しっかり学ぶフランス語―発音と文法と練習問題

ヒィィィィィィィィーーー!!!

Pxxxxx DE Mxxxx !! FC2 fait des blagues aujourd'hui !!

また、1時間かけて書いたものが、ポチッと保存を押したらぜんぶ消えた・・・なんにもない・・・
#$▲%+◇☆¥◎&○!!!、FC2 !!

さて・・・気を取りなおして。

今日はうちの気まぐれお嬢さんのために
いろいろ探してみて、やっとえらんだこの本。

泣きそう・・・
レビューは en savoir plus からどうぞ・・・・・・・・。

この本は、とっても親切な入門書だよ・・・。
もちろん、CD もついてる・・・。
(また最初から書くの、すごーくブルーだけど、がんばります)

わたしのはじめたころは、フランス語の CD つきテクストなんて存在してなくって、高い別売りのカセットを買うお金もなかったなー。
今の時代はいいよね♪

このシリーズは、なかなかよくできている!
わたしはこれのイタリア語版とスペイン語版をもってて、いろいろ見た中でもホント、分かりやすくて説明もくわしかったんだよね。

だいたい、「速習」「○日で分かる」「すぐに話せる」とうたい文句のついた本は、手に取ってみようという気も失せる。

母国語だってさ、9年間の義務教育の中、そして高校でも、かなりの時間をさいて学んでいくよね。
国語が得意だったわたしでも、いまだに分からないことだらけ。
しらない漢字もことばも表現もいっぱいある。

それなのにさ、外国語を速習できる魔法なんてどこにもない!

だいたいそういう本ってのは、ぜんぶ見たことないからたいていの場合、だけどね、簡単に書きすぎ。
そりゃすぐ分かった気分になるよね・・・。
それが、外国語にたいするまちがった認識を生むと思うんだけど。

おっと、無駄話がつづかないうちに。

まずはね、この本、発音とつづり字の読み方に本書の3分の1〜4分の1をかけてる、スゴイ!!

これ、大切!

はじめてのひとは、きっとおもしろくないから、早く単語を覚えたい、早く文章を作れるようになりたい、って先を急ぐよね、たぶん。
わたしもそうだったように・・・ね。

これが「つかえないフランス語」学習のはじまりはじまり!!

さて、単語をたくさん覚えました。
フレーズも覚えました。
カタカナのふりがなといっしょにね。

で、現実にフランス人の発するフランス語を聞いてみると・・・

え?ちんぷんかんぷん?
あんなにいっしょうけんめい勉強したのにぃ〜!

これが、チャットとメールと会話本だけで勉強して、はじめてフランス人とサシで会話したときの、わたし。

字面では分かるのに、読めるのに、実際の音だけだと理解できない。。。

しょうがないから紙に書いてもらったのを見ると、あらまー、わたしもしょっちゅうチャットでつかってるフレーズじゃん!!

単語だけ覚えても、文になると発音ちがっちゃうからなー。
リエゾンにアンシェヌマン・・・アクセントも変わってくるしね。

だから、単語なんかを覚えるにしてもね、読み方を知ったうえで、声に出しながら学ぶことは大切だよ。
視覚だけじゃなく、口と耳と目とからだと、ぜーんぶ総動員でね。

おっと、また無駄口たたいてる・・・
Revenons à nos moutons !!

Amazon のレビューで

― 数字が100までしかのってない
― 接続法や条件法について、言及していない

ってみたとき、逆に「これだ!」って思いました♪

だって、入門でしょ?
100以上の数字なんて、そのあとに覚えればいいじゃん!

接続法と条件法?
いらない、いらない。直説法でじゅうぶん!

たとえば、「アー」とか「ウー」とか見よう見まねでやっと発音できるようになった赤ちゃんはもちろんのこと、意味が通じるくらいに話せるようになったチビッコだって、いきなりそんな複雑な文法でしゃべらないって。

だいたい、1冊の本でぜんぶ紹介しようって方が欲ばりだよー。
ステップ・バイ・ステップだもん。

そういう難しそうな項目がいっぱいならんだ目次を見たら、「うわっ、ムリ!!」って思っちゃうよー、わたしだったら。

この本は、項目を削ってあるぶんほんとうに基礎の基礎をしっかり学べると思うな。
ひとつひとつのことに対して、ていねいで分かりやすい解説をしてくれてる。

パラパラッとめくっただけで、「なるほど、そうだったのかー!」ってうなずけることも紹介してくれてるから、わたしも一度、最初から通して読んでみたいと思ってます。

というのが、この本をえらんだ理由。
はじめての1冊としてはかなりオススメだよ♪

ていねいな文体で書いてたのに、いきおいで書きなおしたから、かなり馴れ馴れしい口調になっちゃった〜♪♪♪

たぶん、書き忘れたこともいっぱいあるんだろうな。

ちなみに、彼女はこの本、学校にももっていってます。
休み時間にも読んでるんだって。

あんなにフランス語をイヤがってたのに、けっこう気に入ってくれたみたいで、ひと安心♪