愛を語ろう。その4

今日で最終回の「愛を語ろう。」
ということで、ちょっと(かなり)ディープな表現までやっちゃいましょう。

注意書きがないかぎり、男性も女性もつかえる表現です。

Je t'aime plus que tout.

「なによりもきみを愛してる。」
(直訳:全てのものよりきみを愛している)

Je pense à toi très fort.

「きみのことを強く思っているよ。」

Tu me manques.

「あなたがいなくてさびしいの。」(= I miss you.)
(直訳:きみはわたしに欠如している)

Je voudrais être à côté de toi.

「あなたのそばにいたい。」

Je suis si bien avec toi.

「きみといるとこんなに心地いいんだ。」

Je suis heureux avec toi.

「きみといると幸せだよ。」(男性がいう場合)

Je suis heureuse avec toi.

「あなたといると幸せだわ。」(女性がいう場合)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さてさて、プロポーズはどうするの?

Veux-tu m'epouser ?

「ぼくと結婚してくれる?」

ちなみに Je veux t'epouser.「きみと結婚したい」というのは、プロポーズでは避けたほうがいいんだそう。

ひとにもよるのでしょうが、相手の意見を聞く余地のないよういいきっちゃってるから、強制しているようでだめなのだそう。

ちなみのちなみに、フランスでもプロポーズするのは男性からなんだって。

「結婚する」は se marier avec qn と表現します。

Je vais me marier avec Nicolas.

「ニコラと結婚します。」

もう結婚したならば。

Je me suis marié avec Camille.

「カミーユと結婚しました。」

話し手が女性の場合は mariée をつけて、

Je me suis mariée avec Olivier.

「オリヴィエと結婚しました。」

となります。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さてさて、次はキスのおはなし。

Je t'embrasse.

「あなたにキスするわ。」

Je t'embrasse très fort.

「きみにせいいっぱいキスするよ。」

* t' : te「きみに」
* embrasse : embrasser 一・単・直・現
   (愛情表現・あいさつとして)〜にキスする
* très : とても
* fort : 強く


* s'embrasser : 互いキスする、キスを交わす

恋人と面と向かっていう場合には、実際に「抱きしめる」「キスをする」って意味になります。

でも、おともだちや知り合いとのメール、電話などでは、恋愛ではなく親愛をこめて「きみを抱きしめるよ・思ってるよ」ってニュアンスになります。ハグみたいなものかな?

たとえば、辞書にこうあります。

Je vous embrasse cordialement.
「あなたにこころからの口づけを送ります」(手紙の結句)

キスして!っていうのは

Embrasse-moi !

もちろん、恋人に対して、ね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次は、抱きしめる、愛撫する、なんて表現。

Je voudrais te serrer dans mes bras.

「きみを抱きしめたい。」

Serre-moi dans tes bras.

「わたしを抱きしめて。」

serrer だけだと「絞める」なんて意味になっちゃいます。
dans ses bras をつけてやっと、抱きしめるって意味になるので気をつけて!

faire des câlins で「愛撫する・やさしくなでる」、se faire des câlins で「愛撫しあう」になります。

これはセクシャルな意味よりちょっぴりかわいらしい感じ。
甘えん坊ちゃんのことを、câlin(e) なんていいます。

caresser は「愛撫する」でも、もっとセクシャルな感じ。
se caresser になると「愛撫しあう」のほかに、「自分で〜を愛撫する」なんてなっちゃうから要注意。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最後に、メイクラヴ。
faire l'amour フェールラムール といいます。

faire は「つくる・する」、l'amour は「愛」ですから、そのまんまですね。

Je suis tout à toi.

「ぼくのすべてはきみのもの。」(直訳)

Je suis tout(e) pour toi.

「わたしのすべてはあなたのため。」(直訳)

これらの表現は、tout(e)「すべて」がついているので、「あなたにわたしのすべてを捧げる」って感じになり、「抱いて!」のような意味になっちゃいます。

ちなみに、tout(e) をつけない Je suis à toi. では、
「きみのために手が空いてるよ、手伝うよ」
「きみの話をきくよ、相談にのるよ」
などのニュアンスでともだちや仕事場でもつかえます。

最後に。

J'ai envie de toi.

「きみが欲しい。」

さあ、充分愛のことばを堪能したところで、今日はおやすみなさ〜い♪

マシェリ・モナムール。
ボクのかわいいノミちゃん。

愛を語ろう。その1
愛を語ろう。その2
愛を語ろう。その3