仏の顔も三度。

今日も「3度」という数字が出てくることわざ。
フランス語では、3じゃないんだけど。

Une fois n'est pas coutume.

「1回は習慣にならない。」

* fois : 回
* coutume [n.m.] : 習慣、ならわし

これには、ふたとおりの意味があるみたい。

1.1回ならクセにならないだろう。(今度だけは大目に見よう)
  → ふだんあまりしたことのないことをしちゃったとき、したいと思ったときの口実にするんだって。

2.何度も許すわけにはいかない。(仏の顔も三度)
 → こっちは、1度許されたものがまた同じことをやらかして許してくれ〜なんて頼まれたとき、断るためにいうそう。
   1回許したからって、いつも許すとは限らないぞ、って感じ?

数字に関することわざや成句って、たくさんたくさんあります。
すこしずつ、ご紹介していきたいな。