Bonjour.
Vous allez bien ?


先ほどは、恐怖心ばかりを煽る記事を書いてしまった気がします。

それが目の前にある現実なんですけれども、
そんなときだからこそ、あちこちで目にするようになったことばがあります。


  Fluctuat nec mergitur


これはラテン語の表現らしく、日本語では

  「たゆたえども、沈まず」

と訳されていますね。

(読みがなふりたいんですけど、師匠によれば
 「ラテン語なんて誰も聞いたことないからどう読むのか分からないんだ」そう。)


以前、フランスに関する本の中で読んだことがあったけれど
自分がこんな事態にさらされるまで、なるほど、ぐらいにしか思いませんでした。

でも今は「どういうことか」身に沁みて分かります。


ここに来て Facebook などのタイムラインでも盛んに流れているこのことば、
TIPA のフランス日記」のスタッフ、Erico ちゃんが
彼らのファンページで詳しく説明していたので、引用させていただきます。


Fluctuat nec mergitur
フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル

この言葉、
13日のテロ直後にリピュブリック広場に描かれたグラフィティの映像で
目にされた方も多いのではないでしょうか?

ラテン語で書かれたこの言葉をフランス語に訳すと
Il est battu par les flots, mais ne sombre pas
日本語には次のように訳されています。
「たゆたえども、沈まず」

「波に翻弄されても、沈まない」という意味で
現代のパリの標語として、
パリの紋章(le blason de Paris)にも表示されています。

紋章はこちら→ https://fr.wikipedia.org/wiki/Blason_de_Paris

もともとは、昔のパリ
港町としてセーヌと共に歴史を発展させてきたパリに存在した、
水運業組合のシンボルでした。

「いつの時代も、どんな逆境に遭っても、パリは不滅だ」
という意味が込められていたのでしょう。

最近のテロの後には、このパリの標語は、
テロに屈しないパリを表現する象徴的な標語として、
様々な場所で引用されています。

個人的には、
1人の人が人生の逆境にある時に
励まされる言葉でもあるな、と思い
みなさんにシェアさせていただきたいなと思いました。

寒いので、暖かくしてお過ごしください。

スタッフより^^


TIPA のアントワヌが、パリ20区の電光掲示板を撮影した写真にも
このことばが書かれていました。

パリジャンたちへのひと筋の、でも太く確かな光。


しなやかに強く生きていくおまじないのことばとして
心に刻んでおこうと思います。

Erico ちゃん、ありがと。


Fluctuat nec mergitur sur Wikipedia

Bonjour.
Comment allez-vous ?


今月はいろいろありすぎて、体力的にも精神的にも下降線ですが、
そうもいってられないのが現実で。


わたしと友人がオーガナイズする展示会のギャラリーに赴くため、今夜通った République 周辺では、

  Boulevard Magenta の路肩に Gendarme の護送車 Fourgons が10台以上並び、
  あちこちに塊になった armées が武器を持って辺りを見回している・・・

という、物々しい雰囲気でした。


メトロの8番線も、怪しい小包が発見されたとかで、
メトロの通路やホーム、車内で何度もアナウンスが流れ
朝から上下方向止まっておりました。


こちらのテレビでは、2週間経つ今でも、
緊迫したニュースや débat が繰り広げられています。


しかも、KAMIKAZE(カミカーズ)が
「自爆テロ攻撃」の代名詞どころか呼び名となってしまい、
1時間のニュースで何度も発音される。論議の場で何度も叫ばれる。


最初はそれを耳にするたび憤慨し、とても悲しくなっていたんだけど

わたしにとって日本のカミカゼは
「自らの命を犠牲にした殺し合い」でも

日本以外の国では
「自らの命を武器にした殺し合い」

区別はないのかな、と思いました。


・・・

(それでもやっぱり腑に落ちない。)


今回の l'attentat はとてつもなく衝撃でした。
ふだんパリで生活していれば、一般市民には避けられようもない場所が
ことごとく標的として選ばれていたからです。


連続テロの犠牲者を出した Le Stade de France
小劇場 Le Bataclan も、師匠といっしょに訪れたことのある場所でした。

同スタジアムには3年前の10月12日金曜日にサッカー日仏代表の親善試合を観に行っていたし、
(今回も金曜の夜で、ドイツ代表との親善試合の真っ最中でした)
バタクラン劇場には、ここでも何度もご紹介している
大好きな Tomas FERSEN のコンサートを観に行きました。


