フランス人とフランス語でやりとり。

Coucou !!

さて今日は、「フランス語で書くこと・フランス語で話すこと。」のつづきです。

前回、フランス語の会話学校に行くのも手だ、と書きました。
でもフランス語学校って、高いですよね!

そんなわけで、わたしがどんなふうに無料でフランス語のトレーニングをしてきたか、お話しします。

まずは MSN メンバーディレクトリで、キーワードを「フランス」「France」で検索しました。
MSN に登録しているメンバーが検索できるサービスです。

それで、ヒットしたメンバーで日本人とメル友になってくれそうな、気さくな感じのひとを探して片っ端からメールを送りつけました。
↓↓↓ の記事が体験談のはじまりです。

今ではインターナショナルなメル友探しのサービスやコミュニティもたくさんありますから、そんな苦労する必要ないかも。

↓↓↓が、そんなサービスやコミュニティのリストです。

* FLALE - Initiation au français et échange linguistique
* マルチリンガルネットワーク
* Mon expérience française et japonaise

(今はもうどれも存在しないので、リンクを消しました。2018年5月18日現在)

こんなサイトでともだちをつくりながら、チャットしたり、電話したり、メールのやりとりをしてました。

これは案外イイかもね。

メールではいくらともだちでも書きことばになるし、チャットや電話では話しことばになるんだから一石二鳥、両方ともそんなに区別なく修得できるんじゃないかしら。

ただ、わたしのネックになっているのは新聞がなかなか読めないこと。

日本の新聞や雑誌でもそうなように、フランス語の新聞なんかでも、タイトルがほとんどの場合名詞と形容詞だらけになってたり、文学的だったりしてなかなかなじめません。
中身を読んでからじゃないと理解できないこともしょっちゅう。

試験なんかでは、タイトルだけを見てカテゴリをえらぶ、なんて問題もあったりして、ちんぶんかんぷん、ほぼ0点!

とりあえず慣れることが大切だとは分かってても、ついつい避けてとおってしまう怠慢なわたし・・・

じゃあ、そんな書きことばにはどうやって慣れればいいの?
つづきはまた明日・・・あさってかな。

フランス語で書くこと・フランス語で話すこと。
話しことばと書きことば。