DONT のつかいかた。

たいへん長らくお待たせしました。
今日は、ずいぶん前にいただいたご質問、dont について。

でも、うまくご説明できるでしょうか・・・
感覚で覚えてるので、わかりにくい説明だったらごめんなさい!

dont とは・・・
de qui, de quoi をあらわすもの。

つまり、qui「誰」、quoi「何」前置詞 de がふくまれたもの。
英語なら whose, of whom, of which にあたるそう。

たとえば、「『きみがぼくに話した女の子』に出会ったよ。」という文章。

それぞれの文章は

Tu m'as parlé d'une fille.
テュマパルレ ドュヌフィーユ
「きみはぼくにひとりの女の子のことを話した。」

J'ai rencontré cette fille.
ジェランコントレ セットゥフィーユ
「ぼくはその(きみが話した)女の子に出会った。」

このふたつの文を関係代名詞 dont でつなげてあげるのです。
最初の文の d'une fillede qui にあたります。

J'ai rencontré la fille dont tu m'as parlé.
ジェランコントレ ラフィーユ ドンテュマパルレ
「『きみがぼくに話した女の子』に出会ったよ。」

うわぁ・・・説明がムズカシイ。

フランス語では、動物などには qui はつかえず quoi をつかいます。

Regarde, c'est lui le chien dont tous les voisins se plaignent.
ルガルドゥ、セリュイルスィャン ドントゥーレヴォワザンスプレーニュ
「見て、あれが『近所のみんなが文句をいっている犬』だよ。」

これは de quoi にあたります。

つまり、『近所のみんながあの犬について文句をいっている』
Tous les voisins se plaignent de ce chien.

de ce chien = dont

わかるかなぁ、この説明で・・・とっても不安。
いちおう de quoi にあたる dont をつかって、ほかの例文を。

Mélanie m'a montré le dessin dont elle est très fière.
メラニーマモントレルデッサン ドンテレトレフィエール
「メラニーが『彼女が自慢に思っている絵』をわたしに見せた。」

ここでは『彼女がその絵を自慢に思っている』
Elle est très fière de ce dessin.

de ce dessin = dont

で、これを主語にして名詞や形容詞、動詞とコンボでつかってみると・・・ちょっと複雑な表現もできちゃいます。
(コツをつかんじゃえばけっこう便利なのです♪)

La fille dont tu m'as(avais) parlé viendra demain.
ラフィーユ ドンテュマパルレ ヴィャンドゥラドゥマン
きみがぼくに話した女の子は、明日くるだろう。

Le chien dont tous les voisins se plaignent m'a mordu les fesses.
ルスィャン ドントゥーレヴォワザンスプレーニュ マモルデュレフェス!
近所のみんなが文句をいっている犬がぼくのおしりに噛みついたよ!

Le dessin dont Mélanie est très fière, est vraiment magnifique.
ルデッサン ドンメラニーエトレフィエール、エヴレマンマニフィック
メラニーが自慢に思っている絵はほんとうに素晴らしかった。

どうですか?
まだよくわかんない・・・ってかたは、ご質問ください。

つかいながら、ゆっくり覚えましょう♪