IDÉAL と IDIOT

Coucou !!

Raymond QueneauExercices De Style を読んでて・・・

「どんより曇った日本晴れ 生まれたばかりの婆さんが 85、6の孫つれて」
ということばあそびを思いだしちゃった。

そういえば、日本語版 Exercices De Style のレビューに「ラーメンズがすすめてたから読んだけど、あんまり笑えなかった。」ってあったっけ。

ゲラゲラな笑いを期待しちゃダメかも。
原文でも、思わずニヤリッて感じだもの。
ラーメンズが「好きだ」っていうの、わかるなー。

子どもたちにはたしかにウケると思うよ、ナンセンスなことばあそびとか大好きだもんね!

さてさて、最近コムズカシイ話題がつづいてたのでこのへんで、笑えないおバカな失敗談をひとつ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

フランス語人生1年目ころの話。
そう、車でいうならわかばマークがやっと取れて調子にのってる、いちばん危なっかしい時期。

ある日、いつものように Stef といういちばん古いともだちとおしゃべりしてました。

彼のご両親のとっても仲むつまじい様子を聞いて、

「理想的だね!」

とすかさずいったわたし。
われながら(おお、こんなことばよく出てきたじゃん!)(よっしゃー!)なんて1本とったような爽快な気分でした。

ところが、Stef の目は(・_・)になり、イヤ〜な感じの沈黙が・・・

......KiKi, mais qu'est-ce que tu as dit ?
「・・・・・キキ、今なんていった?」

Donc, je t'ai dit que c'est idio... ARGGGGGGGGG !!!
「だから、それはイディオ・・・あ゙ーーーー!!」

Andouille なわたしは、にっこにこしながら C'est idéal !! といったつもりが

C'est IDIOT !!
愚かだね! Stef のご両親」

と口走っていたのでした。

自分のまちがいに気づいたときには遅かった・・・
いっちゃったものはもう口の中にはもどらない。

Pas idiot, pas idiot !!
Tu sais, je voulais dire IDÉAL !!! Vraiment Désolée ! Pas IDIOT !!!

「愚かじゃなくって、ちがうんだよ!!わかるよね?理想的だっていいたかったの、ごめん!!!」
(当時のわたしがこんなふうにうまくいえてたハズはない・・・)

となんども取り繕おうとしたんだけど、ユーモアと皮肉からできてるような切り返しの速い彼も、さすがにその日は1日不機嫌なままでした・・・
当たり前だよね。

それからは決して IDÉALIDIOT をまちがえなくなりました。

みなさんに幸あれ!!!