Point d'exclamation ・・・ びっくりマーク!

Coucou !!!

今、ブログのお引っ越し作業を進めています。

いつまでも応急処置のままで置いとくわけにもいかず、それにしても現行のタグとコードでは余計なものが多くて重くなる。
さらに、ネットの世界は技術もモードもどんどん変わるので、すっかり取りのこされていました。

なにしろ、もともとのサイトが2002年誕生で、さらにブログをはじめたのが2006年、その12年間お引っ越しを6回ほどくり返しているので、サイト自体がもうパッチワーク状態・・・。

もう使えないタグとか、昔の流行りで書いたコードとか、あちこちにちりばめられてて。
しかも、現行のシステムが、これまた重いんです。

そしてわたし、ヘンなところで改行するクセがあるんですね。
自分のスマホで確認したら、画面の幅が変わることでレイアウトがくずれて、見にくいのなんのって!

どうにもならないので、システムまるごときれいにしちゃおうとしたら、アップグレードが10万円近く(!!!)かかるらしい。
それはいくらなんでも、師匠がいうところの

Ça fait mal aux fesses !!!
サフェ マローフェス !!!
「尻がイタイ!!!」
(それはわたしの尻を痛めつける= 経済的な打撃が大きい)

なので、乗り換えを決めました。

新しいシステムで書いた記事、これが読みやすい!!!
デフォルトで、レスポンシブデザイン(ひとつのコードでPCでもスマホでもタブレットでもきれいに見える)が装備されてますから、楽チンです♬

ただ、上のような事情で記事を1件1件読みながら書き換えているので(赤くみえるところとか、ふとくみえるところとか、改行位置とか、すべてお直し!)えらく時間がかかっております・・・
気長にお待ちください。

さて、前置きが非常に長くてゴメンナサイ。

今日は、とってもささいだけど、気になるひとには気になっちゃう話題。
フランス語の中での「符点」つまりは、ピリオドや、本日の前置きで連打したびっくりマークなどについて。

符点のことは、フランス語で

Le point
ル ポワン

といいます。

「符点」をまとめて表すだけではなく、は単に「ピリオド」のことも指しますし、「符号(点をともなったもの)」つまりコロンやセミコロンのことも指します。

以下、符号や符点の読み方です。

Un point d'interrogation
アン ポワンダンテろガスィョン
「疑問符」

Interrogation とは、「質問」や「問いかけ」などの意味。
動詞は interroger です。

Un point d'exclamation
アン ポワンデクスクラマスィョン
「感嘆符」

Exclamation とは、「叫び声」や「歓声」などのこと。

Deux-points
デゥーポワン
「コロン」

これは、見た目そのままですね。
師匠に訊いたところ、こちらは定冠詞も不定冠詞もつかず、「不変」なのだそう。

Un point-virgule
アン ポワンヴィるギュル
「セミコロン」

Virgule とは、カンマのこと。

Un point de suspension
アン ポワンドゥスュスポンスィヨン
「中断符」

中断符とは、... のことですね。見えるかな?

Suspension とは中断・宙吊りの状態のこと。
「サスペンス」などもここからきていますね。

❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈ ❈

さて、話している途中で

Blablablah... Point.

なんていわれたら。
これは「以上です。」(もう何も話すことはありません。)という意味。

相手はそこで話を締めたいか、それ以上話したくない(=怒っている場合もある)という意思表示です。

フェードアウトする・したい場合や考え込んでしまうときは

Point point point...
ポワンポワンポワン・・・

と師匠はいいます。
これはフランス標準なのかな?

そしてわたしが、あることを学んで以来、とても気になるのが・・・(ポワンポワンポワン・・・)

フランス語と英語での、point d'interrogationpoint d'exclamation もっといえば、ほかの符点、コロンやセミコロンの置き方なの。

置き方?

そう、このふたつの言語では、符点の置き方がちがうのです。

Bonjour ! Comment ça va ?

Hello! How are you?

分かりましたか?

そう、フランス語の場合、単語と符点の間にはスペースがはいります
英語の場合は、ぴったりくっついてますよね?

英語に慣れたあとにフランス語を学んだひとは、ちょっとびっくりかもね。

この原則は、コロンやセミコロンをつかう場合でも同じ。
コロン、セミコロンと後ろの文のあいだはどちらの言語でもスペースを入れますが、前の文とはフランス語ではスペースを入れ英語ではくっつきます

フランス人でも、英語をつかう習慣があるひとなんかは、フランス語を書くときでもくっつけて書きます。

ちなみに。
師匠の弟、Benjamin にいわせると、日本人がよく書く「!!」(びっくりマークふたつ)はフランス語に置き換えるとおかしいんだって。

昔、自分で書いた仏文を Benjamin に直してもらったことがあるのですが、彼はわたしの書くフランス語の中の「!!」が気になったみたい。

「これはぼくには奇妙に見える。Point d'Exclamation は、ひとつかみっつにしたほうがいいよ。」

と教えてもらいました。
これもフランス標準なのかな・・・みなさんはどう?

符点や句読点の読み方なんてどうでもいいと思ってたんだけど、これって dictée ディクテ(書き取り)するときには必要になってきます。

10年住んでもフランス語のオフィシャルなメールをひとりで書けないわたしは、師匠に文章を作ってもらって、それを聞きながらタイピングしていくことが多いので、そのときに覚えたのです。

まだ登場してない句読点もあるから、また次の機会に。

ではね。
A bientôt !