いろんな質問「何時?」「何日?」「何曜日?」

と、フェイントかけといて・・・もういっちょ、やっちゃおうかな?

さて、ほんとうは日付のいい方と時間のあらわし方をやりたかったのですが、いっぺんには覚えられないと思うので・・・

こっちのが、コミュニケーションぽくて楽しいもんね♪

「今何時ですか?」

時間を聞くとき。
わたしが最初に覚えたのがこの倒置法の疑問文。

Quelle heure est-il ?
「今何時ですか?」

Il est 9 heures moins le quart.
「9時15分前です。」

時間のあらわし方は、別のレッスンでくわしくやりましょうね♪

次に、師匠がよくつかうのは、こちらの平叙文(ふつうの文)の語尾を上げたもの。
話しことば専用ですが。

Il est quelle heure ?

* Il est ・・・.(非人称構文)
「今は何時です」のように、漠然としたものや「誰」というはっきりした主語がない場合につかいます。

さて、知らないひとに時間をたずねたいとき。

Vous avez l'heure ?

これは、「あなたは時間(時計)をお持ちですか?」と間接的に時間をたずねる表現です。

「今日は何月何日ですか?」

正確な日付を知りたい場合・・・

Quelle est la date d'aujourd'hui ?
「今日は何月何日ですか?」

On est le 10 juin.
「今日は6月10日です。」

「日」は jour ですが、日付をたずねる場合 date をつかいます。
これは、ホテルの予約などでも質問されますので、覚えておいたほうがイイかも♪

On est ・・・. は「(わたしたちは)・・・です。」という表現。
日にちの前には、定冠詞 le をつけてあげてね。

「今日は何日ですか?」

これは、日にちだけ知りたい場合。

On est le combien ?

「何日ですか?」

On est le 10.

「今日は10日です。」

On est samedi 10.

「今日は10日土曜日です。」

こんなふうに、曜日もいうときは冠詞はいりません。
月日のいい方については、また別のレッスンで。

ちなみに jour をつかうと、次の質問になります。

「今日は何曜日ですか?」

On est quel jour ?

答えるときにはさっきやったみたいに、

On est samedi.

「今日は土曜日です。」

前置詞も冠詞もいらないから、簡単でしょ?

次は、何時に、何日に、あと何時間後に、なんて質問を。

「何時に・・・ですか?」

A quelle heure partez-vous ?
「何時に出発されるのですか?」

A 10 heures du soir.
「夜の10時です。」

partir パルティール 「出発する」
arriver アリヴェ 「到着する」
sortir ソルティール 「出かける」

などや、ほかの完了動詞では、だいたい近い未来の場合、未来形をもちいず、例文のように現在形であらわします。

完了動詞とは、上にあげた「出発する」「到着する」のような、その行為をはじめた時点でもう終わるもののこと。
これについても、別のレッスンでじっくりやりましょう。

さて、上の質問を平叙疑問文(話しことばのみ)にしてみると?

Vous partez à quelle heure ?

念のため、漠然と「いつ」とたずねる場合は

Quand partez-vous ?

「いつ出発されるのですか?」

話しことばでは

Vous partez quand ?

「どれくらい時間がかかりますか?」

Combien de temps faut-il pour aller à Paris ?
「パリに行くには、どれくらい時間がかかりますか?」

Il faut 12 heures.
「12時間です。」(直行便でね♪)

話しことばでは

Il faut combien de temps pour aller à Paris ?

* Il faut ・・・.(非人称構文)
これも「誰」という人称のないもの。
「・・・が必要だ」「・・・しなければならない」という表現です。

「あと何時間ですか?」

という表現はないそうでーす♪

「あとどのくらいの時間ですか?」

Dans combien de temps arrive-t-on à Lyon ?
「あとどのくらいの時間でわたしたちはリヨンに着きますか?」

Dans une demi-heure.
「あと30分です。」

「○時間後」(ほかにも分・日など時間的なもの)をあらわすには、前置詞 dans をつかいます。

話しことばでは、

On arrive à Lyon dans combien de temps ?

On arrive dans combien de temps à Lyon ?

行き先・時間の語順はどちらでもいいそう。

「あと何日ですか?」

正確な「何日後に」というのを知りたいときの表現。
だから、答えるひとも、正確な日にちを数えてね。
「何ヶ月後」なんて答えることはできません。

Il arrive au Japon dans combien de jours ?
「彼はあと何日で日本に来ますか(到着しますか)?」
(この場合、正確な日付(つまり到着)をさすので日本語としっくりきません)

Dans 35 jours.
「あと35日です。」

「・・・してからどのくらいですか?」

Ça fait combien de temps que vous êtes là ?

「あなたたちはどのくらいここにいますか?」

こんなふうに que で「・・・してから」などの節をつないであげることができます。

今日のフランス語単語・重要表現

* quelle : どの(女性単数名詞のものをさして)
* heure [n.f.] : 時間
* est-il : il est の倒置形。

* moins :(時刻で)・・・分前
* quart [n.m.] : 4分の1、15分

* avez : avoir「もつ」二・複・直・現

* date [n.f.] : 日付、月日
* d' = de : の
* aujourd'hui : 今日

* combien [n.m.] : (冠詞をつけて)何日

* quel : どの(男性単数名詞のものをさして)

* partez : partir「出発する」二・複・直・現
* du = de + le
* soir [n.m.] : 夕方、夜(活動している時間)
* quand : いつ

* combien de ・・・ : どれだけの・・・
* temps [n.m.] : 時間
* faut : falloir「必要である」三・単・直・現
* pour : ・・・するのに、・・・のために
* aller : 行く
* à : ・・・に

* dans :(時間で)あと・・・、・・・後
* arrive : arriver「到着する」三・単・直・現
  三人称で、母音で終わる動詞の活用形と倒置する場合、
  母音の連続をふせぐため、または発音をほかの三人称単数の活用形
  (vient, prend(d はリエゾンすると t の音になります)etc.)
  と合わせるために t をいれてあげます。
  → arrive-t-on, arrive-t-il, arrive-t-elle
* demi-heure [n.f.] : 半時間、30分

* vient : venir「来る」三・単・直・現
* au = à + le : ・・・に
* Japon [n.m.] : 日本
  (-e でおわる国名は女性名詞、ほかは男性名詞になります)

* ça fait ・・・ : ・・・になる(時間)
* êtes : être「・・・にいる」三・複・直・現
* là : ここ