Le dimanche de Pâques Nº1

Coucou !

フランスは、昨日の夜中の2時に3時になりました。
ってややこしいけど、2時が飛んで3時になった、つまり夏時間の到来です。

さてさて、今日はパック(イースター:復活祭)の日曜日。

ちょっぴり出遅れちゃったけど、大切な大切なパックについてここで書いたことがなかったので、7年前の師匠からのメールを使ってご紹介します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Aujourd'hui c'est le dimanche de Pâques !!!

Pendant que le Pape prononce sa bénédiction « Urbi et orbi » à Rome, on s'active dans la maison, car on attend du monde, beaucoup de monde.

Table pour les grands

On prépare deux tables : une pour les grands et une pour les petits.

Table pour les petits

Elles sont toutes les deux décorées avec des oeufs, des cocottes, des canards, des lapins... en chocolat. Mais pour l'instant, interdit de manger la décoration !

Pâtes de Pâques

Pour le déjeuner, Maman a prépardé deux énormes pâtés de Pâques, et le traditionnel gigot de mouton, accompagnés des ses haricots (blancs et verts).

Gigot de mouton

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【日本語訳】

今日はパックの日曜日!
法王がローマで「ローマのみなさん、世界のみなさん」と演説しているあいだ、みんな家の中でせっせと準備に励んでる。
なぜなら、たくさんの家族たちが集まるのを待っているから。

ふたつのテーブル・・・ひとつはチビちゃんたちに、ひとつは大人たちに用意する。

ふたつとも、たまごににわとり、カモ、うさぎなんかで飾りつけする・・・チョコレートのね。
でも今のところ、デコレーションを食べちゃうのは、ダメ!

昼食には、ママンがふたつの大きな「パテ・ドゥ・パック」と伝統的なひつじのもも肉・白と緑のインゲン豆添えを作ったよ。

*「パテ・ドゥ・パック」とは、ゆでたまごをひき肉でくるみ、さらにパイ皮で包んでオーブンで焼いたもの(上の写真)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いいなぁ・・・おいしそう! いや・・・楽しそう!
ちなみに、カトリックでは、パックは1年の中でもノエル(クリスマス)の次に大切な行事なんですって!

後半は、パックでの子どもたちについてお伝えします♪