C'est du gâteau ! ・・・ 朝めし前だ!

Coucou !
Comment allez-vous ?

昨日、gâter という単語を紹介しました。
「甘やかす、ダメにする」なんていうほうの意味を聞いたとたん、わたしの思考は一気に gâteau へ・・・。

飛びすぎ?
いやいや。

Gâteau には、誰もが知る「お菓子」や「ケーキ」という意味以外に、こんな表現があるんです。

Papa(-)gâteau
パパガトー
「親バカ父ちゃん」

と訳をつけたけど、日本語の親バカっていうのとちょっとちがうのかなぁ?
子どもに対して甘く、過保護だったり、なんでも与えてしまったり、なんでも許してしまったりするお父さんのことをこう呼ぶんです。

Gâteaugâter は親戚なんじゃないかと師匠にいったら「ありえるな」ということになり、語源辞典を調べました。

わたしたちの意に反して、残念ながら出自は年も元となった単語も似通ってはいるものの、バラバラ。
でもどこかできっと交わったんじゃないか、と師匠は読んでいるようです。

さて、この gâteau ということばですが、こんな使い方もします。

C'est du gâteau !
セデュガトー!
「こりゃガトーだぜ!」

分かりやすくほかの表現に置き換えると

C'est facile !
セファシル!
「こりゃ簡単だ!」

つまり、「甘っちょろいぜ!」といったところでしょうか。

❈ タイトルは「朝めし前だ!」としたけど、フランスでは朝食前にお菓子を食べる、ってことじゃないよ、念のため♪

これ、否定形でも使えます。

C'est pas du gâteau !
セパデュガトー!
「そんなに甘くないぜ!」

これは

C'est pas facile !
セパファシル!
「こりゃ簡単にはいかないな!」

という意味ですね。
これと同じ意味をもつ、もうひとつの表現を。

C'est pas de la tarte !
セパドゥラタるトゥ!

こちらの「タルト」を使った表現のほうは、肯定文で使われることはないんだって。

それじゃ、またね。
A très vite !