Le Bal des Oiseaux

独自の世界を持つ、Thomas FERSEN のデビュー作。

現在の彼の作品に比べると、かなり作風にばらつきがあって、Jean-Jacques Goldman 風だったり、ポップス寄りだったり、ベタなロックだったり、試行錯誤しているのが見てとれる。

チャンポンな感じでちょっと落ち着かない。歌詞もこの頃はまだ青臭くて洗練されていないけど、その分エネルギーは感じられるかも。

彼の軌跡をたどるのには必聴アルバムだけれども、初めて Thomas という巧みな芸術家の世界をのぞき見る訪問者には、わたしとしてはお勧めできない。

 * Thomas FERSEN

 * Le Bal des Oiseaux
 * Les Ronds de Carotte
 * Le Jour du Poisson
 * Qu4tre