今日のひとこと Nº24「行こ!」

「行こう!」という表現は、会話集の中では

Allons-y !
アロンズィー!

On y va !
オニヴァ!

と説明されていることが多いと思います。

でも実際には Allons-y ! は、文法的にはまったくもって正しいのだけれど、nous は、話しことばとしてはあらたまりすぎなんだって。

確かに、フランスで Allons-y ! はあまり耳にしたことないです。
On を主語にした On y va ! のほうは、よく使われます。
Bon Français を推奨するひとたちには on の乱用だ、とお怒りを頂きそうですが。

でも、実際に会話の中ではみんながつかってて、会話がスムーズで楽しいものになるんだったらしょうがないじゃない、と思う。ことばは生きているのだから、変化していくのが当たり前だと思うし。

ごめんなさい、前置きが長すぎました♪

では、みんなどういってるのかというと・・・。

En avant !

En route !
オンルゥトゥ!

En voiture Simone !
オンヴォワテュール シモーヌ!

C'est parti !

C'est parti mon kiki !
セパルティ モンキキ!

En avant ! / En route ! のほうは、自分たちが出発する場合にだけつかいます。

もともと、En avant ! は軍などの「突撃!」という合図だそう。
このことからも、仲間内ではふざけて、On y va ! よりもこれをつかうことが多んだって。
確かに、こればっかり耳にしてました。

C'est parti のほうは、例えばレースが始まるときに「始まった!」という意味で自分以外のなにかにもいえるらしい。

それから、パーティなどで集まった仲間がそれぞれ帰っていくときや、週末に集まった家族が帰っていくときなど、

C'est parti !
「さあ行くよ!」

Michel, c'est parti. On y va !
「さあ出発だ。行こう、ミシェル!」

という感じに自分にも相手にもつかえるそう。

やっぱり、教科書どおりじゃなくて、みんなが普段話しているフランス語を理解でき、自然に話せたほうが、コミュニケーションも楽しくなるんじゃないかな、と思います。
みなさんは、どう思いますか?

じゃ、また明日!
À demain !