カンボジアレストラン Le Petit Cambodge に至っては
わたしがちょうど今主宰している展示会の帰りにときどき寄っていた
親店 Le Cambodge の系列店で、歩いて1〜2分の距離にあります。
Le Cambodge はおばさんの作る料理がとても美味しいので
気に入って、機会があれば師匠やともだちと通っていた店でした。
いつ行っても若いパリジャンやパリジェンヌたちでぎゅうぎゅう詰めでした。

あの道 Rue Alibert の角を曲がった Rue Bichat には
わたしがパリに来て初めて作品を置いてもらった
セレクトショップ Objet Céleste が曲がったすぐのところにあり、
今でも近くを通ればときどき顔を出していました。


撃たれたのがなぜわたしじゃなかったのか・・・と考えてしまうほど、
いつ誰が銃撃に倒れてもおかしくない場所ばかりなのです。


そういうところをことごとく狙った今回の卑劣極まりない凶行は、
まさに多くのパリジャンやパリジェンヌ、フランス国民を
不安と恐怖の渦に陥れるには恰好で、周到に綿密に計画されたもの。
本当に強い憤りを感じます。

だからって、「目には目を」以上の形で空爆によって報復している Hollande さん。
わたしは全然納得いきませんが。


今では遠く離れてしまった日本の情勢にも疎く、
一生身を置くであろうフランスでも、移民のわたしは蚊帳の外。
わたしは一体、何を見て何を感じ、何をしてきたのだろうか?
そして今、なにをすべきなのか?

思うところはいろいろあるけれど、
ここでは控えさせていただきます。


犠牲になられた方々、ご家族に、周りの人々に
心から 心から 心から 哀悼の意を表します。


もう止めなくちゃいけない。
憎み合い、殺し合いを。

もう消えてしまった命のためにも、
今まだある命のためにも、
これから芽生える命のためにも。

こんなわたしのキレイ事が、当たり前の現実になる世の中を祈って。


KiKi

Coucou !
Comment allez-vous ?

今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第五弾♪

わたしのへっぽこフランス語は聞き飛ばして、
ネイティヴのふたりの美しい発音をお聞きください。


本日の質問:

冒頭で述べたように、TIPA のおふたりは音楽活動もしているよね?
今後の展開について、音楽とフランス語の両面から教えてもらえる?



KiKi : Comme je l'ai dit lorsque je vous ai présentés, Camille et Antoine, vous êtes musiciens, n'est-ce pas ?


Camille : Oui, tout à fait Kiki. Moi je suis pianiste classique, à la base. J'ai fait beaucoup beaucoup de piano au Conservatoire. Et j'ai créé le duo TIPA en tant que chanteuse et compositrice. Et j'ai aussi d'autres projets jazz que je mène en tant que compositrice et chanteuse également.

Antoine : Oui moi aussi je suis musicien, pratiquement autodidacte. Et donc guitariste dans le duo TIPA, et je suis aussi réalisateur de documentaires. Ce qui explique en partie le fait que je puisse réaliser donc les vidéos de TIPA no furansu nikki.


KiKi : Et dites-moi, quels sont vos projets musicaux et linguistiques à l'avenir ?


Camille : Alors, notre objectif, tout d'abord, c'est : développer les activités de TIPA au Japon, en France et dans d'autres pays.

Antoine : Et bien évidemment, les activités de TIPA no furansu nikki au Japon, avec le soutien de nos abonnés.


KiKi : Merci à vous deux d'avoir participé à cet interview. Je vous dis à très bientôt, au revoir !


Camille : Au revoir KiKi.

Antoine : Au revoir KiKi.

Camille : Au revoir à tous et à très bientôt !

Antoine : A très bientôt.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?
  * TIPA Interview n°5 ・・・ TIPA の今後の展開について


TIPA のフランス日記」を見てみる?
理想的なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Vous allez bien ?

今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第五弾♪

わたしの棒読みフランス語は聞き飛ばして、
ネイティヴのふたりの美しい発音と外国語学習についての見解をお聞きください。


本日のテーマ:TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?



KiKi : On a décidé de faire un partenariat, vous et moi, parce qu'on a pas mal de points communs, n'est-ce pas ?

Antoine : Oui, c'est vrai. Dans ta démarche d'apprentissage du français, Kiki, tu partages avec nous ce même désir d'être le plus prêt possible du français. Et pas de français livresque, mais du français réel, celui qui est utilisé dans la vie de tous les jours.


KiKi : Et comment vous trouvez mon blog "Gakko ikazuni France go" ?

