「するしかない。」と「するだけでよい。」

Re-coucou !!

昨年8月のエントリ 基本的な否定表現。その2 の中で、わたしの日本語訳がまちがっていた部分があります。

On n'a qu'à le faire.
「もうそれをやるしかない。」

これは、正確にはそれさえすればよい。です。

読者のかたにご指摘いただいてやっと分かりました。
これで覚えちゃったかたたち、本当に申し訳ありません!!

またまた信用なくしちゃうなぁ・・・。

重要な表現なので、ここで訂正・もう1度おさらいしたいと思います。
それから、表現をタイトにできる à + 不定詞 について。

On n'a qu'à le faire.

「それさえすればよい。」(直訳:それしかする(べき)ことはない。)

文脈にもよりますが・・・
これをフランス語でいいかえるなら

Il suffit de le faire.
イルスュフィドゥルフェール。
「それをすれば十分だ。」

「ほかに選択肢がない」という意味の「もうそれをやるしかない。」といいたければ

On n'a plus qu'à le faire.
オンナプリュカルフェール。
「もうそれをやるしかない。」

plus をいれてあげなくっちゃいけません。

ne ... que ... で「・・・しか・・・ない。」
ne ... plus で「もう・・・ない。」

これをコンボにして

ne ... plus que ... で「もう・・・しか・・・ない。」

となるのですね。
この plus ひとつでこんなにも意味が変わっちゃうのね。

à faire は「すること」「すべきこと」なんていう意味。
「やることがいっぱいあるんだ!」なんていいたければ

J'ai beaucoup à faire.
ジェボクゥパフェール。

だけで十分。

beaucoup de choses à faire

と長々といわなくても通じます。

そのほかにも、quelque chose à + 不定詞 といわなくても quelque chose を省略して

Je vais chercher à manger.
ジュヴェシェルシェ アマンジェ。
「(なにか)食べるものをとって(買って)くるよ。」

Il n'y a pas à dire.
イルニャパザディール。
「いうことはない。」(= 申し分ない、文句のつけようがない)

と、à + 不定詞 で「・・・するなにか」をあらわせます。

ついでに、à faire に関して、つかえる表現をいくつか。

Rien à faire.
リャンナフェール。
「できることはなにもない。」(= もうお手上げ!)

Je n'en ai rien à faire.
ジュナンネリャンナフェール。
「それに関してわたしのすることはない。」
(= Je m'en fous. 「かまうもんか。」)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ということで、もういちど、ここでゴメンナサイ!!
Je suis vraiment désolée... encore une fois !!

みなさんも、わたしのまちがいに気づいたら、ぜひぜひご指摘・ご指導のほどよろしくお願いします!!

こんな基本をまちがえてるようで、ブログでレッスンなんかつづけていいのかしら・・・
ちょっと出直してこようかな、とか真剣に考える今日この頃なのでした。

基本的な否定表現。その1
基本的な否定表現。その2
基本的な否定表現。その3