です

Les kangourous ont-ils une maman ?Les kangourous ont-ils une maman ?

カンガルーにママはいるの? じゃあライオンには?
とつづく、かわいらしい絵本です

Le Caméléon Méli-MéloLe Caméléon Méli-Mélo

この絵本は、カメレオンがいろいろな動物に出会って
それぞれのパーツを・・・これ以上はひみつです♪
とにかく、表情やしぐさも、マチエールもぜんぶかわいい。

Une si petite graineUne si petite graine

ちっちゃなちっちゃな種が空を飛んで、
冒険をして、とってもちっちゃいのに最後には・・・ひみつ♪

エリック・カールはドイツの出身、アメリカ育ちです。
もともとはグラフィック・デザイナーだったとか。
さすがにやっぱり・・・と納得。

彼の絵本の文章は、会話のようだったり語りかけだったり、とてもシンプルなフランス語がつかわれているので、初心者さんでもきっと楽しく読めますよ♪