Camille : Je trouve très intéressant que tu aies partagé avec tout le monde ton apprentissage de la langue. C'est un petit peu comme un cahier d'étude commun. Et j'aime particulièrement la section « Parlons français », avec les players audibles.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?


TIPA のフランス日記」を見てみる?
待ってました!なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Comment allez-vous ?

今日は、「TIPA のフランス日記」 の CamilleAntoine へのインタビュー第四弾♪

わたしの拙いフランス語は聞き飛ばして、
ネイティヴのふたりの美しい発音と外国語学習についての見解をお聞きください。


本日のテーマ:「TIPA のフランス日記」が目指すフランス語学習とは?



KiKi : Moi, personnellement, lorsque j'apprends une langue étrangère, mon objectif c'est de le faire le plus naturellement possible, un peu comme les enfants : en écoutant, en répétant, et en se familiarisant progressivement avec la musique de la langue.


Camille : C'est tout à fait ça, tu as raison KiKi, il faut absolument écouter la langue le plus souvent possible, même si au départ on ne comprend pas grand-chose. Et il faut absolument intérioriser la musique de la langue. Ecouter et répéter.

Antoine : Oui, c'est fondamental. Mais en même temps, il faut quand même aussi faire un effort et un exercice de mémoire, et acquérir toutes les bases lexicales, syntaxiques et autres de la langue. Ça aussi c'est quand même très important.


KiKi : Et dites-moi, quels conseils donneriez-vous aux Japonais qui apprennent le français ?


Camille : Alors, déjà, une première règle d'or pour tout accélérer : se faire des amis français le plus vite possible.

Antoine : Ouais, c'est vrai. Et puis ensuite, il n'y a pas de secret : persévérance, courage et passion.


  * TIPA Interview - Prologue
  * TIPA Interview n°1 ・・・ 「TIPA のフランス日記」の誕生について。
  * TIPA Interview n°2 ・・・ 外国語を学ぶということ。
  * TIPA Interview n°3 ・・・ TIPA が目指すフランス語学習とは?
  * TIPA Interview n°4 ・・・ TIPA から見た「学校行かずにフランス語!」とは?


TIPA のフランス日記」を見てみる?
理想的なフランス語教材、1ヵ月間の無料体験はこちらから。

Coucou !
Vous allez bien ?


今日は、All About フランス語 のガイドもつとめるフランス語教師の越智三起子さんから
フランスまで送っていただいた、彼女の著書をご紹介します。


CD2枚付 ちょこっとわがままフランス語


2013年に受け取っていたのに、わたし、ここでご紹介するの
うっかりすっかり忘れていて・・・。

書類の山から見つけ出し、読みながら付属の2枚組 CD を聴いてみました。


わたしは今まで「フランス語の学習本」というものにはひと通り目を通していますが、
こういった一般的なフランス語会話本は入門的なものが多く、
初心者を脱した人にはちょっと退屈なものしかなかったように思います。

でもこの本は、タイトルの通り、
ちょこっと自分の希望を言えて、ちょこっと自分の意思を伝えられることに焦点を当てた
とても役立つ面白い本だと思います。


というのも、よく使われる「決まり文句」や「ボキャブラリー」に
いくつかのヴァリエーションが揃えられているのです。

例えば、頻繁に、そして絶対使う S'il vous plaît などは、
いろいろな場面での実用的なフレーズと一緒に繰り返されます。

パン屋さんの場面ならパンのさまざまな種類が、
カフェでのシーンならいろいろな飲み物が、一緒に紹介され、
CD にも収録されているので、通して聴けば聞き取りや発音を
とても効率よく覚えられる設計。


ひとつの章は

  * 旅行で実際に出会う場面のスキット
  * Parlez ! と呼ばれる発音・発話の練習
  * 重要フレーズや応用フレーズの紹介
  * その場面で使われそうな語彙のリスト
  * Ecoutez ! という聞き取りの問題
  * Ecrivez ! という書き取りの問題
  * Lisez ! という綴りやフレーズなどを読む練習
  * フランスの豆知識コラム

などで校正されており、ボリュームも満点!


