Qu4tre

Thomas FERSEN の音楽を安心して堪能できる、その名の通り彼の4作目。

これまでの4枚の中では、「陰」の部分がいちばん濃く表れているとおもいます。曲調や表現法は変わっても、このアルバムの中で扱われる事象は、ネガティヴなものたちばかり。

でも、ことばにも音色にも、彼の抜け目のないユーモアによって逃げ道が与えられていて、だから絶望ではなくて。

坦々とした小説や映画のように、心のつぶやきを聴いているよう。たとえば、このジャケットの写真のように。

この写真は、Thomas の人間そのものです。ライブを2つほど見たけど、メンバーでさえ目をむくような動きを、突然、素でやってしまうようなイカレたイカした男でした。

歌詞のことばかり書いてしまいましたが、もちろん、ジャンルや時代、民族・伝統を超えた、彼自身ともいえる音楽性がわたしは大好きです。

 * Thomas FERSEN

 * Le Bal des Oiseaux
 * Les Ronds de Carotte
 * Le Jour du Poisson
 * Qu4tre