楽器を演奏する。演じる。

楽器を演奏する、ってとき。

Je joue du piano.
ジュジュゥ デュピャノ。
「わたしはピアノを弾きます。」

というように、動詞 jouer をつかうとき、スポーツやゲームでは前置詞に à をつかいますが、楽器の場合の前置詞は dede + 定冠詞 + 楽器名 となります。

Il joue de la trompette.
イルジュゥ ドゥラトロンペットゥ。
「彼はトランペットを吹きます。」

Nous jouons de la guitare.
ヌゥジュオン ドゥラギタール。
「わたしたちはギターを弾きます。」

Est-ce que vous jouez de l'harmonica ?
エスクヴジュエ ドゥラルモニカ?
「あなたはハーモニカを演奏しますか?」

否定形の場合。

Je ne joue pas du piano.
ジュヌジュゥパ デュピャノ。
「わたしはピアノを弾きません。」

Elle ne joue pas de l' harmonica.
エルヌジュゥパ ドゥラるモニカ。
「彼女はハーモニカを吹きません。」

de + 定冠詞 だから定冠詞はなくなります。

++++++++++++++++++++++++++++++

追記(2016年6月28日)
フランス人3人に訊いたところ、3人ともが

Je ne joue pas de piano.

と答えた de + 定冠詞 の否定形ですが、
この場合の de は直接目的語ではなく前置詞 de + 定冠詞なので、
正しくは上に書き直したとおり

Je ne joue pas du piano.

となるそうです。
メルさん、ご指摘ありがとうございました!

++++++++++++++++++++++++++++++

ついでに、「演じる」についてやってみましょう。
動詞は、同じ jouer をつかいます。

Je joue dans une pièce de théâtre.
ジュジュゥ ダンズュヌピエス ドゥテアトル。
「わたしは芝居のひとつの作品の中で演じる」

Elle joue le rôle de Juliette.
エルジュゥ ルロール ドゥジュリエットゥ。
「彼女はジュリエットの役を演じる」

一般的に「演劇をやる」というときは、動詞 faire をつかって

Je fais du théâtre.
ジュフェ デュテアトル。
「わたしは演劇をやっています。」

「演じる」なんてあまり自分ではつかいませんが、テレビを見て、「あ、あの役をやった俳優だね」なんて会話もよくあります。

覚えといて損はないかも?