でもこの本は、『中級向け』となっているし、文字が小さく文章が多めなので、
アルファベやボンジュールを始めたばかりの初心者さんにはちょっと難しいかも。
簡単すぎる会話本にげんなりしている人にはぜひ読んでほしいと思います。

ただ、せっかく意思や希望を伝えられたのに、
今度はそれに対するフランス語の答えが聞き取れない、理解できない、ついてけない、
となるととても残念なので、自分でもいろいろ予習をしていきたいですね。


最後に、著者のひとりである越智三起子さんから直接届いたコメントです。


「ちょこっとわがままフランス語」は、教師ですら
「これって、適当に作文して言ってたけど実際のところどうなの?」
という箇所をフランス人講師と徹底的につついて作ったもので、
ボキャブラリーは一般の辞書に載っていないものを含めて掲載し、
そのまま旅先に持っていってもらえれば、辞書代わりに使える設定です。

基本コンセプトは会話本ではなく、学習本なので、
文法事項(必要なものを割り振っています)も入っていますが、
読解の資料もすべてホンモノ。練習問題が結構重要です。

例えば、カルネの購入画面なども
一度問題演習をやると実際に購入できるようになっていて、
頑張って勉強すると得する!という仕掛けになっています。


4384057024CD2枚付 ちょこっとわがままフランス語
越智 三起子 ロール ドゥ クレピー 安積 みづの
三修社 2013-11-05

Coucou !
Comment allez-vous ?


最近、わたしがよく注意される単語の使い方があります。

コーヒーブレイクやおしゃべりのあと、
「さて、仕事を再開するぞ!」というときについ言ってしまう


  Bon, je vais recommencer le boulot !
  ボン,ジュヴェるコまんセ ルブゥロ!


ということば。
青い部分の動詞はほかの単語を使ったほうがよいそう。

正しく伝えたいなら


  Bon, je vais reprendre le boulot !
  ボン,ジュヴェるプらんドる ルブゥロ!


というべきなんだって。
でないと、「せっかくやったのに、またイチから始めるの?」と言われてしまうのです。


わたし、今までずっと recommencer を使ってたんだよね。
なぜ、師匠は今まで注意してくれなかったんだろう?

まあ、ふたりの間では言いたいことは通じるし、スルーしてたのかな?


とはいっても、仏和辞書の recommencer の欄には「再開する」と書かれており、


  Ils recommencent la discussion.
  イルるコまんス ラディスキュッション.
  「彼らはまた議論を始める」

  recommencent à travailler.
  るコまんセ アトらヴァイエ
  「仕事をまた始める」

なんて例文も載っています。


これを見せて師匠に尋ねたら、
Ça peut se dire, mais... (そうは言えるけど、でも・・・)
とことばに詰まってしまいました。

まちがってはいないそうなのですが、
この recommencer は「もう一度やり直す」という印象が強く、
うまくないのだそうです。

その微妙なちがいについては師匠も説明できないと言うこと。
なので、明らかに「つづきから始める」再開の場合には


  Je vais reprendre le boulot.
  ジュヴェるプらんドる ルブゥロ.

  Je vais continuer à travailler.
  ジュヴェコンティニュエ アトらヴァイエ.


と、reprendre「再び始める」「再び続ける」や
continuer「続行する」「継続する」などを使ったほうが無難なようです。


それではまたね。
A bientôt !

Coucou !
Comment ça va ?

Moi, j'ai pas du tout du tout dormi cette nuit...


というのも、新しいプロジェクトを用意していて。


iBooks「学校行かずにフランス語!」カバー


電子書籍を制作中、その名も「学校行かずにフランス語!」。


赤ちゃんのように五感で覚えるフランス語学習ブログ
「学校行かずにフランス語!」から、選りすぐりの記事を校正してお届けします。

エッセイあり、使えるフレーズあり、
語源などの雑学あり、ときどき書き下ろしあり(の予定)。


プロローグは書き上がり、あとは iTunes Connect の手続きを終わらせたら、販売開始です。
面白い本にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆

フランス語を始めたいきさつ、フランス語を独学でつづけるための作戦、
フランス旅行や短期滞在中に体験したこと、
現在フランスのパリ郊外に住み経験していることを書いたエントリのインデックスだよ。

(エントリーは古い順にならんでいます)


MON EXPÉRIENCE EN 2002 ・・・ KiKi の体験 2002年

 * 実践あるのみ。
 * フランス語会話学校。
 * フランス語漬け。
 * ネットでフランス人探し。
 * 文通相手ゲット!
 * 海外メル友探し、成果アリ。
 * 失敗メール。
 * お怒りメールが届きました。。。
 * 七転八倒。
 * Je te laisse...
 * わたし、うっちゃられるの?
 * あーもうびっくりした!
 * メッセでお勉強。
 * 五感をとおして。
 * 生きたフランス語を。

 * 音声チャット。
 * U の発音。
 * サーモン抜きのサーモン・サラダ。
 * お買いもの禁止令。
 * 勉強のお勉強。
 * 彼女は船に乗っている。

 * 10月、フランスに行ってきます。
 * パリの STUDIO
 * Me revoilà !
 * Montmartre
 * 忘れられない夜。
 * フランス流あさごはん。
 * サクレ=クール寺院。
 * CM撮影?


