「はじめまして。」

今日は、はじめてあったときのあいさつ、そしてかるめに自己紹介。

Je me présente, je m'appelle Henri.

「自己紹介します、ぼくの名前はアンリです。」

フランスでは(日本でも?)まず自分の名を名乗ってから、「はじめまして。」というのがふつうです。

で、それに応えるひとはまず相手に合わせて「はじめまして。」といってから、次に自分の名を名乗ります。

Enchanté.

「はじめまして。」

enchanté(e) はもともと「とてもうれしい」という意味をもちます。
つまり、このことばに含まれるニュアンスは「お目にかかれて光栄です」みたいな感じ?

発音的には同じなのですが、文字にすれば、

男性がいう場合は enchanté
女性がいう場合は enchantée

となります。

Ravi de vous rencontrer.

「あなたにお会いできて大変うれしく思います。」

Ravi de faire votre connaissance.

「あなたとお近づきになれて大変うれしく思います。」

この ravi(e) も「たいへんうれしい」という意味で、Je suis ravi(e) de 〜「わたしは〜ことがたいへんうれしいです。」の「わたしは」の部分を省いちゃってます。

女性がいう場合は同じく ravie になります。

では、誰かにほかの知り合いやともだちを紹介するには?

KiKi : Antoine, je te présente mon ami Henri. Antoine, Henri. Henri, Antoine.
「アントワーヌ、わたしのともだち、アンリを紹介するわ。アントワーヌ、アンリよ。アンリ、アントワーヌよ。」

Antoine : Enchanté.
「はじめまして。」

Henri : Moi de même.
「こちらこそ。」

これが一般的な、フランス流の紹介のしかた。

「アントワーヌ、アンリよ。」というときにはアントワーヌのほうを見ながら、エレベーターのお姉さんのようにアンリのほうに手をかざします。そして次に「アンリ、アントワーヌよ。」というときにはさっきと逆のジェスチャーをします。(ちなみに、どちらを先に紹介してもかまわないそう。)

覚えておくと、ともだち同士を引き合わせるとき、とても役に立つんじゃないかしら。

いろんな出会いのあいさつのあとにすぐつづく「げんき?」については、また次回にご紹介します。

今日のフランス語単語・重要表現

* me présente : se présenter
  「自己紹介する」一・単・直・現
* m'appelle : s'appeler
  「〜という名前である」一・単・直・現

* ravi(e) :「とてもうれしい」
* de + 不定詞 : 〜することを
* vous : あなたに
* rencontrer : 出会う
* faire : 成す
* votre : あなたの
* connaissance : 知り合い、知り合うこと

* présente : présenter
  「(人を)紹介する、引き合わせる」一・単・直・現
* mon : わたしの
* ami : ともだち(男性。女性は amie)

* moi de même =「こちらこそ、わたしもです」