JE と MOI ・・・ 強勢形人称代名詞。

Coucou !!

今日はね、だいぶ前にいただいたご質問にお答えします♪
JE と MOI のつかい分けについて。

くわしく書いたらまたまたすっごく長くなっちゃった。

さて、まずカンタンにひとことでいっちゃうと、je は「わたしは」、moi は「わたし」です。

つまり・・・

Je は動詞をともなってつかわれます。
Moi は独立して、名詞的につかえます。

わかりやすい例をあげてみると、

Tu viens avec moi ?
テュヴィヤン アヴェックムワ?
「わたしといっしょに来る?」

つまり、下のようにはいえないってこと。

Tu viens avec je ?

この moi の形の人称代名詞を『強勢形人称代名詞』といいます。
ひととおりの人称を見てみましょう。

* 強勢形人称代名詞

わたしは je
わたし  moi

きみは tu
きみ  toi

彼は il
彼  lui

彼女は elle
彼女  elle

わたしたちは nous
わたしたち  nous

あなた(がた)は・きみたちは vous
あなた(がた)・きみたち   vous

彼らは ils
彼ら  eux

彼女たちは elles
彼女たち  elles

この強勢形をつかうのはおもに次のようなときです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

* 強調するため

Moi, j’aime pas la bière.
モワ、ジェームパラビエール。
「わたし、ビールは好きじゃないの。」

Et toi, tu vas bien ?
エトワ、テュヴァビャン?
「で、きみは元気なのかい?」

Je l’aime pas, elle.
ジュレームパ、エル。
「あのコ、ぼくは好きじゃないな。」

* 属詞として(être のあとに)

C’est moi.
セモワ。
「それはわたしです。」

C’est eux.
セウー。
「それは彼らだよ。」

* ここでは「それは・・・だ」というプレゼンテーションなので、「彼ら」でも ce sont ではなく c’est と単数をつかいます

* 関係代名詞、形容詞などといっしょに

Moi qui ne lis pas bien le français, je ne peux pas t’aider à faire cette traduction.
モワ キヌリパビャン ルフランセ、ジュヌプパテデー アフェール セットゥトラデュクスィヨン。
「フランス語がうまく読めないわたしに、きみのその翻訳を手伝えないよ。」

Lui, complètement saoul, est tombé dans la rivière.
リュイ、コンプレットゥマンスゥー、エトンベ ダンラリヴィエール。
「すっかり酔っぱらいの彼は、河に落ちた。」

* 肯定命令形で、補語として

Donnezmoi un verre d’eau, s’il vous plaît.
ドネモワ アンヴェールドー、スィルヴープレ。
「(わたしに)水を一杯ください。」

Taistoi !
テトワ!
「だまれ!」

* 前置詞のあとで(・・・と、・・・に、・・・を、・・・のために etc.)

Tiens, c’est pour toi.
ティャン、セプルトワ。
「ほら、これきみに。」

Je pense à vous.
ジュパンス アヴー。
「あなたたちのことを想っています。」
* Je vous pense. とはいえません

Thomas est parti avec elles.
トマエパルティ アヴェッケル。
「トマは彼女らといっしょに帰る。」

Je ne veux pas aller dîner chez eux.
ジュヌヴパザレ ディネシェズー。
「わたしは彼らの家に夕飯を食べに行きたくない。」

Vous vous souvenez d’elle ?
ヴヴスゥヴネデル?
「彼女のこと、覚えてらっしゃいますか?」
* se souvenir de qn/qqch =「・・・を思いだす、覚えている」

* 接続詞でほかの名詞や代名詞とつながるとき

Chloé et moi, nous allons faire les boutiques.
クロエエムワ、ヌーザロンフェール レブティック。
「クロエとぼくはショッピングに行く。」
* faire les boutiques =「ショッピングをする」

Je vous embrasse, ta famille et toi.
ジュヴザンブラッス、タファミーユ エトワ。
「きみときみの家族にキスを。」

*「○○と△△」という場合、moi(自分)は最初にいってはダメ。自分により近いひとをあとにいうのがマナーです。

* 比較や制限など、comme, que といっしょに、名詞的に

Ils sont paresseux comme moi.
イルソンパレスー、コムモワ。
「彼らはわたしみたいになまけ者ね。」

Il n’y a qu’elles pour penser des choses comme ça.
イルニャケル プルパンセ デショーズコムサ。
「そんなこと考えるの、彼女たちだけだよ。」

* aussi, non, non plus, seul などの前

Je t’aime, moi aussi.
ジュテーム、モワオースィ。
「ぼくも愛してるよ。」

Mon père ne joue pas au golf lui non plus.
モンペールヌジューパゾーゴルフ、リュイノンプリュ。
「パパも、ゴルフをしないんだ。」

* 動詞を省略して

Qui veut écouter ma chanson ?
キヴーエクゥテ マシャンソン?
「誰かぼくの歌聴きたい?」

Pas moi.
パモワ。
「わたしはやだ。」(= わたしじゃない)

* 不定詞や分詞といっしょに

Lui blessé, son équipe n’aura aucune chance !
リュイブレッセ、ソンネキップナ オーキュヌシャンス。
「彼が故障したんじゃ、彼のチームに勝ち目はない。」
* この表現は古くて、今ではあまりつかわれないそう

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

基本的には、最初にカンタンにいった「わたしは」と「わたし」のちがいだなって、なんとなく覚えておけばいいと思います。

あとはフランス語をつかってれば自然に覚えちゃいます。
上の説明なんか考えなくてもね。

いちおう、「くわしく説明するとこうなるんだなー」ぐらいの感じで見ておいてね♪

例文はぜひ、声に出して読んでほしいな。
声に出すと何倍も、記憶にのこりやすいと思います♪

疑問は解けましたか?
まだ分からないところがあったら、お気軽にご質問ください♪

では、またね!!
A plus !!