MON EXPÉRIENCE EN 2003 ・・・ KiKi の体験 2003年

 * パリが恋しい。
 * フランス流にらめっこ。
 * ヤクルトおばさん。
 * 魚のグリル盛り合わせ。
 * ハンカチで鼻を・・・
 * IP 電話。
 * フランスのトイレ事情。
 * 小さな泥棒。
 * お財布がない!
 * お財布グセ。
 * 紛失届け。
 * お財布の行方。
 * フランスのパンと乳製品。
 * ミルク・ジャムのレシピ。
 * お買いものも、骨が折れる。
 * フランスのお風呂。

 * 日本と自転車をこよなく愛すフランス人、Jean-Louis。


MON EXPÉRIENCE EN 2004 ・・・ KiKi の体験 2004年

 * フランス語で悪口。
 * 現実逃避。
 * フランス語で悪口、その2。


MON EXPÉRIENCE EN 2006 ・・・ KiKi の体験 2006年

 * IDÉALIDIOT


MON EXPÉRIENCE EN 2007 ・・・ KiKi の体験 2007年

 * ネイティヴを恋人にすると外国語が上達する?


MON EXPÉRIENCE EN 2008 ・・・ KiKi の体験 2008年

 * 真のバイリンガルってなんだろう?


MON EXPÉRIENCE EN 2011 ・・・ KiKi の体験 2011年

 * 「学校行かずにフランス語!」ということ。
 * フランスとフランス語とわたし


MON EXPÉRIENCE EN 2013 ・・・ KiKi の体験 2013年

 * フランスに住めば、フランス語が上達する?


MON EXPÉRIENCE EN 2015 ・・・ KiKi の体験 2013年

 * フランス語で日本独自の表現を楽しもう。

Coucou !
Comment allez-vous ?


こんにちは、KiKi でーす。
まずはお知らせ。

先ほど、PODCAST の新しいエピソードを配信しました♪


今日のひとこと Nº139「完ペキ!」
【PODCAST 学校行かずにフランス語!】

ネイティヴ Antoine と日本人 KiKi のフランス語サバイバル会話
今日のひとこと Nº139「完ペキ!」解説付きの配信です♪


PODCAST COVER


お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、PODCAST のカバーを変えました。

なんと前回までのカバーは、2005年に作ったものなんですねぇ。
写真のわたしたちは10歳も若いし、そんなのをいつまでもお見せするのも気が引けて・・・。


明日は、今日のひとこと Nº139「完ペキ!」の、ダイアログのみのものを配信します。
お楽しみに☆


さてさて。

ひと通りのフランス語表現を覚えて、自分の表現力がついてきたなぁ、と感じるあなた。
会話できるフランス人のともだち(またはパートナー)がいるあなた。
フランス人となかなか会話が弾まないあなた。

今日はそんな方たちへ、フランス語を楽しむちょっとしたコツ
une astuce ユヌプティタステュス をお話ししようかな。
といっても、もう実践してる方もいると思いますので、そんなひとは読み流してね♪


↓↓↓ からどうぞ♪

Auteur

KiKi

KiKi MAILLET

フランスとフランス語が好きすぎて
フランス人師匠と結婚の末
パリ近郊クルブヴォワ市に移住。

7年暮らしても慣れないフランス生活と
上手にならないフランス語に四苦八苦中。

PARTENAIRE

TIPAのフランス日記

今までなかった
パリ発フランス語学習ビデオ!
無料体験をぜひお試しください!

Quelle heure est-il ?

PARIS


TOKYO

Bienvenue !!!



今日もあそびにきてくれて
ドウモアリガトウ♪

人気ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


フランスdeリンク
ジモモ パリ

↑↑↑
みなさまの応援クリックが
ブログをつづける励みになります♪



Check

このブログをはてなブックマークに追加



↑↑↑ Google 版「イイネ!」です
ポチッとしてもらえるとうれしいな♪

Réseaux Sociaux



S'abonner au flux

モバイル用QRコード
  • ATOM 1.0
  • RSS 2.0

Répertoire

えらんだ INDEX にジャンプするよ

Podcast

Poscast 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語!

PODCAST 学校行かずにフランス語! PODCAST RSS2.0

iTunes Store にジャンプ ♪

Ça me plaît !















Mes favoris